五十嵐あぐり シノハユ 2巻 感想

saki_main68_00.png


お楽しみシノハユ2巻です。



さて、本編に入る前に

今回も裏表紙と表紙の折り返しのそでに書いてあるあらすじをみていきたいと思います。


'This is a story Pro Mahjong girls from "Saki" specially focused

on their school days in Shimane.

Another breath taking legend is about to begin.'



このあらすじ毎回違うんですね。

ちょっと驚きです。



機械翻訳をかけるとこんな感じ。

"これは、「咲」からプロ麻雀の女の子は、

特別に島根での学生時代に焦点を当てた物語である。

凡例を取ってもう息が始まろうとしています。"




とりあえず最初の文からみていきましょう。

最初の文は割りと意味がわかりますが、

"「咲」からプロ麻雀の女の子"というのが意味が通ってないですね。

意訳を入れると、"「咲」本編に登場するプロ麻雀少女たち"といった感じでしょうか。

あとは"少女たち""焦点をあてた"の目的語になるのが正しいんでしょうね。

後半は地味に難しいですね…

"凡例"は普通に"伝説"だとは思います。

前半部はちょっと意訳しないとダメで、後半部はそのままでいいでしょう。



さてあってるかどうかわからない私意訳です。


"これは、特に「咲」本編に登場するプロ麻雀少女たちの

島根での学生時代に焦点を当てた物語である。

伝説を得るもうひとつの息吹が始まろうとしている。"



ちょっとここ受け取り方で変わってきます。

"島根出身のプロの少女たち"といっているのか

"プロの少女たちの中の島根出身の少女"という意味合いでいってるのか。

もし、後者ならはやりんだけを指しているとわかるんですが、

前者ならはやりん意外にも島根出身のプロがいるということになります。

もちろん設定的には複数いるでしょうが、

ここで本編含むスピンオフで出ている島根出身のはやりんしかいません。

ということは、この島根出身のプロというのはシノもしくはカンナもしくは

両方ということが言えるのではないでしょうか。

まぁこのへんはそのうち明らかになるでしょう。


さ、というわけで本編です。



今回はシノではなくカンナが主人公になっています。

基本的には前巻のシノ視点の物語を

カンナ主観で見たお話になります。


カンナはやりんを敵として認識することで、

麻雀にのめり込み、

カンナシノを認めることでカンナ自身が変わってきます。

この幼少時代の出来事が未来のカンナ

形作っているのがわかるというエピソードです。


小学生の頃は成績や運動はよかったのに年をとるにつれ

そうではなくなってしまいます。

十で神童十五で才子二十過ぎれば只の人。

という故事があるようによくあることなんですね。

カンナがそうではあるかどうかは定かではありませんが、

子供のころになんでもできてしまうと驕ってしまうものなんですよね。

そこに戒めるものがないと嫌な大人になってしまうわけです。

カンナはその失敗をおかそうとしてたんですが、

理解してくれる友人の助けもあり自分を見直すことができました。

杏果ちゃんは健気に見守ってくれていますね…いい子だなぁ…

一巻でもカンナは麻雀なんて好きじゃないといっていますが、

シノも参加した麻雀大会の決勝で、シノとやることで

楽しいと思えるようになってきたんですね。


ちなみにこのシノカンナの構図というのは

咲さんの構図に似ています


片や麻雀嫌い、片や麻雀好き。

片や麻雀で一番を狙い、方や麻雀の勝ち負けにこだわらない。

ちょっとあべこべなとこはありますが、

何気に似た構図になっていますね。



時系列的には一巻のシノのお話が終わった時間と

合流してカンナの話は終わりです。



そして、次にようやくはやりんの話が来ます。

はやりんが何故アイドル道にいくのか

その原点が明らかになります。

はやりんも昔はアイドルのようにこびている

存在というのはあまり快く思ってなかったようですね。

しかし、アイドルの二面性というのでしょうか

そういうものを知って見方を変えるんですね。

元祖(?)牌のお姉さんことまふふの登場です。


今回はここまでです。

はやりんの話は1話だけだったので

まだまだ続くと思います。

まだ、麻雀自体の話も出てきませんし、その辺の詳細とか

これからカンナと戦うところまでの間の

心境の変化の詳細とかが語られると思います。


あとちなみに2巻の表紙裏は中なんですが、

カンナと関係があるのでしょうか?

場面的には中を暗刻してるところはありましたけど一回だけでした。




けっこう丁寧に小学生から描いていますが、

早くIHの時の話をみたいですね。

表紙にもなっている高校生シノカンナ

みたいものです。






今回はここまで(:3ノシ )ヘ







スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑