FC2ブログ

五十嵐あぐり シノハユ 13巻 感想



13巻です。合宿編です。修行編です。

ここからはキャラの掘り下げと、強くなるための伏線を張るのが伝統。

菰沢はまだしも比礼振とかはちょっとイメージ薄かったですからね。

というか、割とメインになるとは思ってもなかったですね。

今巻表紙は吾郷さんですし。



そんな中続々と、合宿地に各校集まってきます。

菰沢はユズ千尋推しできてますね。というか、この二人以外印象が…

さて、万原中は、悠彗曖奈さんのみのようです。

一日目は湯町、菰沢、万原の面子のみのようです。

比礼振中、姫原中も参加予定なのがちょろっと語られています。


そして、一日目も無事終わったようですが、

なにやらシノの調子がおかしい様子?

危機せまるものがないと本調子が出ない感じでしょうか?

菰沢側は何やらその弱点について何かつかんだ様子。

通常ならそこで以降の対局で活かされてしまうものですが、

まさかの全日本を背負って立つ可能性を考慮した結果共有されるとか。

実際、咲の時代ではワールドレコードホルダーなんて呼ばれているわけですが、

この時点で目をつけられるというのは相当なんじゃないでしょうか。

まぁでも、これがなぜ全日本を背負って立つと言われたのかはすぐにネタばらしがあります。


シノは、ギャラリーが多いほど強くなるという傾向があるようです。

一日目では監督二人が見ていた局が良かった。

ここからは推測の域が出ないようですが、

小学から高校に行く毎にギャラリーが増える、つまり、

高校からプロ、世界となればさらにギャラリーが増えるということで、

上に行けば行くほど強くなるってことです。

現状でこの実力であれば、将来は向かうところ敵無しと希望的観測をしてしまうのも無理からぬことでしょう。


閑無シノに対してはどんどん強く、遠くにいってしまうことを感じているようですが、


閑無「たとえば慕が世界のどこかでひとりきりでいたとしても

必ず

捜し出してぶちのめすから待ってろ。」



これもう完全に主人公ですやん。

ライバルの孤高をぶちのめす、主人公というのが幻視できますね…

一度精神的にシノに折られたからこそかなり強くなった感じがします。

この時期会って一度折られたからこそですよね。

例えば、高校とかで折られてしまうとそこで立ち直れないくらいのダメージになってしまいますからね…

すこやんレジェンドの関係然り。こうなってしまうとライバルという立ち位置にはならないですからね。

そういう意味ではほんとシノは周りの人間に恵まれています。


二日目はダイジェストでしたが、一コマ一コマ各校との関係とストーリーが見て取れます。

夜会話という寝付けない者同士のなんとなく落ち着く雰囲気というのはよくわかります。

多分、仲間がいてなんか安心しちゃうんでしょうね。

それにしても菰沢の結衣さん相当杏果ちゃん気に入ってますね。固執といってもいいぐらい…


そして、三日目なんと水着回!

まぁシノハユに水着がどうこうは期待してないんですが、息抜きですかね。

と、思ったら、熱中症で倒れるシノ

そして、それに真っ先に駆け付ける閑無

一日目の夜の宣言が伏線になっていて、一番に駆け付けるのがいいですよね。

今後も、シノのピンチやここぞというときに駆け付けてくれそうな安心感があります。

シノはこれにて合宿終了になってしまったようですが、

他の面子は引き続き合宿のようでした。

ここの差が後々伏線として何かしら出てくるんでしょうか?


そして、全国大会前。シノルイの家に泊まることに。

(久々のサナエまた見れて嬉しい)

シノの引っ越し前の面子との再会もありますが、この旧知の仲の間の関係性は変わらないみたいですね。

てかあっちの子らは普通にタワマンとかなんとか話題が金持ち(?)っぽい感じでな、なんかね…

その間、リチャ編集長と会合。何やらナナさん周りで新情報?

そして、ニワチョコ

この二人は見てて安心感があります。

全小準々決勝、シノニワチョコ、戯敵との邂逅。

(戯敵て…)

そして、全中がついに開幕。


といったところで次巻。

正直なところ、中学編の登場人物は多い割に、本編に出てない人ばっかなので覚えにくいんですよね。

新刊出る度、誰だったっけと読み返す羽目になります。

全小のときはニワチョコとか心ちゃんとかけっこう覚えやすかったんですけどね。

あ、千尋ユズは印象に残ってますよ。

シノの強さの秘密が少しづつ解明され、また、ナナさんの伏線も張っていて、

次巻から急に動いてくるような気もしますが、闘牌で埋まっちゃうような気もして複雑です。

とりあえずは次巻も楽しみにしてますではでは(:3ノシ )ヘ








スポンサーサイト



コメント


トラックバック

↑