fc2ブログ

咲-Saki- 22巻 咲-Saki-阿知賀編 8巻 シノハユ 14巻 怜-toki- 8巻 染谷まこの雀荘メシ 2巻 あんど 特典

saki_main103.png
お久しぶりでございます。

咲シリーズも増えた故、なんだかんだで5冊ぐらい一気に刊行されるのが当たり前に感じる今日この頃。

今回は、前回のとき話題に挙げた咲のFF14が初刊行です。


が、今回見送りです…なんかもうよくわかんなくなるのであまり手を広げすぎたくないというのが本音…

せめて本筋と関連ある外伝とかならね…主役はどっちかというとFF14っぽいですし。



本編。次鋒戦の続きです。

まこが長い連載の末ようやく活躍します。

菫さんが影薄くなってるっていう感想をちらほらみたんですが、

個人的にはそんなことはなかったですね。

シャープシュートみたいな派手な技は決まらないせいで、強者感薄らいでいるせいかなと分析したり。

今巻で次鋒戦も終わり、中堅戦です。中堅戦の駆け引きが何気に楽しみ。



阿知賀。

視点なので、がどういうことを考えながら打っているかがわかります。

準決勝より、精神的に成長しているのが感じ取れるのがいいところ。

視点が変わるので、闘牌を見せる部分も変わってるのがちと新鮮で別視点というのがわかりやすいです。



シノハユ。

旧友と交流を深めながらの全国大会です。

ぶっちゃけ丹ちょこ巻です。

なんで、あんだけ丹ちょこが急激に仲良くなったかの掘り下げをしてくれています。

まさかここで掘り下げるとは思わなかったのでかなり意外です。

大会的には主人公側は全く参加していない巻なので、

ある意味日常回?



怜。

ついにフナQが本格参戦。

愛宕家とフナQの関係の掘り下げがされています。

さすがに、阿知賀の後に描かれただけあって、

この流れで阿知賀時の関係性とつながるかちと疑問点は出ます。

が、そこは目をつぶって、展開としてはかなり面白いです。

今回、新刊の中で一番おもしろかったの怜ですね。

というか、尻上がりにどんどん面白くなってる気がします。



まこメシ。

咲日和のような日常感なので安心して見てられます。

ていうか、めきめきせんせほんと絵うまいな…

そのせいで、深堀さんがちょっと絵柄から浮いてるのもなかなかに面白い。



昨今未完の物語も出てきてますので、ちゃんと咲は完走してほしいなと思う次第。

シノハユや怜は安心して見られるんですが、本編がちょっとハラハラなので、

一気に畳み掛けるか、予想を上回る熱い展開を期待したいですね。

というわけで細かい感想はまた後程。

んでは(:3ノシ )ヘ



スポンサーサイト



↑