五十嵐あぐり シノハユ 9巻 感想



シノハユ9巻です。

島根大会決勝行きを決めた湯町中。

いざ決勝へ。

先鋒はシノ。件の菰沢中からは柚葉

頭にゴーグルを巻いてる子。今回の表紙の子です。

千尋となにやら仲よさげな感じ。

他の面子は比礼振中、姫原中。

見た目的には完全にモブな感じ…


試合が始まって順調に局を進めていきますが、

どこかが突出して活躍するという感じではなく、

各々が和了っていく感じです。

なんだか普通の麻雀ですね。

完全に感覚が麻痺してますね…

シノはいつもなら前半はギア上がらずですが、

今回は前半から羽根が生えてます。

とはいえ、さすが菰沢の柚葉がトップをキープ。

今回のシノは勝ちにこだわっているものの、

一歩引いてみれるほど落ち着いています。


「鳥瞰」


柚葉がトップを維持しつつ差を広げていく中、

後半戦。

シノが一索を絡めて和了っていきます。

鳥を絡めた古役。果てはローカル役。

終わってみればシノの勝利。

鷹乃学習。この話のタイトルも素晴らしい。

今までは片鱗しか見えなかったシノの才能が開花する対局でした。


次鋒は閑無。あっという間に終盤。

次鋒は飛ばされる…げふんげふん…

閑無が突き放し名誉挽回となるかと思いきや、ポーカーフェイスの菰沢永見に直撃。

リー棒分まくられてしまうという結果に。

閑無にいいところは来るんでしょうか…


中堅は杏果。周りは3年ばかり。

刻子で伸びる杏果と、対するは対子で伸びる菰沢楫野

応用で劣る分劣勢を強いられる。

杏果「今はかなわないや………」

この一言、まだ心が折れていないことがわかるのがいいですよね。


副将はやりん

現在の状態で、菰沢がリーチ。この副将で菰沢に一位をとられるとその時点で試合は終了。

序盤ははやりがリードするも、まさかの比礼振中の自摸四暗刻。

そして、振り込み、最下位に転落。

しかし、さすが未来のプロ。これでも心折れず。

湯町のために、自分は3位に甘んじても菰沢の一位は阻止する。

菰沢以外の面子も同様であるため、実質1対3の構図へと。

さすがに直撃は望めない状況で、自摸和了りでの撃ち落としを狙う。

さすが未来のプロ、持ってるものがあるんですかね、自摸によって一位を阻止することに成功。


とはいえ、残るは大将戦。椋千尋…!


というところで次巻。




あれ?シノハユですよね…?

感想ならぬ箇条書きで書く意味あったのかっていうのもあったんですが、

ぜひ読んでみてとしてか。へたくそか。

今巻は闘牌が全部でしたね。

今までのシノハユなら必ず日常が入ってたんですが、意外です。

モラトリアムは終わりということでしょうか。

といっても、大会だからだとは思うのでまた大会終わったらいつものが見れそうですね。


この巻で未来のシノはやりがの姿が見えてきましたね。

どんどん話がつながっていて次巻も楽しみですね。


ではでは(:3ノシ )ヘ





スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。