fc2ブログ

めきめき 怜-Toki- 10巻 感想



府大会の続きの10巻。

前巻で藤白さんの過去も見えて、いよいよセーラ達へとつながっていきます。

そう、二回戦で千里山と当たるのは藤白さん率いる北野中。

昨年準優勝の桜花女子中はカバー裏でも出てた城阪さん

流石の実力を示していきます。その様子をちくちくと小言で見定めるのは藤白さん

いつものパターンといった感じ。しかも、その城阪さん当たり牌見逃しで和了る、いわゆる能力持ち。

自分と結ばれる縁(牌)を見定める能力。ちょっと婉曲で分かりにくいですね…

そして、それをすでに調べ上げている藤白さん

どうやら、藤白さんはその見た目にそぐわず事前の情報を事細かに調べる打ち手です。

しかも、盤外戦術で揺らすためなのか、性格を見極めるためなのか、

麻雀以外の周辺情報まで調査するという徹底ぶり。

しかも、それを手伝っているのが部員達でその様子からもかなり慕われている存在なのがわかります。


藤白さん「理解した」


様子見からしばらく藤白さんの能力というか領域が発動。

イメージの表現的に照魔鏡のような全体プレイヤー効果系の感じなんですかね?

しかも、城阪さんのカウンターを取った直撃。

狙ってやったというのはわかるんですが、相手の打ち方を把握して誘導して振り込ませるって能力なんですかね?

今のところ相手の心理的に崩れやすいところをついてからの挙動は把握してるんですが、

その崩す仕掛けがなんともわかりにくいですね。

城阪さんは見逃したら和了れるという心理的安心から実行してきましたが、

それが一度でも崩されると疑心暗鬼になってしまいます。

もはや術中にはまったという感じで、この後の泥沼が予想できます。

更に、城阪さんを直接せめて行くのではなく満遍なく他家をはじきながら心理的に追い詰めていくのはエグいの一言。

そしてそれに目をつける雅枝さん。中学の時に既に目をつけていたんですね。

この先鋒のきっかけとなったのが、藤白さんが屋上で出会った眼帯の娘。

名前すら出ていませんが、この娘も何かしら麻雀に関連してるんでしょうかね?

プロの娘とか親戚とか。

そんな中淡々と局は進み、オーラス。最後まで室戸先輩は果敢に挑むも無情にも藤白さんの圧勝。

そして、ついにセーラ藤白さんを捕捉!

そのままの勢いで府大会は北野中の優勝で幕を閉じます。

セーラは再戦を誓い、竜華も協力を惜しみません。

ただ、セーラ竜華藤白さんと卓を囲むのに反対のようです。

竜華はさらに無極点なのかなんなのか藤白さんの本性を見抜いているような感じです。

ついに、セーラ藤白さんが再び対峙し、いざ次巻!


藤白さん編も次巻で終わりそうな感じですね。意外と長かった。

高校の主要人物も出そろったので、この後は中学の後半で阿知賀のときの回想につながってく感じですかね。

それはそうと室戸先輩の、ユーフォの黄前ちゃんみたいな髪モフモフ癖かわいい。

あれはなんていうんでしょうかね?髪をクルクルする癖の一種ですかね。

ということでここまで。では(:3_ヽ)_




スポンサーサイト



コメント


トラックバック

↑