fc2ブログ

五十嵐あぐり 咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A 9巻 感想

 
阿知賀9巻です。

先鋒戦が終わり次鋒戦、宥姉の出陣です。

こちらでは試合開始前のやり取りが描かれています。

菫さんの煽りに、笑顔で皮肉で返す宥姉

あれ、こんなキャラだっけと思いつつ…

でも、宥姉が強気だったのはが泣いてたからか…


さて、試合展開は本編と一緒です。

こちらでは、阿知賀サイドというか宥姉視点での試合になります。

菫さんシャープシュートが脅威を振るいますが、まこにも躱されます。

でも、宥姉視点で見ると怖いんですよね。

癖で見切ってるならまだしも、別の方法で躱してるのなら直観としかいいようがないですからね。

実際は、まこの場の雰囲気を読む力によるものですが、まぁそんなん言語化しようもないので仕方ないですね。

さて、本編では宥姉の心情が描かれないまま、倍満を和了ったので得体のしれなさが半端なかったのですが、

こちらでは最後のインターハイという思いと共に和了っていたのが描かれています。

でも、宥姉かっこいい。

次の局でも、

宥姉「あったかいのいっぱあぁぃ」

と倍満を炸裂させるのですが、表情がちょっと違いますね。

本編側ではかわいい!って感じでしたが、こっちではトリップしてる感のある顔です。

個人的には本編の方が好きかな。こっちの顔も本来の宥姉なんだけど、かわいさを推したい…はいどうでもいいですね。

次は菫さんが癖を隠して宥姉を狙うところですが、

本編ではオリと見せかけて張っていました。

こちらを読むと狙ったわけではなく結果的に張り替えのようになったみたいですね。

さて、まだ前半戦なんですが、なんとこっちではあっという間に次鋒戦終了。

まぁあんまり宥姉の見せ場がなかったからなんだとは思いつつ、

本編ではちゃんと後半戦の宥姉も描かれていたので、

宥姉の心情と照らし合わせてみたかったですね。

特に緑一色のあたりとかを見たかったです。

ともあれ、次鋒戦も終わり最後に次鋒メンバーで記念撮影して終了。

に触発されたことですが、忘れられない夏の自分の記録を残すことにしたんですね。

阿知賀サイドでは、先鋒戦のと次鋒戦の宥姉を合わせて松実家の物語って感じでしたね。


だからこそ、余計な局を省いてきれいにまとめたのかなとも思えます。



違う視点で対局を見ると、このときのそれぞれの考えが深堀されてなかなか楽しめますね。

そう考えると本編での今までの対局も、

描くのを省いただけで中々に各人の思いがあったのではないかと考えてしまいます。

まぁでもそういうのは語られれないからこそとも言えますね。

いい作品は、すべて語るのではなく、想像の余地をうまく残すことだと誰かさんはいいました。

とはいえ、こういった切り口もやっぱそれはそれでいいですよね。

なるほどスピンオフがいろんな作品よく見られるわけですね。


といわけでここまで。では(:3_ヽ)_




スポンサーサイト



コメント


トラックバック

↑