fc2ブログ

めきめき 怜-Toki- 10巻 感想



府大会の続きの10巻。

前巻で藤白さんの過去も見えて、いよいよセーラ達へとつながっていきます。

そう、二回戦で千里山と当たるのは藤白さん率いる北野中。

昨年準優勝の桜花女子中はカバー裏でも出てた城阪さん

流石の実力を示していきます。その様子をちくちくと小言で見定めるのは藤白さん

いつものパターンといった感じ。しかも、その城阪さん当たり牌見逃しで和了る、いわゆる能力持ち。

自分と結ばれる縁(牌)を見定める能力。ちょっと婉曲で分かりにくいですね…

そして、それをすでに調べ上げている藤白さん

どうやら、藤白さんはその見た目にそぐわず事前の情報を事細かに調べる打ち手です。

しかも、盤外戦術で揺らすためなのか、性格を見極めるためなのか、

麻雀以外の周辺情報まで調査するという徹底ぶり。

しかも、それを手伝っているのが部員達でその様子からもかなり慕われている存在なのがわかります。


藤白さん「理解した」


様子見からしばらく藤白さんの能力というか領域が発動。

イメージの表現的に照魔鏡のような全体プレイヤー効果系の感じなんですかね?

しかも、城阪さんのカウンターを取った直撃。

狙ってやったというのはわかるんですが、相手の打ち方を把握して誘導して振り込ませるって能力なんですかね?

今のところ相手の心理的に崩れやすいところをついてからの挙動は把握してるんですが、

その崩す仕掛けがなんともわかりにくいですね。

城阪さんは見逃したら和了れるという心理的安心から実行してきましたが、

それが一度でも崩されると疑心暗鬼になってしまいます。

もはや術中にはまったという感じで、この後の泥沼が予想できます。

更に、城阪さんを直接せめて行くのではなく満遍なく他家をはじきながら心理的に追い詰めていくのはエグいの一言。

そしてそれに目をつける雅枝さん。中学の時に既に目をつけていたんですね。

この先鋒のきっかけとなったのが、藤白さんが屋上で出会った眼帯の娘。

名前すら出ていませんが、この娘も何かしら麻雀に関連してるんでしょうかね?

プロの娘とか親戚とか。

そんな中淡々と局は進み、オーラス。最後まで室戸先輩は果敢に挑むも無情にも藤白さんの圧勝。

そして、ついにセーラ藤白さんを捕捉!

そのままの勢いで府大会は北野中の優勝で幕を閉じます。

セーラは再戦を誓い、竜華も協力を惜しみません。

ただ、セーラ竜華藤白さんと卓を囲むのに反対のようです。

竜華はさらに無極点なのかなんなのか藤白さんの本性を見抜いているような感じです。

ついに、セーラ藤白さんが再び対峙し、いざ次巻!


藤白さん編も次巻で終わりそうな感じですね。意外と長かった。

高校の主要人物も出そろったので、この後は中学の後半で阿知賀のときの回想につながってく感じですかね。

それはそうと室戸先輩の、ユーフォの黄前ちゃんみたいな髪モフモフ癖かわいい。

あれはなんていうんでしょうかね?髪をクルクルする癖の一種ですかね。

ということでここまで。では(:3_ヽ)_




スポンサーサイト



五十嵐あぐり シノハユ 16巻 感想


16巻。全中個人決勝が決着します。

戒能(姉)の能力が少し判明します。

他家の欲しい牌を二つずつ抱え込めるというもの。

シノの鳥さんですら抱え込まれてるので、現時点で能力的にはこっちのが上なんでしょうね。

一方シノは二つ取られてもいいような打ち回しで反撃。

しかも、最初から暗刻で手に持っていた場合は発動しないというのを逆手に取った、

嶺上開花からの金鶏独立

さらっと、能力に対応してしまうのがシノの怖さですね。

シノは、観客の多さと、ラス前・オーラスの局でバフがかかるのもあって、

かなり有利に立ち回っています。

オーラス、実際シノは先制テンパイしますが、峠岡さんもテンパイ。

星野さんは大三元の一向聴。さらには戒能(姉)もテンパイ。

そしてシノの手番で、戒能(姉)峠岡さんの当たり牌をつかんでしまう絶対絶命の状況。

ここで、シノのもう一つの能力。鳥瞰の発動。

鳥瞰はかなりの精度で危険牌を見抜けるようですね。愛宕ネキクラスですかね…

三連続で当たり牌を引くもテンパイを拒否してでも振り込まないシノ

ただ、オリたわけではなくまだ前に進んでいる様子。

シノが再びテンパイに戻し、全員がテンパイ状態のめくり合い状態に。

シノ「ツモ」

当たり牌や残り牌の数的に圧倒的不利だったにもかかわらずもそれを跳ね除けツモるシノ

シノが見事に全中王者に輝きました。

シノが能力をフル活用していたことからも全力を出し切ったのがよくわかる試合でした。

そして、何よりシノが自分の能力をほぼほぼ使い来なせるようになっているのがわかります。

これが大人シノのすべての能力かどうかはわかりませんが、

シノが咲時代でも最強格というのは納得ですね。

鳥瞰に自在に状況を確認でき、鳥さんによりツモも良し。そして、何より能力に対する冷静な判断と臨機応変さ。

とびぬけて強い能力があるわけではないですが、すべてが合わさると強いというなんとも麻雀らしい感じですよね。

この年は団体・個人ともに島根が勝つという異例の事態。

しかも、一年で全中制覇は当時初という。

本編では長野は魔境みたいな感じですが、この当時だと島根が魔境って感じですね…

全国に知れ渡ったシノですが、母に会う目的は達せず…

ただ、周囲は我が事のように盛り上がっています。

カンナカンナで変なプライドが邪魔して、日本代表陣がシノに会いたがっていたことを言い出せずにいましたが、

翌日になってようやく伝えられました。複雑なんやろね…

まぁそんなこんなで島根に帰ってきたと思ったら、今度は日本代表陣が島根に。

そんなことも露知らず、シノはやりんにマネージャーから話があるとのことで呼び出されていました。

驚きの声を上げるその内容とは…!?


ということで次巻。

そういえば、修行中のカンナについに地獄耳の伏線回収が!

現日本最強の神之浦さんの師匠が地獄耳を活かした打ち方をしているそうな。

カンナが次のステップに行く足がかりになりそうな感じです。

中一でトップになったシノですが、残りの二年はどんな話を展開するんでしょうか?

シノはいったん区切りにして、カンナはやりんなど周りの成長の掘り下げでしょうかね?

マネージャーの提案は何だったのか気になりつつ次巻を待ちたい思います。



ではでは。(:3ノシ )ヘ




小林立 咲-Saki- 24巻 感想


中堅戦も終わる24巻です。

表紙は栞先輩。もはやプロポーションがコワイ…本編とは関係ないので単に描きたかったのかな?

中堅戦後半戦は、今まで伏線を張っていたたかみーのラス親が確定。

の発言から、親の連荘でもハーベストが発動するっぽいです。

公式記録にはないので他の面子は当然わからないですが、

最悪を想定することで結果的に1対3の構図になります。

つまり、最短でラスまで行くこと。

点数云々の対局ではなくなっています。

まぁ、そうしないと役満連発で全トビも有り得るので致し方なしといった感じですけど…

そういうゲームじゃねぇから!

他に能力者がいたらこれもラス配牌阻止できるんですかね?

ラスしか発動しないという制約で強めの能力なんでしょうか?

閑話休題


部長「いったぁぁ~~~~っ!!!」

部長の右手の痛みがぶり返してきたようで、部長的には闘牌どころではない感じ。

そんな様子から長野他校の人たちも異変に気付いたようです。

次々とたかみー以外が和了って行く中で、たかみーの表情も渋い感じです。

さらには、の発言から更なる罠?が仕掛けられている様子。

そう、ミョンファ風牌コントロール

たかみーの配牌に風牌を入れさせないことで一打目に捨てるのを防いでいます。

これにより、国士が狙えず、さらには九種九牌の確率減で連荘も狙い難くなります。

いや、気づかないよ!

風牌コントロールできるのは名言されてますが、メリットが少ないので選択肢に出てこないです…

大三元の可能性も視野に入れるとやれるとしてもやるかな…?

それに早くから気づいただ…


そこからは部長の速攻独壇場。

といっても、実際のところ和了るのはでそれを部長が一点読みのアシスト。

もちろん、裏でミョンファが能力で支えてるのもあるでしょうが。

部長部長で痛み最大。意識が飛ぶくらいってけっこうヤバいのでは?

そんな中部長は自分の状況を客観視します。

自分は悪待ちで状況が好転するのではなく、状況が悪いと

部長「自分ががんばる……!!」

つまり、状況が悪くてもそれをはねのける努力をすることで好転してきたということですね。

今までの積み重ねが能力ともいえるものに昇華されたんですね。

悪待ちだといい」というのは能力だよと言われてしまうとそうなのかと思う反面、

腑に落ちないところもありました。

ただ、今回の話でやはり能力の裏にはそれを起因とする要素があるというのが

すごく納得のいくところにおちました。

ドラもそうでしたが、他の人の能力もまだ明かされていない原点があると考えると、

闘牌で過去が掘り下げられ、回想にいくのも作者なりのロジックがあるのを考えさせられます。


そして、オーラス。

ハーベストタイム発動。

たかみー根性の連荘。

どうやらラスでも一打目配牌の追加は継続のようです。

ただ、たかみーの捨て牌を見るに一打目をどうするかよりも、

とにかく和了ることに重点を置いた打ち方のようです。

実際、内心は和了れてほっとしてたようですし…

けっこうポーカーフェイスですね。

二本場、たかみーの先制リーチにミョンファのダマテン。

部長の連携で両方の和了りつぶしつつ、が和了って中堅戦終了。

点数で見れば臨海が荒稼ぎした結果になりましたが、内容的にはが善戦していたように見えます。

その実、中堅戦全体をコントロールしていたのは部長でしたし、なかなか見応えのある闘牌でした。

部長もようやくメンバーに骨折のことを打ち合け、

新部長に後を託して退場します。


はここでと会話をしてお互いの健闘を称え合います。


そして、ついに副将戦。

一局目からすでに"おはようのどっち"です。

レジェンドの教え子という観点からは同門対決として意識しているようです。

の回想へ。

の麻雀を始める原点。元牌のおねーさんこと真深さんとの出会い。

そして、阿知賀へ。


と、今回はここまで。真深さんがまさか出てくるとは。

はやりんといいといい麻雀界のアイドル的存在の原点になっているのはもはやレジェンド。


さて、今巻なんですが、個人的には結構良かったです。

なんといっても、中堅戦中に部長悪待ちだけではなく努力も含めて結果につながることに気づいて和了った時、

部長炎のエフェクトが微かに描かれています。

今まで炎のエフェクトは能力や雀力が発揮されたときに描かれていた印象があります。

つまり、ここで部長は雀士として何か開眼したのではないのではないかなぁと考えています。

ちなみに、中堅後半戦が始まる前に目の中に炎を宿していたのもその前兆だったのかと思います。

この後、部長が麻雀で何かを為していくのかどうかはわかりませんが、一つの人生の分岐点ということがわかります。

そう考えると、全国アフターの楽しみが増えますが、やるならサクッと短めで語ってくれるとありがたい…

さすがに全国終わるまでで結構長かったですからね…その後の話は知りたいけど、サクッと短めで…


あとは、部長のコミカルな表現が目立ちましたね。かわいい。


ということで、ようやく副将戦。

次々巻ぐらいにはようやく決勝ですかね。

というわけでここまで。

ではでは(:3ノシ )ヘ



↑