大和田秀樹 立-Ritz-  感想




ついに来ましたね。

単行本化!

概要を描くと、咲-Saki-の作者小林立せんせを擬人化!

…いや、元から人間ですけど。

擬少女化っていうほうがいいんでしょうか?


当時は衝撃でしたが改めて読んでも頭おかしいですね(褒め言葉

大和田さんの絵柄とは違って、

一応、立せんせのタッチを模倣している感じがします。

とはいえ、メインの女性意外は大和田タッチでいってますね。



阿知賀の取材のときに負傷して入院したという話があったんですが、

それすらネタにしてしまうという。

そして、ネタ化は作者と編集におさまらず、

アニメの小野監督までも。

小野監督

咲-Saki- 全国編 放送直前スペシャルイベント -速報版-

咲-Saki- 全国編 放送直前スペシャルイベント -詳細版-

のときに見てますけど、確かに大きかったですね。

漫画ほどの大きさじゃなかったですがw


まぁここまで漫画に出るわけですからその後も想像できます。

リツハユにて、見慣れないキャラがいると思ったら木吉せんせだし、

あぐりせんせに至っては「播磨の虎」です。

なんだそれって思った方は是非立-Ritz-をみてくださいw


そして、単行本化のために短期集中連載して描かれた話。

まさかの声優陣までネタにしてくるとは…

植田さんはまだわかるとして、

悟沢空子

えっと…これ完全にあの人ですよね?ww

面白いんですけど、大丈夫なのか心配になってきますねw

ついに立-Ritz-にも麻雀要素が。

牌王拳

というかここらへん立せんせ関係なくなってますけどねw

完全に佳奈-Kana-って感じですね。

点数の表示もなぜか LIFE1000 とかネタとしては申し分ないですねw

掲載時は3話目のときに、各作者のコメントがあおりで載ってたんですが、

それもよかったですね。


小野学「あと2話でどうオチをつけるのだろう。」

小林立「特に言うことはありません。」

五十嵐あぐり「どんなホラーマンガよりも「立-Ritz-」がコワイ。」

木吉紗「初めて歌舞伎を見にいきました。」


木吉せんせ卑怯です。

この話のときはタイトルの見開きだけで笑ってましたね。

そしてまさかの植田さん立せんせ姉妹説。





かつてここまでギャグテイストで漫画化された作家がいたでしょうか?

大体漫画化されるなら伝記みたいな感じですが、

ここまでの漫画としてやってるのは初めて見た気がしますw

単純にこの後の話も気になるんですが、

流石にこれで終わりのようなので残念です。



でも、またたまに思い出したようにやってほしいですね。

それではこのへんで_(・ω・_`)⌒)_






スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑