FC2ブログ

五十嵐あぐり シノハユ 6巻 感想




さて6巻です。

前回で一区切りした感じですが、

今巻からついに中学編が始まります。

なんだかやっと感じもします。

とはいえ、今巻の前半は小学生編最後のお話になります。


特にこれといった感じのお話ではなく、

皆さんも経験したことがあるような

残り最後のモラトリアムといいますかなんといいますか、

当たり前に過ぎていくもののそれがふと終わってしまう

そんな印象を受けます。

今巻の半分はそれなんですが、

なんというか密度的にはあっという間に

中学編にいってしまった気さえしますね。


ちなみに、最後の小学生編でのお話は、

大会が終わっての残りの夏休み、

修学旅行、その後は走るように冬、卒業式と続いていきます。


前回、ナナさんとすれ違いの結果になったシノですが、

ナナさん側のお話もちらっと出てきます。

ニーマン魔法?とやらでどうやら記憶を操作されているような感じです。

てか、何でもありですね…最近の咲の能力はほんとに…



そして、ちょっと以外だったのが、

はやりんが中学からシノたちと一緒の学校になったところでしょうか。

てっきり高校にて合流する感じかと思ってたんですが、

思いのほか早かったですね、

逆に以外だったのは、ユエとは中学で一緒かなと思ったんですが、

そうでもないようですね。


試合後の夏休み中にシノ会話があるんですが、

あの大会後もしっかりと交流があることがよくわかります。

そして、相変わらずのニワチョコだったりと、

ここで高校生につながる人間関係の礎がほとんどできているように思えますね。

阿知賀のときもそうでしたけど、

新しいところで新たに、というよりは

昔のつながりを大事にして、

重要部分の高校を描くという感じですね。


本編は家族に焦点を当てて、阿知賀は友達に焦点を当てて、

片やシノハユは家族と友達両方に焦点を当てるという感じですね。


すいません、ちょっと脱線しましたね。



修学旅行の談では、シノが髪を伸ばすきっかけについても

ちらっとふれられます。

日常のお話をやっててその中に今後に関わる理由とか

そういうのがちりばめられているのが、

リアルという言い方はおかしいかもしれませんが、

共感が得やすいですよね。

どうしても漫画的には一気に伏線をちりばめて、

後で要所要所で一気につんでいくというのが

多いのですが、こういう漫画展開はいいですね。

もちろんシノハユだからというところもあるでしょうし、

漫画的にこんなにゆったり描けることってそうそうないでしょうからね。

いやほんと、シノハユはそのときの情景と流れが楽しめる漫画ですよね。






さて、再び脱線してしまい申し訳ありませんが、ここからようやく中学編です。

中学編は部活に改めて入るところ、そして、

今までは先輩という存在がなかったのですが、

初めて先輩という存在が出てきます。

今までのシノハユでみればけっこう重要なファクターかもしれません。

さらには、顧問の先生というところまで出てきて、

今まで、自分の思うとおりにだけやってきただけとは違う、

上の関係をもった生活がスタートするという導入になっています。

小学生のときにも経験はあったでしょうが、

それは先生というある種特殊な存在と、

先輩といっても小学校低学年のときにみた先輩というだけで、

中学の少し前まで、つまり小学校高学年の経験として

ほとんどないんですよね。

そんな中とまどいも覚えつつ、

いろんな考え方の年上がいるということが見て取れます。

先生についてもそれはそうで、

今までは無条件に勉強以外でも助けてくれる存在だったわけですが、

中学の先生というのはある程度の部分までしかみてくれない、

いわばちょっとドライな立ち位置になっています。

私にしてみれば、けっこうそんな印象を受けていたので、

この雰囲気感というのは非常に読んでいて共感を得た部分でもあります。

他の方はどうなんでしょうか?


まぁそんなこんなあり、

シノも中学の部活に順調に馴染んでいるようで

ここの部独特のポプ麻にもすぐ慣れたようです。

てか、ポプ麻ってなんでしょうね…

私の覚え違いでなければ、ここで初めてシノが両利きという情報が出てきます。

なんというかシノは素でIQが高そうですよね…

そして、もうちょっとお話が挟まるのかおもいきや

いきなりの市大会です。


ここで今の本編とのルールの違いが出てきます。

本編でのルールは、「今年のルールは特殊な子たちを探すようなルール」

と触れられていたように、前年は違ったルールだったことがわかります。

つまり、もしかしたらですが、前年までのルールというのが

このシノハユで説明されたルールなのかもしれませんね。

いろんな人が言ってましたけど、オーダー固定はやっぱりちょっとしんどいですよね。

シノハユルールみたいに交代できる要素があると

けっこう想像の予知がもっと広がったかもしれませんね。


そしてページ跨いだらもう大会。

さらにページ跨いだら、先鋒終了。

異例の早さです。



しかも、ユエカンナを飛ばして終了です。

一体ユエになにが…ってところで次巻に続きます…


この引きは卑怯ですねw

すごく気なる。

前振りの段階ではいきなりユエのいる万原中かーと思って、

しばらく面白い駆け引きあるのかなと思ったら即落ちでした…


確かに、全小のときにユエは悔しそうにしてたので、

成長フラグだなと思ってたんですが、

なんというか絵だけでみるとダークサイドに落ちた感じになってて

中学編も一波乱どころではないというのが予想できます。


てか、またカンナ噛ませになるのか…




いろいろありましたが、そんな感じです。

いつもは最後にまとめの感想みたいな構成で感想書いてるんですが、

今回は途中途中でまとめの感想っぽいこと書いちゃったのでこれにて終わりです。




それにしても、新しくできた中学の制服を見せるシノかわいい!






それでは今回はこのへんで(:3ノシ )ヘ



スポンサーサイト

小林立 咲-Saki- 15巻 感想




15巻でっす。

表紙は「誰だコレ!?」と思ってしまったんですが、ネリーですね。

制服着てるシーンなかったのでまったくイメージなかったですね。

てか、やっぱり制服は着るんですね…

てっきりあの衣装は留学生特権なのかと思ってましたよ。

ハオとかミョンファの制服姿もいいですね…



さて、ついに、準決勝大将戦。

ついにここまできました。主人公の登場です。

咲さんいきなり裸足になって臨戦態勢。

末原さんは早速の咲さん対策で、

咲さんカンをずらします。

咲さんの能力は今まで嶺上開花に重きを置いていたようにも思えたんですが、

その実、カン材の位置の把握と王牌の把握というところがメインに

思えてきましたね。


も序盤から躊躇なくせめていきますが、

と横からかっさらっていくネリーの強者感!


の能力はカムイ

はアイヌ神話の天地開闢(国が出来上がった神話)の五色雲にちなんだもの。

カムイは、アイヌ語で神格を有する高位の霊的存在のこと。(by wikipedia)

つまりは一種の神みたいなもんですね。

はある一種の牌が来やすくする効果を任意の相手に仕掛けられるようで、

カムイはある一定の効果を保有する類のもののようですね。

ちなみに、末原さんに使ったパコロカムイとは、漢字でも書かれているように

死に関係するカムイのようですね。

もっと正しく言うと、疫病のカムイのようですね。

パヨカカムイ(歩くカムイ)とも言われていて、

歩いた後には疫病が蔓延するようです。

基本アイヌのカムイは人に害さないんですが、

その中でも珍しく人に害するのが目的のカムイのようですね。






たった数局で一体いくつカンが出るのやら…

今までは「また咲さんか…」ぐらいにしか思ってなかったんですが、

今回は狙ってネリーが出してきたり、

末原さんがつかまされた挙句使い切るために

カン、もいっこカンをしたりと全体でカンしまくりです。


の親番。出し惜しみなしでとにかく能力を使っていきます。


「ここにタケノコニョキニョキしちゃうんだよね」


けっこう親しみやすいキャラですね(゚ー゚)


続く親番、数に限りのあるはずの能力を二つも使います。

アッコロホヤウ

ホヤウは近付けば、人間に害があるカムイなんですが、

一方で疫病とかから身を守ってくれるカムイでもあるようです。

そんなことからカムイは同卓の干渉から自分を守ってくれる存在なようですね。

一時的とはいえ、ネリーですらその効果を打ち破れなかったところを

見ると相当な強さであるのが伺えます。

ちなみになんですが、ネリーのあの目の炎は能力(ツキ)を表してたんですね。

ホヤウ中は炎消えてましたね。

一時末原さんの目にも炎が灯っていたのは、ツキが来てたという演出でしょうか。




アッコロは全てを赤く染めるというところから、

手牌や河の牌、果ては山まで赤く染めてしまうようです。

ここでの赤とは萬子のようで、この力を使うことで

数え役満にもなりました。




しかし、前回の試合とは違い、ここで圧倒されるだけの末原さんではありません。

自分が培ってきた早和了を信じてひたすらに和了ります。

特別な能力がないが為の奮闘がけっこう読んでる側にも響きますね。

そのまま前半戦は終了となりました。



後半戦も末原さんの能力封じというか能力避けは咲さんには効いているようですが、

ここで、合宿の時の伏線ネット麻雀が活きてきます。

能力に頼らず普通に打つこと。

てか、咲さんは今まで普通に打ったことがなかったのか…

そんなこんなでネリーから和了する咲さん

清澄の控え室では、準決勝では初めての振込みとなったネリーについて、

部長がどうにも引っかかるようで…

この隙がネリー打開の鍵になるんでしょうか?



変わっての親番。

手牌に風牌が集まってきたタイミングでフリカムイの発動。

フリカムイは巨鳥で、羽ばたきの突風がすさまじいものなんですが、

それが転じて風を呼び込む能力のようですね。

しかし、そんな中でも咲さんの曲げられないもの。

嶺上開花

ようやく主人公らしくなってきました。

の能力を片目に本来の咲さんらしい打ち方です。



そんな中ところどころで、ネリーの策略が見え隠れします。

確かに今までそんな大きな和了とかはなかったわけでした。

ネリー自身も手を抜いていたわけではないといっているように

ネリー自身の特殊性がなせるものだったようです。

ツキの流れをみて、ツキを味方につける。


ネリー「1(エルティ)」

ネリー「2(オリ)」

ネリー「3(サミ)」


ぞくっとする三連荘であっという間に準決勝終了です。

このネリーのラスボス感ぞくぞくしますね…。

ここの表情がまた素晴らしい…



試合後全てを見透かしていたかのようにネリー

対戦相手ひとりひとりに声をかけます。

はまだカムイを残していたようで、

なぜ使わなかったのかを尋ねられます。

ネリーに使えと。


パウチカムイ

淫欲を司るカムイ

あっ…


ネリー「ふひゃっ」


さっきのシリアスとこのギャップよ…

世界大会には相手の腕をしびれさせるのもいたとか…

なにそれこわい

それと比べるとはスポーツマンシップがありますね…


カムイは局は関係なく、時間制限・回数制限があるようですね。

に関してはリキャストタイム、

カムイに関しては地元からまた連れてこないといけないようですね。




そして、シズがナチュラルにラスボス感出してきましたね。

5位決定戦というエキシビジョンもあることがここで初めてわかったりして、

最後にいろいろ情報が詰まっていたように思います。


咲さん全部ゴッ倒せばテルーが振り向いてくれると思ってたりとか

するところはなんか怖いですね…


そして西田さんが宮永家出生の秘密を暴きにいって、

焼け落ちた宮永家を見つけるという

衝撃の幕引きで次巻につづく…!






ちなみに、神使い(?)の戒能さんの解説が間に挟まれましたけど、

なんでスーツで谷間出してるのこの人…が出てきて、

「なんでスーツで谷間出してるのこの人…」っておもいましたまる


それから、末原さんの回想に入ったとき、のよーさん

「くそダサよー」とかいっててけっこう辛らつな娘だと思いましたね…。

回想中の末原さん愛宕ネキの掛け合いもいいですね。


末原「洋榎早く点棒くれ」

洋榎「ええぞ」



次からようやく決勝ですかね?

それともエキシビジョンも描かれるんでしょうか?

準決勝敗退組みの面子もなかなかにキャラが立ってましたので、

エキシビジョンで復活すると思うと楽しみですね。


これから伏線が回収されていくと思うとほんとわくわくですね!




ではこのへんで(:3ノシ )ヘ




↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。