小林立 咲-Saki- 14巻 感想



さて、14巻です。

果たしてもう14巻なのか、まだ14巻なのか…

ともあれ、今巻は準決勝副将戦丸々です。



スタートは前回に引き続き有珠山の回想です。

琴似栄という高校が地方大会で

有珠山と決勝を争ったようですが、

その大将戦が数コマでてました。

琴似栄の大将も中々強そうな印象を受けましたね。

これは個人戦で出てくるかもしれませんね。


ちなみにここで、有珠山のメンバーのそれぞれのつながりや

雀卓とチカセンとの関係などなんか

どうでもいい情報からなにまで出てきています。

立せんせ的には有珠山に大して思い入れがあるようですね。


そして、ユキが諸先輩方に対して、

恩義以上の親密さを感じていることがとれる回想でもありますね。

いざ控え室から出陣するときの

ユキの掛け合いがお互いの信頼を表しているようでもありますね。



さて、場面はかわりいよいよ副将戦の舞台です。

ユキの邂逅です。

あれだけ、販促物で共演していた二人ですが、

ここではじめての邂逅です。

立派なものをおもちで。


メガ「まざりタイ…」


がのっけからのどっちモードです。

それにたいしてダヴァンのひとこと


メガ「ハロゲイトのアリス」


また、世界戦の伏線が…

そしてダヴァンの能力があらわに。

自分が聴牌しているとき他家の聴牌状況を把握できる。









決闘(デュエル)


そして唐突に始まるデュエル

なんか見る漫画間違えたかな…

ダヴァンの戦闘イメージは

荒野のガンマンのようです。

ちなみにが文字通り被弾したようですが、

その表情に揺らぎはありません。

さすがのどっちモードというかなんというか。

ダヴァンの聴牌に関しては他の高校も警戒しているのか

自分が聴牌してもダヴァンが聴牌していたら

おりるなど慎重な対応を見せています。


ちなみにダヴァンは単純に相手の聴牌状況がわかるだけでなく

決闘というのを任意に挑めるようですね。

聴牌しているものに対してだけのようですが、

その状態だとダヴァンは強いようですね。


よく現実でもリーチでの殴りあいがありますが、

あんな感じでしょうか。

さしずめダヴァンはその状況だと

勝率がいいというところでしょうか。


で、それを他家も認識していると。

さすがの準決。一筋縄ではいきませんね。


有珠山でダヴァンの能力に気付いたのはでした。

なんとなくという勘でそうだと思ったと言ってましたが、

やっぱり強者なりのセンスがあるようですね。


このまま様子見かと思われたんですが、

ここでのどっちが動きます。

相変わらずのマイペースながら、

果敢にリーチをします。

それに迷わず食いつくダヴァンデュエル


「ロン」


銃だと思った?残念槍でした!

といわんばかりの速攻で、ダヴァン槍が貫きます

まぁ、確かに鳴いて一発消したりとかしたとき

振込むときありますよね。

なんとも同情。

あれ?何の漫画だっけこれ?


阿知賀がちらっと登場しますが、

曰く、押せ押せになったは自分の理想に近い。

デジタルの目指すべきうち方ということでしょうか。

まぁ個人の理想なのではそういう攻撃的なのが理想ということなんでしょうが。


ダヴァンも取り返そうと躍起になりますが、

に和了られ続けます。

ガイトさん曰く、


智葉「確固たる信念がある打ち手には大事なところで牌が応える」


ダヴァンに対する評価に一言入れた場面です。

そこまで強そうに見える打ち方ではないものの

どんな状況でも自分を曲げずに打っていることで

牌も味方するという考え方のようです。

3年ブーストといい、が聞いたら「そんなオカルト」とかいいそうですね。

ちなみに、ダヴァンガイトさんデュエルしかけたら

真っ二つにされたそうです。

ガイトさんこええぇぇ…



そんな二校だけでなく姫松も和了ります。

末原さんの見越しどおりの打ち方で

絹ちゃんも和了ることができました。


そんなこんなで前半戦も終了です。


休憩にてジュース買いに来た愛宕ネキと合う絹ちゃんですが、

またも30円足りない

30円に何かあるのか、それとも応援に来たことの

照れ隠しなのか…


ユキの交流もありつつ後半戦です。


序盤から飛ばしていくとそして相変わらずデュエルをしていると

見られるダヴァン

ダヴァンが何かしらやっているというのは

絹ちゃんも気付いているようですが、

中々手を出すに出せないといったところですね。


しかし、ここでユキについに良い手が回ってきます。

そしてすかさず左手の使用宣言。

これは全国編のアニメの最後のダイジェストでも出てましたが、

ついに来るかというところですね。

しかし、その左手の意味を以外の面子は理解しているようで

警戒します。

それにいち早く対応したのがダヴァン

鳴いて一発をなくします。

そしてその口ぶりから今まで左手を使用して

リーチした局は一発の確率が多かったというこですね。

左手を使うことでより良き手になるんでしょうか。

しかし、一計もむなしく和了られます。

裏ドラものるおまけ付き。

一発で無かった分裏がのって帳尻って感じでしょうか。


これに勢いづくユキ。次の局もインスタント満貫で確実に点数を伸ばします。

次の局も勢いづくのですが、の追っかけリーチにしてやられてしまいます。

ダヴァンは相変わらず攻めるのですが、

そんな中のユキの国士狙い。

ダヴァンのリーチから、一度はおりたと見えた絹ちゃんですが、

鳴いて再聴牌。

しかも、聴牌はまだだと思われたユキが、国士聴牌という

熱い展開になっていきます。


「ロン」


その局を制したのは絹ちゃんでした。

銃かと思った?残念ボールでした!

どうやら相手より勝るということはそのビジョンも自分の領域の

イメージになるようです。

もう、イメージだけ見ると異種格闘技戦になってます。

異種すぎる…

絹ちゃんは迷った末の和了でしたが、

迷ったことが結果につながることもよくありますよね。

さっきのとは対極にある感じですね。



そして、その状況からついにダヴァンが奥の手を発動します。


ネリー(やめろ……!)


手牌や自分の視界を防ぎ暗闇の状態で牌をさばきます。

臨海内でもその打ち方には謎も多いようで、

世界戦を見据えると敵同士ということから全ての人が

全ての能力をさらけ出しているようではないようですね。

国際色豊か内情がみてとれます。

そして、ネリーの非情な感じが…


結果ダヴァンが底意地を見せ残りの局を制します。

ネリーはカンカンの様子…


これにて副将戦は終わり、臨海が相変わらずトップのままですが、

清澄と姫松の差が縮まり、

同時に有珠山も危険域からはなんとか脱出できたようです。


左手を気にしていましたが、

これは決勝に向けて最後の一技がくるかもしれませんね。ワッザ。



有珠山の控え室の一幕では

ユキのコクマ入りがほぼ確定し、

大将戦に向かうの一言。


「他の大将たちに勝てるとも思わないけど

ちょっと遊んでくる!」



勝ちを諦めているように見えて、全力を出して勝ちにいくという

の性格がよくわかる一言ですよね。


片やその試合の様子を見る白糸台。

テクニカルになったスーパーノヴァあわいちゃんとは…



そして!ついに大将戦!咲さんの出番です。





今回は副将戦丸々ってことで話が追いやすかったですね。

いつもは2巻に跨いでるので、前回どうだったっけとか

振り返りながら読んでるんですが、今回はすんなり話を読めました。

今回の見所は相変わらずぶれないと、有珠山の絆。

絹ちゃんの焦らずに作戦通りに行った冷静さ、

そして、ダヴァンの甘さ。

一見すると、ダヴァンさんは透華との話で

強さが膨らんで見えたので

かませ犬感が出ていたわけですが、

実際は相手を侮ることなく全力でした。

むしろ、自分の能力が看破されていないという

思い込みがもたらした失点のような気もします。

あれ?結局それって慢心…

まぁともかくも最後は怒られながらも

面目は保ったのではないでしょうか。

ただ、ここで見せたが故に

「暗闇」は決勝で突破されそうな気もしますけど…


最後に気になったのは咲さんの表情に少し陰りがあったところでしょうか。

対戦相手に対して、不安をもっているのか、

それとも自分の実力にあまり自信が出ないのか。


なにはともあれ次巻の大将戦も楽しみです。




あ、ちなみに今回はおまけとして、

設定資料の身長、年齢、誕生日、役職、一言メモと大判ぶるまいでした。

久保コーチが元ヤンだったり(納得)、チカセン部長だったり(知らなかった)

に対するカウンターなのかユキがUFO的なオカルトすきだったり、

シノハユに至っては現在の時間軸までの成長記録があったりと

ここでひとりひとり触れるにはあれなぐらいいっぱいあります。

いやぁほんとよく考えたものですね…





あ、あと前回コメントしていただきありがとうございました。

同じようなトラップにかかった人がやっぱりいたようですね…

特典をつけるのは全然かまわないのですが、

なにとぞ…なにとぞ、事前に早いうちにいろいろ公開してください……っ!!



ではこのへんで(:3ノシ )ヘ





スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑