FC2ブログ

五十嵐あぐり シノハユ 11巻 感想



前回に引き続き島根大会個人戦。

面子は強敵ぞろい。菰沢行長さん曖奈さん、そして、椋千尋

冒頭から菰沢行長さん千尋の回想。

二人のつながりの強さを示してくれています。

そして、この回想に行長さんの能力の伏線が張られています。

直感

来そうと思うものが実際に来て、危ないと思うものが実際に危ない。

本編的な解釈をするなら流れを支配する系の能力でしょうか。

愛宕ネキの超能力染みた読みに近いかもしれません。

それ故、下家は鳴きたい牌が出てこない状態が強要されるようです。

アコチャーとかフィッシャーさんには天敵っぽいですね。

しかし、そんなのをものともしない曖奈さん

鳴かぬなら鳴かせてみようホトトギス。

と言わんばかりに、行長さんを誘導して鳴かせます。

なんという負けず嫌い。

曖奈さんの強みは人への読みと計算力の高さでしょうか。

そして、その読みと計算を使って力づくで自分の土俵に上げる感じです。

千尋を抑えながらもそれを利用しての和了。

なんとも隙がありません。

小学生編から強かったですが、ビジュアル的にあまり強そうに見えませんでした。

しかし、ここにきて曖奈さんの強さがよくわかります。

現在のシノハユ内の中学生では間違いなく全国でもトップクラスでしょう。


曖奈「あなたには潰れてもらうわ」


しかも、想像以上に黒い。優しそうな見た目と裏腹にその本性は強者のそれです。

いいですねー曖奈さん

シノに対して明確な敵意を向けてきます。

この面子の中でもシノというのは、今後更に伸びてきそうだからなのか、

はたまた、一番打ち負かしやすそうだからか。

容赦なくトばそうとしてきます。

その真意は、千尋に親番を回さないため。

シノに本領を発揮させないため。


どうやら千尋が強いのは親での連荘

シノは南塲後半。

いずれも本領を発揮する前につぶすという、この場での全力です。

逆にいえば真っ向からぶつかったら勝てないかもしれないということなんでしょう。

シノはやくも持ち点1500と絶体絶命。

なんとも電光石火。咲史上こんなに早く主人公ピンチは初ではないでしょうか。

シノハユだとこのまま負けてしまう展開も十二分にあり得るのでなんともいえません。


容赦のない曖奈さんのリーチ。

リーチするということは、ツモればトばせるという自負でもあります。

行長さんもリーチ。

千尋も臆せず聴牌。しかし、聴牌崩しからのまた聴牌という不可思議な流れ。


「鳥瞰」


団体決勝で開花したもの。

それは、どうやらシノの能力の一つだったようです。

俯瞰して物事を見る。そして、それは卓の上に限らず外の世界も見れるようです。

未来視と同じ感じでしょうか。

そこには、今まで闘った同世代の相手や知り合い見たことのない人も。

一般通過すこやん

一番ヤバい人ですね。

しかし、この頃はまだ麻雀やってなかった気がするので、

自覚してはいなかったものの、その後を見越してたシノはどんだけでしょうか。


鳥瞰にて状況を分析したおかげで、見事他面子をかいくぐり和了します。


これには千尋も認めざるを得ないようです。

曖奈さんをしてあまりの成長速度に計算にズレがあると思わしめました。


曖奈「誤差…修正しないとね………」


シノの窮地の脱出に杏果は何を思うのか。顔が写されないのがなんか想像を掻き立てます。

悪い方向に…。


一応窮地は脱したものの、次は千尋の親番。

本当の地獄はこれからだ…。

とんでもない速さで和了る千尋

ダブルリーチをかけずに和了。

千尋の力を目の当たりにしても、3人は臆しません。

尚も安く和了する千尋


曖奈椋千尋連荘は相手の思考を単純化させる」


安手だからいいや。それが命取りになるというやつですね。

どっかで見ましたね。ええ。本編でのテルー連荘の開始のそれです。

止めるためには速さを意識しないといけないし、

良い手がきたら安手に対抗しても作りたくなるという思考の指向を逆手に取ったものです。

しかし、そんな状況でも自分を曲げない曖奈さん

よく言えば自分の長所を知っている。悪く言えば我が強すぎる。

しかし、それでも通ってしまう。

というのも束の間、ついには捕まります。

どうも、千尋の能力の制限は点数が上がり過ぎることにあるようです。

安手なら連荘は可能だけど、安手よりも少しでも高くなると効力はなくなるようです。

それを看破する曖奈さんはやはり読みがすごいですね。

そして、先ほどのシノの絶対絶命のときの聴牌崩しの聴牌の一部の理由すら看破しています。

千尋も3人を認めるからこその全力宣言をします。


宣言通り千尋連荘は止まりません。

安いのは確かですが、塵も積もればです。

なんとか直撃がないのでシノも首の皮一枚でつながっていますが、

このままいけば間違いなくトびます。

脱出する糸口は、和了形を手配から想像しにくい形に導くこと。

シノ雫部長千尋に勝てると進言していたのはここに由来するようです。


行長さんは直感に従うので危険なら攻めない。

曖奈さんは我が強すぎて自由奔放。

止めるなら誰かが周り道をしてチャンスをつかむしかないのにそれができるのがシノだけ。

ところが、止めたのは曖奈さん

常は一辺倒な思考と思わせておいて、ここぞというときに変化をさせて和了るという食わせ物。

能ある鷹は爪を隠す。まさにその通り。

なるほどシノの天敵足り得るわけです。


連荘は止めたはいいが、相変わらずシノには危険な状況。

それも、先ほどの1500を下回る300という状況。

崖っぷち。


残り300で思いを馳せるは、母がいなくなった日。


以下次巻。


むーん。窮地がここまで続くのは初めてですかね。

しかも今までにないほど追い詰められている。池田状態。




しかし、能力を使うようになったシノ

の頃のシノの強さというのを見てみたいですね。

日本一の火力詠さん、牌のお姉さんはやりんに並ぶくらいなんですから相当ですよね。


表紙のシノの羽も能力開花の示唆なのかと思います。


しかし、ほんとシノには幸せになってもらいたい…



というわけで今回はここまで。


ではでは(:3ノシ )ヘ








スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑