FC2ブログ

五十嵐あぐり シノハユ 8巻 感想





シノハユ8巻です。

今までなんだかんだで二人でいるのが当たり前だった、閑無杏果のお話からです。

閑無に振り回されてばかりの杏果でしたが、

それでも反省することはしてちゃんと誠意で見せる閑無を好ましく思っていて、

そしてそれゆえに信じることができるという要因になっているようです。

絆を感じられますね。


前回の戦いではそれぞれまだ伸びしろが感じられる上、

さらに強者がいるということを再確認できました。

だからこそ一年生組は次の試合に向けての意気込みが違うようです。

とにかく牌をさわる時間を増やして、実力向上を狙っています。

上級生組もそれに触発されるという、部活としてはいいサイクルができてきていますね。

そんな中、山本先輩シノに自分の部活に対する姿勢について話します。

こういうのがモブなのに親近感がわいてしまう咲らしいですよね。



そんな中、顧問の千沙はなぜか意図的に練習をさせないような指示をだしてきます。

もちろん反発する部員たちですが、

その真意がわからないながらも従うしかない状況。

現実でもありますね。そんな状況。

モチベーションに反発するかのように状況がそれを許してくれないという…

まぁでもシノ達の方は明らかに何かしらのポジティブな理由があるので

安心してみてられますけどね。


まぁそんなもやもやを抱えつつ市大会個人戦に突入します。

なんとかシノ閑無はやりんユエ曖奈さんは突破します。

しかし、突破はしたものの、シノ閑無はしこりを残しているようです。

中でもシノは珍しいですよね。

今までは一位にはなれなくても楽しかったという雰囲気でしたが、

曖奈さんに負けて悔しいという気持ちの方が勝っています。

リチャが言うように、今までは麻雀ができればよかったのが、

競技者として勝ち負けが気になるようになってきた、つまり、

麻雀に対して真剣になってきた証拠なんでしょうね。


個人戦が終わっても顧問の千沙の対応は変わらずで、

いよいよもって顧問の素行を調べようという話になります。

といっても思い付きの閑無のことですから最後まで続かずぐだぐだで終了します。

閑無らしいですね。

しかし、その中で突き止めた喫茶店に何げなくシノリチャが訪れることで

千沙の対応の原因がわかります。

まぁ要は過去に頑張りすぎてダメになった人がいた経験があったから、

部員に対してブレーキをかけていたということです。


というわけで、そのことを改めて顧問と話し合い

お互いはお互いの言い分を尊重するということで決着。

なんというか大人な対応ですね。中学生なのに。

いや、それは偏見かな?




そんなこんなあり、県大会。

一回戦先鋒は多久和先輩

なにやら午前中は戦績が良いということから。

なんだか優希みたいですね。

そうこうしているうちに一回戦を突破。

しかし、一回戦の中でも飛び切り早く決勝行きを決めた菰沢中。

それもそのはず、去年の優勝校。

そして、その中でも特に強そうなのは小学生ながらにしてプロ二人に勝った

椋千尋

この娘が中学生編の一番のライバルになりそうですね。

先鋒はシノ。かつて戦った娘たちから激励をもらい改めて、勝ちたいと思ったシノ

ついに決戦が始まる…!というとこで次巻。



かつて戦った娘たちといえば、シノと電話したが、


「白築おねーさんが与那嶺殺すって」


割としゃれにならない発言でしたねw

そして与那嶺さんも心当たりがあるのでなんともw

みんなも牌は投げないようにしよう!



今巻では久々の日常話。シノチャーの正妻(?)の余裕で

周藤さんをいなしながらも結婚アピール。

その癖、二人で喫茶店にいったときはリチャにデートアピールされて

照れるというウブな感じ。はいはい、ごちそうさまです。

ほんと最初のころのシノチャーと比べると

ほんわかゆるゆるしているのを実感して感慨深いですね。




ちなみに今回の話の中で閑無の耳がいいということがわかります。

これが閑無の能力の片鱗なのか、はたまた、ただの日常の一コマなのか…

まぁなにかしら絡んで来そうな含みがあったのは確かですね。




ではではこのへんで(:3ノシ )ヘ



 
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。