FC2ブログ

小林立 咲-Saki- 12巻 感想





12巻です。

12巻は準決勝先鋒戦から次鋒戦終了までです。


先鋒戦はタコス(清澄)、スズちゃん(姫松)、ガイトさん(臨海)、成香(有珠山)


ここからタコス…いえ優希戦い方がかっこよくなってきます

今までは東場の勢いを利用して、

ひたすら攻めていくという戦法なでした。

しかし、合宿でのジュンくんにより、

流れを乱されても勢いを殺されないようにする、

部長のいいつけをしっかりと守り通す戦い方

かなり成長しているのが見て伺えます。

地区大会決勝先鋒戦では、

上手く稼げず泣いていましたが、

信念をもって戦っているのがわかりますね。



「ここに山を築く

今度こそ

誰にも賽は振らせない……!!」




二回戦でもこのようなセリフを言いましたが、

頼もしさが断然違います。

うん。非常にかっこいい



というわけで、優希部長のいいつけを守り、

火力を速さに持っていきます。

今までのプレイングと違うため、

これには他の面子も面食らいます。



ガイトさん去年個人戦のあらかわさんを思い出します。

他は上級生なのに終始笑っていたそうな。

ちなみにあらかわさんは表紙なのにこの巻ではここしか出てきません…


ガイトさんの恐ろしさの片鱗も徐々にですが出てきます。

優希もツッパではなくそれを感じながら降りるなど

しっかりと相手を見ているのが伺えます。これも成長のひとつですね。

しかし、その影響なのかスズちゃんの導火線にも火がつき始めます。

スズちゃんの能力は789に偏った高めの手が来る能力だそうな。

一方成香ちゃんも闇聴するもスズちゃんに迎撃されるなどいいとこなしです。

それまでけっこうテンパってるのにあがれないとかよくありますよね…ほんと…

麻雀やるようになってその気持ちよくわかります。



これに対してガイトさんも刃を抜き始めます

ポンで手番をとばしつつ成香ちゃんに上がらせるという妙手。

これにはスズちゃんも

「なにゃ…!?」


そしてこのイメージ。ガイトさんこれほんまに極道の人や…

そして、続く局には自分からスズちゃんを殺しにいきます。

気配を感じさせないもの、まさしく強者、全国3位だけはあるということですね。

ここのイメージも完全にドスで抜刀して導火線切ってますからね…こええ…

でもかっこいい


スズちゃんもやられっぱなしではなく、優希の打ち筋を真似て

火力を速度に変換し始めます。

化け始めます。スズちゃんも強者入り…?




これにて先鋒戦は終了。

次鋒戦に続きます。



ガイトさん控え室に戻る時にメガネと髪留めとサラシをはずします。

サラシはつける意味あったんですかね…

有珠山の楽屋の様子や臨海の楽屋の様子など

各キャラクターの性格すこしづつわかってきます。

有珠山大将ははやりん路線でいくらしい…

しかも、フナQ曰く有珠山は大将が圧倒的エースだとか…



次鋒戦は染谷先輩(清澄)、のよーさん(姫松)、ハオたん(臨海)、ちかたん(有珠山)

最初は有珠山が先制。

しかし、ハオも負けずに和了ります。

中国麻将と日本の麻雀では全然ルールが違うらしく、

そんな中でもここまで強さを持てるハオは相当なものでしょうね。

そのせいか、染谷先輩は場を読みきることが出来ない様子。


珍しい染谷先輩の過去回想。

記憶に頼るのではなく普通の打ち方で対応する模様。

定石な打ち方だそうですが、

それでも立ち回れるのは地力があるということでしょうか。

結果的には清澄は黒にいきませんでしたが、

ハオ相手に良く戦えた方なんでしょうね。

ハオはたまに部長を彷彿とさせる打ち方をしてるみたいなようで

気になりますね。



今巻はここまでとなります。

今回で意外だったのはそこまで次鋒戦飛ばされなかったことでしょうか…げふげふ…

冗談はさておき、清澄陣の覚醒要素も準決勝に入って

徐々に出てきましたね。

次は中堅戦。

愛宕ネキ部長の対局非常に楽しみですね。




今回はここまで(:3ノシ )ヘ



まとめ
saki_main50_00.png






スポンサーサイト

コメント

  #-

ユキちゃんは身長139㎝でスリーサイズはB100・W50・H80

2014年01月19日(日) 22時57分 | URL | 編集


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。