めきめき 怜-Toki- 2巻 感想



も2巻です。回を追う毎にとても小学生には思えなくなってきます。(主に体つき)


前回のあらすじ。

「あんたとはもうやってられへん!ほなさいなら。」

ようやくするとこんな感じです。


と、思いきや。今までのなんちゃって友達じゃなくこれからは

普通に友達になってほしいという言い分でした。

ところがどっこい竜華側はすんなり友達解消を受け入れてそれっきり。

何か裏がある感じですね。


しんちゃん曰く誰とも本心での付き合いはしてこなかった竜華

その中では明らかに他とは違ったようですね。

だからこそ竜華の傍にいてほしいとの背中を押します。

ひゅー男らしいですね。


その後押しもあり、竜華の祖母の家に赴き、竜華に自信の本心を打ち明けます。

単純に友達がどうとかではなく、竜華のことを知りたいと。

そのために交換日記をしようと。

単純な欲求こそ突き詰めると一番胸に来ますからね。

それにすぐ行き着くのは小学生ならではですかね。

そんなわけで二人のギスギスも解けて、

お互いに一歩踏み出したのでした。

めでたしめでたし…


まぁ終わらないですけどね( ´_ゝ‘)



仲が戻ったということで、そういえば麻雀部からお誘いが来てたことを思い出します。

以前出てきたいかにも今後も関わりそうだった除ケ口部長のもと、

とりあえず麻雀部所属ということになった4人です。

以外は中々に部長からも評価が高く、部員三人ということもあってすぐに受け入れてもらえたようです。

ただ、ひとつ麻雀部の裏の思惑があるのを除けば…


ヴァグラピードの凶星


また、パワーワードが出てきましたねw

今までのが竜華編と命名するならば、ここからは凶星編といったところでしょうか。

一難去ってまた一難という感じです。




そんな思惑知らない達ですが、竜華の闇の部分は相変わらず出てきます。

竜華の家族の確執やいつも身に着けているペンダントに対する執着。

原因は一つなんでしょうが、日常の中にちりばめられているせいで、

素直に安心して日常を見れませんね…

その日常でふとプールにいくことにした達。

はそこでデジャヴュに襲われます。

そう、一巻の対局に視たプールで遊ぶシーンです。

これが未来視能力の片鱗ということですかね。

これを思い出したとき若干調子悪そうでしたし、

今のところの病弱っぽい描写がないので

この能力が原因な可能性がありますね…


さて、その帰り道、不穏な影が…

あれ、この髪型の感じみたことあるぞ…

いや、まさかね…

ということで、その不審な子供に水鉄砲で水をかけられ、

その子供の言うままある建物に…

文字面だけみたら薄い本展開ですねこれ。

さて、その子の名は


二条 泉」。


やっぱりじゃん。

凶星の二条泉これは先輩方に今後いじられるネタですねw

というか、今もいじられてるんでしょうかね?w

ちなみにのFPSゲームが好きという設定が水鉄砲というアイテムによって匂わされています。

よく覚えてらっしゃるめきめきせんせ

しんちゃんはそんな明らかに裏がありそうな感じからの本心を看破します。

いろいろと察しがいいですねしんちゃんは。

きっと大人になったら苦労するタイプだ…


というわけである建物というのは雀荘で、

ここで打ってに勝たないと出れないということに。

竜華「勝てばええだけやん」

竜華の強者の余裕。

裏もなく素で言っている感があって余計に怖いですよね。竜華


試合開始。面子は竜華葉子

葉子「生意気なお子様には私がお灸を据えてやります」

葉子の闘牌は毎回かっこかわいいですね。

葉子かなり好きですね。ええ。

しかし、も強さを自負するだけあって、

初っ端から他家のリーチにも臆せずリーチで対抗します。

「デス数よりキル数」

案の定が被弾します。


あ、これやべぇやつだ…


というわけで、これがトリガーなのか竜華無極点モードになります。

おっかねぇ…おっかねぇ…

ちなみに対局中の話で、ヴァグラピードというのがクラブチームの名前とわかります。

なんだ中二的な通り名とかじゃないんですね…

そうこうしているうちにに反撃のチャンスが訪れます。

そして、能力発現の兆しが…


というところで次巻。



この巻でようやく未来視に対して掘り下げられてきました。

とはいえまだ発芽しかけって感じですけど。


主題としては変わらず、竜華の話ですので、竜華の闇の部分が

の一番大きな障害になってくるんでしょうね。


それから、が出てきたということは千里山や姫松とかのメンバーも出てくる可能性大ですね。

特に大きなクラブチームが二つあるということはそれぞれのチームに

愛宕ネキセーラがいてそこからの因縁が今も続いているとも推測できます。



今後も他のメンバーが出てくるのが楽しみですが、

特に二人との関係もありますので、セーラがどのように関わってくるのかが楽しみです。




ではではこのへんで。

(:3ノシ )ヘ





スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。