咲-Saki-全国編 アニメ 第2話 感想




第2話でっす。


今回は清澄メインのお話。



冒頭永水の場面から始まります。

先週は宮守だったことを考えると、

来週のアバンは姫松でしょうか。


次の場面は清澄一回戦出陣。

阿知賀のときの着替えのときと対照させてるんでしょうか。

そして、かの有名な…


「決勝までいかないとお姉ちゃんと戦えない…だから…」

「全部 ボッ 倒す!」



原作では擬音語が「ゴッ」となっていましたが

アニメでは効果音的に「ボッ」でした。

本来の絵柄的にはこっちが正しいのでしょうね。


そして初OP。

どうでもいいですが、ロゴの咲さんのポーズもっとかっこよくならなかったのですかねぇ…


そして、永水がすごくラスボスっぽい。

やっぱり永水勝利待ったなしや!



会場にてもんぶちと邂逅。

さきー鏖殺だー」

、物騒すぎでしょ…


パブリックビューイングにてちらっとちゃちゃのん



一回戦控え室。京太郎の出番が多くてよかったね。

これからものっそい少なくなるが…

応援メッセージ。

副会長ロリコン疑惑。

ラーメン屋の親父ィ

なんだろうラーメン屋の親父は当時からすげぇ記憶に残ってるよなぁ。



と、ここで合同合宿の回想。

前期で合宿やってたから丸々カットと思いきや

原作準拠の合宿回もやるんですね…

どうせなら池田のジャミラもやってほしいけど…

風呂でのともきーがものすごい美人。

やばい



地区予選次鋒再戦。

緑一色

原作でもここの流れ笑ったけど、顕在ですねw

ともきー一気にホラーへ。

透華治水モードへ。

この眼が変わるアニメーションは個人的に好きです。




池田道に迷う。

鶴賀の部屋へ、そしてきた藤田タワーへの布石w

「余ってるのは藤田プロ…」

「それはいらないです」


ここの流れも好きw

このネタが咲日和に受け継がれるのがいいですよねw

ちなみに、後ろで池田文堂…」って引いてる声演技も

ツボりました。




場面はかわって、次の日の特打ち。

「裏ドラサービスだし」

相変わらずうざい池田である。

部キャプ

やっぱり部長といるときだけ両目開いてるんだよね。

細かい。



衣、咲、藤田プロ、透華

あの卓ヤバイ。




場面変わって、臨海サイド。

ダヴァン小見川

う、だめだ…

お世辞にもこれは合ってない…

イメージもさることながら、演技もカタコトっぽさが

出ていない…

ぐ、慣れるんでしょうか…?

ガイトさんの日笠さんは相変わらずアリですがね。



ここで治水透華の恐ろしさを説いているわけですが、

これってあとでいかされるんでしょうか?

透華は個人戦も出場できてないですし、

あるとしたら選抜のとき?

もしくは、本編の流れ上紹介できなかったからここで紹介してるだけなんでしょうか。



ちなみにさっきの特打ちの衣、咲、藤田プロ、透華の対局は

さんのみマイナス。衣、藤田プロも4回中1回か2回プラスになっただけで、

あとは透華が持っていったという感じ。



そんな透華とあたってもわくわくするよで済ましてしまう

さんはゴクウか何かかな?




そして、清澄の部屋にの後輩の中学生むろまほコンビが訪れてくる。

ここのまほの描写もどこでいきてくるんでしょうか?






さて、全体総括。

まさかの原作合宿を入れてきましたね。

正直、全国の流れだったのでここで合宿いれずに

そのまま一回戦に行ってほしかったところではありますね。

そして、某所で噂されていましたが

ダヴァンの声が小見川さんでしたね。

まぁこれについては既に書いたのでもう何もいうまい…


次回予告見た感じでは、合宿の残りと一回戦、二回戦始まりまで

といったところでしょうか。

来週からようやく本筋になりそうですね。







次回は…

そんなん考慮しとらんよ…






スポンサーサイト

コメント

やっさん #s.j3vuq2

長ドス持ってたガイトさん

この場面は、今回のアニメでは生きてこないんだろうなぁ。

2014年01月14日(火) 00時54分 | URL | 編集

  #-

女神の裸身はこんなにも美しい。

2014年01月15日(水) 19時06分 | URL | 編集


トラックバック

↑