FC2ブログ

めきめき 怜-Toki- 6巻 感想



前回まで。本音闘牌から、竜華無極天

ついに竜華が本気で来ます。

三人リーチからの、竜華テンパイ。

この状態での殴り合いでも竜華相変わらずの無極天

うすら寒さすら感じますね。

当たり牌を引かされるも、取り込んで緑一色

竜華は微塵も楽しくない様子。

竜華「みんなすぐ死んでしまうやんか」

全力を出すと問答無用で勝ってしまう、天才故の苦悩ってやつですね。

きっと自分より強い人間に出会っていれば変わったのでしょうが、

残念ながら竜華は出会えなかったようです。ですがその代わり…

竜華は役満を和了られたのに諦める様子が無い三人に問います。

どうして諦めないのかと。

そして、無常にも竜華
四暗刻ツモ。

進ちゃんのトびで終了。

結局、どれだけ口先で言おうとも未来は変わらない。ただ、嫌われたくなかったと、竜華の本音がこぼれます。



というのが、一巡先

そうです、未来視が発動したようです。

再び問われるのは、どうして諦めないのか。

はこのとき、麻雀で初めて一巡先を視るということを体験したようですね。

自身はずるい能力だと否定していますけど、高校で発現したときもそんなこと言ってましたね。

おや?でも、高校で発現したはずなのに、もう発現を自覚している…?

の鳴きによって未来は書き換えられ、のツモとなります。

竜華自身はツモれることを確信していたようですが、あの一回の鳴きで狂わされたことに戸惑いを隠せない様子。

竜華が思っているよりも、は強くて、はただ庇護される存在ではなく、自分が助けられていたことに気付きます。

竜華がこれに気付くことで、まわりを冷静にみられるようになり、だけでなくまわりの人たちにも助けられていたことを受け入れます。

こういうのって他人に言われてどうこうではなく、自分で気付くしかないですからね。

小学生でそれを知れたというのはとても良いことですね。

きっと、これに気付かないままだとひん曲がった性格になっていたでしょう。

ま、逆にこれがきっかけでに偏執的になってるような気もしないですが…

というわけで、お互いの気持ちをぶつけあうことによりお互いの本音をようやく理解できるようになったわけですね。

これにて、闘牌は終着。決着はついていませんが、本来の目的は果たしましたからね。

(後に最後まで続いていたことがわかります。)




ところが、その後、は病欠をします。

能力の反動ですね。にとっては初反動ではないでしょうか。

毎日欠かさず見舞いに行っているという竜華ですが、進ちゃんとの会話が大分和やかになっています。

進ちゃんは何度も竜華に対して苦手意識を出してましたが(表面には出してませんが)、

この前の本音闘牌で大分竜華と打ち解けたようですね。

はこの反動をずるをした罰のように感じていたようですが、

ある夜不思議な影が

「かわいそうにしんどいなぁ」「まだ早い 必要になるときまで預かっといたるわ」

といって、何やら能力を封印?してくれたようです。

なるほど。ここで一旦能力を封印することで、高校編の時と辻褄が合うようになってるんですね~。

というか、この影明らかに未来の高校生ですが、そんなこともできるようになるんですね…

それはそうと、回想一コマの能力試そうとするかわいい!


まぁそんなこんなありつつ、日常が戻ってきて、林間学校です。

そこで、ついに、竜華が本当の友達となります。

といっても、側はとっくにそのつもりだったようですが。

この林間学校話はわだかまりが解けた後のほんわか余韻話となっています。

ちょっとこの雰囲気が懐かしい気もしますね。




そして、楽しい思い出がダイジェストで流れつつ、時はついに中学入学式!

いろいろとすっとばしてませんか!?

なんか気付いたら卒業してるし…

小学生での主な話は竜華との和解(?)で語り尽くしたってことでしょうか。

ともあれ、ついに中学編!

入学式に会うはセーラ!ついに幼馴染メンツがそろった感ですね。

セーラ「僕と付き合ってくれ!」

まさかの、第一声竜華に告白。以下次巻。




これは恒例の勘違い告白ってやつですね。

まぁ、大体は麻雀ってことだと思います。

まぁでも王道は大事だからね。仕方ないね。引きとしても申し分ないし。


ちなみに、カバー裏で、卒業式がちょびっと書かれています。

何気にこの巻あまり目立たなかった葉子ちゃん竜華のお話です。

けっこう葉子ちゃん好きなんですが、本編で高校生葉子ちゃんでないのかな…


とにかくにも、ようやく中学編です。

中学編は阿知賀のときにもちらちら出てましたね。あの時は3年の話でしたが。

そこにつながる一年生からのお話ということで、ある意味ようやく本題のような気もします。

もちろん竜華との話も本題でしょうけどね。


というわけでここまで。(:3ノシ )ヘ







スポンサーサイト



コメント


トラックバック

↑