FC2ブログ

小林立 咲-Saki- 19巻 感想



前回の衝撃的な展開から。

天和に至るまでの部長との積み重ね。

優希の思いが結実します。


今までの優希であったならこの辺で終わっていたのでしょうが、

決勝での優希は一味も二味も違いました。

続けざまのダブルリーチ。

ガイトさんに阻害されても、尚和了ります。

次本場は速度を活かした鳴きで和了ります。


ここで、流石に格上に止められるかと思いきや、

出てくるのが阿知賀のドラゴンロード

テルーガイトさん優希の東場支配力の中でもドラを維持しつづけてます。

咲さんですら、テルーの支配力を凌ぐドラ支配力に驚いております。

どんだけ強い能力なんでしょうか…

このときテルーが感じてたってのはなんでしょうかね?

阿知賀特有のバフなのか、それともシズのように別能力なのか。


この時点でも結構な番狂わせです。

一位清澄。二位阿知賀。

この世界的にはダークホース二校にトップ二校がやられてるんですから、さぞ盛り上がってることでしょう。


親番を止まられたとはいえ、ここでもまだ優希は引きません。

東場である限り優希は止まりません。

遂には高校生一位と三位が結託して、

東場を流そうとする始末。

優希「日本1位と3位が小細工すんなだじぇ…!!」


「先鋒の片岡優希は私そのものみたいなものなんです」

優希ちゃんは『私たち』なんだ」


この言葉が優希を更に後押しします。

一年トリオの絆が見れる一幕でいいですよね。


いよいよ東四局。

優希は初っ端からスピードが落ちたものの2向聴。

クロチャーは、普通であれば3向聴なものの、

ドラを引いてこれるというアドバンテージのおかげでいい配牌。

そして、結果的に全員が聴牌し、察知したかのようにノーリーチ。

そして、制するは阿知賀のドラゴンロード

ツモに対して能力的なアドバンテージがあったのが勝因といったところでしょうか。

二回の和了で役満以上の得点。恐ろしいです。

準決勝でのクロチャーの打つ手のなさからは打って変わっての活躍です。

それもこれも、ドラを引く速度が上がっているのと、

有効牌がドラな配牌が多くなってる
ことが原因のようです。

果たしてこの成長は、レジェンドの思惑通りということなんでしょうか。

だとすると、すごいぞレジェンド

指導者として最も力を発揮する人ってことですかね。


東場最後は遂に、動き出したガイトさん

他の人の能力に振り回されず、隙を窺いつつ決めるところは

確実に決めていくスタイルは堅実の一言です。

能力はないっぽいですが、地力と臨機応変さでいえば間違いなく、

日本一といってもいいのではないでしょうか。


遂に南塲突入。

優希の正念場。

牙を向く三年生勢。

テルーの初和了は5~6巡目が平均という。

それ以降の和了に比べたら遅いみたいですが、それでも割と早い…

優希はそこらへんを見越しての初手オリをしつつ、堅実にしていくものの、

3年生二人に、ドラ爆相手には凌ぎきれません。

攻勢にまわって自分で止めるという手が一番かもしれませんが、

優希の地力では他を上回れないと踏んでのことでしょう。

そう考えると、いまの優希は能力とそれを使いこなすことで渡り合っている

非常に危険な状況ってことですよね。

3年とかになって地力が上がってくるとまた違うんでしょうか。


ここまでテルーの見せ場はまったくなく、

チャンピオンらしからぬ展開でしたが、ついに動き出します。


恒子連続和了の最初はどうせ安いんだからそんなに警戒せずともいんじゃないですか?」

健夜「1回でも和了られてしまったら 惨禍の幕が開く――」


惨禍の幕。

ひどい言われようだ…。でもそうとしか言いようのないのがすごい。

こう見ると、テルーに勝つには、

日本一相手にやきとりを狙いにいくしかないという無理ゲーとしか思えない仕様です…。


なすすべもなく4連続和了

しかし、5連続目。今までと明らかに異常な見逃しからのツモ。

各校ブレインも戸惑うばかり…

ギ・・ギギ

「気をつけて……そのお姉ちゃんは恐いよ…」


7連続和了

準決勝でこの連続和了を止めたのは他面子での連携があったからこそ。

未来視と臨機応変な状況判断による連携。ドラによる縛りからの虚をついた一打。


智葉「ここに荒川憩がいれば一発で連続和了がとまるんだが」


ガイトさん憩さんをどれだけ認めてるんでしょうか。

3人がかりだったのを、一人で止める憩さんも中々のバケモノですよね。

それか、単にテルーに対してメタ的な能力なんでしょうか。

ゲーム仕様で考えると、和了されるほど自分が和了しやすくなるってことですから、

それも頷けますけど、本編では果たして。


更に咲さん情報だと8回目が決まると9回目も決まる、

新道寺のコンボのような能力という…。

その力も白糸台先輩栞さん曰く、去年の秋からと最近昇華させた能力っぽいですね。

そうこうしてるうちに8連!


「とめる…ッ!!」


なにやらクロチャー止める手段がある様子。

の描写といい、目の表現といい、新たに昇華させた能力でしょうか。

準決勝のように、ドラを捨てる覚悟をすることで限定的に和了できる感じでしょうか。

もちろんドラ捨てた後のリスクもありきでしょうけど。


ギ ギギ


「ツモ」


九蓮宝燈……!!


恒子宮永照!ここに死す!!」


ここの一連のテルーの能力見開きと、各人の驚きの表情カットの流れが素晴らしい。

これが曰く、ギギギというやつなんですね。

どうにもギギギはツモ縛りで連続和了9回目に発動する限定的なもの。

とはいえ、そもそも連続和了できるのがヤバい。

つまり、ギギギ連続和了は別能力で、連続和了をブーストさせるとギギギにつながるって感じでしょうか。


ここまで最高得点に入った、テルーの点数ですが、

このあとはどうなるかはまだ作中描写されていません。

ガイトさんの読みでは、また同一の点数を出して、ようやく次局で下がるというようです。

つまり、トップに入ったら次局も役満クラス。

二回役満和了ったら普通はそこで心折られる点数差…。

普通に打ってたらトんで終わりです。

しかし、ここで他の三人が遂に結託!

優希が積極的に鳴いて手を進める。

クロチャーも前回の局を振り返って、下家として、テルーのツモを飛ばすことに終始。


優希「ようやくお気づきになられたようですばらだじぇ!!」


未来視はなくとも流石のガイトさんの振り込みで事なきを得ます。

しかし、テルーの手牌を見ると…。ガイトさんの読みは当たっていた様子。


前半戦最終局になって、ドラ以外は場も落ち着いて来たところで、

ガイトさんの本領発揮。


前半戦終了。


といったところで今巻はここまで。

怒涛で濃密な前半戦でした。

前半だけでも全員が活躍するのがいいですよね。

点数だけみると大分偏りはありますが、

能力を維持した上でのそれぞれの闘いがうまく描かれてます。

後半戦は、ガイトさんが爆発するんでしょうか。

クロチャーもまだ捨て身の一手が残ってそうですし、

優希京太郎の俺史上最高タコスが待っていますし、

テルーを3人で止めつつ誰が出し抜くのかわかりません。

しかし、東場は優希を結託して止め、後半はテルーを結託して止めるという展開になるんでしょうか。

テルーすばらの連携をやってみたいと言っていたのは頂点に立つが故のジレンマだったんでしょうね。




こっからはサイドに焦点。

菫さんに嫉妬?しまくり。

菫さんはコミュニケーションを積極的に取らなそうですからね…

今まではテルーの話し相手が菫さんぐらいだったものがちょくちょくちょっかいかけてくる相手ではなんとも。

そして、白糸台といえば先輩たちがまた出て来てくれてうれしいですね!

回想意外での本編は初なので、実質初登場。

ルネさん栞さんはハートビーツ大宮入ったんですね。

しかも、ルネさん地区大会ではテルーより稼いでたMVPとか。爆発力すごいんですね。

先輩陣の闘牌も見てみたい。

先輩陣といえば、カバー裏の掛け合いもなかなかです。

そして、テルーのお菓子モードポンコツかわいい。

SDテルーって初ですかね?見た目完全咲さん。流石姉妹。



後は、ふくすこの掛け合いが相変わらず面白くて安定してます。


というわけで今回はここまで(:3_ヽ)_






スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑