FC2ブログ

めきめき 怜-Toki- 5巻 感想


ついに竜華の核心に触れるところからスタートです。

竜華と母の確執の原因です。

飼っていた動物がなくなってしまうのはよくあること。

それがそのまま幼少の頃のトラウマになってしまったり、

それがきっかけで他のことが苦い思い出に変わったりとしてしまうことがあるでしょう。

一言でいえば、竜華もそのくちです。

ペットが原因で母との確執ができてしまったようです。

竜華母も子供との付き合い方がわからなかったのか、

「いい子」であることをことさら褒めようとしますが、

子供にとって「いい子」というのは必ずしも自分とって「いい子」ではないんですよね。

もっと、子供の持つ原動力は純粋なもので、

褒められたいとか、かまってほしいとか、そういうものです。

大人が与えるものも大人の価値観でしかなく、子供はモノよりもコトの方が嬉しかったりします。

それが大人と子供の確執になってしまうというわけで…昔は誰でも子供だったんですけどね。

だからこそ大人が与えてくれたそのたった一つしかないものがかけがえのないものになるわけですね。

竜華にとってはそれがペットだったわけです。

それがきっかけで大切なものを新たに作らないようにする。

それが竜華の闇となったわけですね。


そんな中で出会ったのがなわけです。

に惹かれたのも何があったわけではなく、いわばインスピレーションです。ひとめぼれ。

そして、やった行動がストーカー染みてる…


そんな打ち明けを聞いてもは引かずに尚竜華を見直します。

勢いで、今までの麻雀で手を抜いていたこともばれてしまいます。

にしてみれば、裏切られたことでしょう。

人のためと思っていたことも本人からすれば余計なお世話というわけです。

これが原因で、二人の関係も微妙な感じに。

しかし、これがきっかけで竜華に本気をぶつけて欲しいと思う訳です。

そしたらもう、お分かりですね?

麻雀や!

という訳で、葉子ちゃんしんちゃんを加えての本音闘牌へと。

本気を出させるために友達をやめるやめないをかける覚悟を持って挑みます。

その覚悟をみたのか、葉子ちゃん竜華のために本気で打つことにします。

葉子ちゃん竜華に救われた過去があるからこそ、現状を変えてあげたいと本気で打つんですね。

それを受けての竜華の無極天。要するに本気です。

このときに既に使えたんですね。


というところで次巻。

今回は回想メインだったので、短め。



そして、カバー裏は憩さん

本編でもまだ出てないのにここで出てくるんですねw

本編でも早くみたいですね。


というわけでこのへんで(:3ノシ )ヘ






スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑