FC2ブログ

【ゲーム】咲-Saki-全国編の麻雀ようやく慣れた人レビュー

saki_main79.png


どうもお久しぶりです。

ようやくというか今更というかなんというかもう既に発売されてけっこう経ちますが、

ようやっと手に入れました。

まぁ手に入れたのもこれを書くもっと前なので尚のことタイムリーではないんですけどね。



今回はなんだかんだ初回特典版を買いました。

ちなみに早期購入特典のしおりは鶴賀でした…

微m…

まぁそれはそれとして、届いてすぐ我慢できずに即開封で、

vitaを立ち上げましたよ。

ここで罠。


電源が入らぬぇぇ


あぁそういえばvitaでゲームするのひさびさだった…

ということで充電。

バッテリー空っ空だったので起動すらできなかったわけですが、

なんとか起動できるようになるまでそわそわで我慢です。

いざ起動!


が、またしても罠。

日付再設定…どんだけ起動しておらんかったんや…

そして、この時点である罠の可能性に気付くわけです。

そう、ファームウェアアップデート…!

ちっくっしょー全然できないじゃないか!

それすらなんとか乗り越えてようやく始めることができました。



まず、前回と違うのは自分が麻雀のルールを理解していること!

当たり前に思えてこれは大きいですね。

まぁゲーム性とはまったく関係ないですが。


今回はどうやら初期から清澄、宮守、姫松、永水のキャラが使えるようです。

早速一局チャレンジをしてみたんですが、まぁそこまで前回と大した違いは感じませんでした。


しかーし、今回はいろいろなところが変わっておりました。

まず、育成

各キャラには麻雀におけるパラメーター(?)が設定されていて打っていくことで

そのパラメーターを自由に上げることができるんですね。

もちろん上限はありますが。

各パラメーターは公式とかであるのでここでは省きます。

ちなみに私の場合は、とにかく配牌重視で、後能力か威圧で能力対策をします。

そして次に、能力

今回から能力がパッシブではなく、任意発動できるようになりました。

もちろんキャラによってはパッシブなわけですが、

任意に選択できるというのは中々戦略性が上がります。

特に、姉帯さんは能力が六つもあるわけですから尚のことです。

ちなみにこのゲームで姉帯さんの未公開だった能力もわかりましたね。

本編でも同じかどうかはわかりませんが、

さほど違うということもないでしょう。

ゲーム性で言えば、カード集めですかね。

前回はチャレンジ終わるとやることなくなってしまったんですが、

今回はカード集めという付加価値を与えることで、

何度もやることができるんですね。

この辺は育成という機能も同様に繰り返しやらせる効果があるので

けっこうゲーム性については一考されたというのがわかります。

ちょっと細かいところをいえばボイスです。

今までボイスって役満の声とか収録されていても、

和了ったときしか聞けなかったので、

最後まで聞けないままのものとかけっこうあったんですが、

今回はちゃんと全ボイス聞けるようになっていたので、

声優さん的にもユーザー的にもありがたい仕様でしたね。



ただ、もちろん残念なこともあるわけで…以下からは残念なことです。

まず、ストーリーモードがない

これは前作のときからいってますが、今回もありませんでした。

ひとつを一貫して積み重ねてやっていくということがないと、

ゲームって達成感がないですからね。

育成という意味ではある程度それは解決されているわけですが、

本編のつながりをみれないのでそれもちょっと希薄なんですよね。

次に、Live2Dがお粗末

いやぁ絵が動くのはいいですし、Live2D自体もいいんですよ。

むしろ大歓迎なんですが、そのアニメーションががっかりです。

Live2Dの知識というかそもそもアニメーションの知識がない人が

とりあえずで動かしたというのが見え見えで、

見ていて気持ちよくないです。

むしろ気持ち悪いくらいです。

これなら、静止しててもらってた方がましでした…

せめてLive2Dをオンオフにできたなら…

あとは細々いえばロードに時間かかるってことですかね。

Live2Dを使ってるからかかるのかもしれませんが、

3Dでアレぐらいのモデルならそうそうロードかからないような気もするんですが、

どうなんでしょうか?

毎回育成の画面で各校を渡り歩くときロードが入るのでいやなんですよね。

あとは通信対戦でしょうか。

これも前回から言われてましたが、相変わらずアドホックしかありません。

まぁネットワーク介すると途端に開発的に難易度とコストが上がりますので、

仕方ないといえば仕方ないというところもあるんでしょうかね。





さて、総括ですが、全体としてはできがよくなったのではないでしょうか。

前回の悪い部分をうまく直している気がします。

能力も多種多様なのがあるので、いろいろやれて楽しいです。

ただ、個人的にはLive2Dのアニメーションが

職業柄やっぱり許せないとこですね…




あ、最初に書くの忘れてましたが、

あくまでキャラゲー前提の話なので

普通にゲーム性の点ではいろいろあると思います。

でもまぁこういうの買う人はそもそも原作ありきだと思うので問題ないんかと。



あ、あと今回加賀クリエイトさんに制作変わったのはなんでなんでしょうね?

単純に採算合わなくなったから、アルケミストさんは撤退したんでしょうか?



さて、こんなところです。

今回はたぶん細かいチャレンジレビューはしないですが、

通信チャレンジはが強かったです。

ちなみに、私は宥姉霞さんの混一色、清一色コンビで押し切りました。


んではでは(:3ノシ )ヘ



 
スポンサーサイト

コメント

たぬき #-

登場キャラの能力が全て原作どおりかは謎ですよね。特に豊音が本編団体戦で使用しなかった大安と仏滅、これはゲームでは他のキャラとの格差を考慮して破壊力を抑えているとも考えられ、本当はサテライトキャノン級の威力があったりして。

2015年10月05日(月) 00時19分 | URL | 編集

#-

ストーリーモードはありませんがチャレンジにストーリーはありますよ

2015年10月05日(月) 01時12分 | URL | 編集

#pBwBRUmQ

発売前らネット対戦がないのは残念だと思ったが、常時チート麻雀で切断や放置などが絶えない環境になっていたかと思うようになった。

2015年10月05日(月) 18時26分 | URL | 編集


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。