咲-Saki- 11巻 咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A 5巻 特典

IMG_0397_.jpg



久しぶりの咲本編の新刊です!

そして私も久々の更新ですw

すいません…

発売日にアップする予定だったのですが、

仕事やら呼び出しくらうわで書く暇がなかったんですよ…

実は今もあんま時間があるわけではないので

とりあえず大まかな紹介です。






今回は咲本編11巻と阿知賀編の5巻の同時発売ですっ。

特典は、

miyamori_00.jpg


宮守うおおおぉぉおお

やってくれるぜメイトさん!

やっぱり宮守No.1!やっぱり宮守No.1!

姉帯さんエイスリンがいないがまぁよしとしよう。


阿知賀の特典は…

atiga_00.jpg


あっ、ふ~ん…




本編の方の表紙はこれ

eisui_00.jpg


知ってるか…この二人同い年なんやで…



阿知賀のほうはすばら先輩

shindouji_00.jpg


安定でイイネ。




咲-Saki- 11巻


全国大会2回戦大将戦の続きからです。

すでにここにいろいろ書きたいんですが、

それは次の記事にとっておきましょうw

いやあやっぱ本編楽しいですね~

姫松をけっこう掘り下げていくので

この先の展開の仕方がかなり気になりますねー




咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A 5巻


全国大会準決勝中堅戦オーラスからのスタートです。

こちらはけっこう展開が早く、

大将戦前半東三局まで進みます。

でも、展開が早いからといって

内容が薄いわけではなくむしろ濃いぐらいです。

淡とか新道寺とかもう暴れまくりですよ。

こちらも後ほどの記事詳しく書いていきたいと思います。





それではとりあえず今日はこの辺で(:3ノシ )ヘ




スポンサーサイト

咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A アニメ 第15局 感想

 



第15局「激化」

遂に来ました大将戦!!

3月は忙しかったので全く更新できなかったす…

そういった意味ではこのタイミングで

来てくれたのはありがたいですね。

いやもちろんできるなら早く見たいですけどね(ノ∀`)

というか急に配信が決まったので

見逃すところでしたよ…

阿知賀始まってもう一年ですよ…おお、もう…


ともかく本編行ってみましょう~




今回は中堅戦終了から大将戦前半までですよー。

回想からはじまり。

トキ竜華に依存しすぎです…

これはやばい香りがしますね

トキ「100順先まで見えるようになったかもしれへんな(ドヤァ」

ちょっと何言ってるかわからないですねw


さて、本編灼ちゃんの上がりで副将戦終了!

シズ「100速まで仕上がった!」

アコ「100とかそんなアホな数字で喜ぶのシズだけだよ



「…」トキ「…」




アコの的確な発言である。

アコ「シズも制服着て試合しなさいってこと!」

訳「私の制服着ろ」

こ、これはアコチャー確信犯ですよね…?

そしてご満悦アコチャーである。

シズは制服着ると普通にかわいいよね!

でも個性なくなるからたまにでいいよ。

そして、控室に戻るなりレジェンドの胸。

唐突すぎて逆に面白かったw








対する白糸台は

亦野

のオーラがやばい

そして、亦野さん手を抜いていなかったことが発覚。

いやぁ副将戦は強敵でしたね…

自分の保身のために勝ってくれという亦野さん

どんどん小物になっていくでぇ…

ぷにぷにかわいい




千里山の控え室は愛宕監督が一番かわいいという始末。






おまちかね大将戦。

いきなりの能力発動。

容赦ない感じがラスボスっぽくてイイネ。

一期の頃からの周辺に出てた謎の宇宙空間発動。

どうやら自分以外の配牌を悪くする能力

チーム内でもたかみーハーベストタイムでしかやぶれないという

なんという支配力((; ゚Д゚))




そして振り込むシズ

シズ「なーんか一人だけ手が軽いとか卑怯それ~」

いやまったくだw酷すぎるw








東二局、親の姫子の早上がり!

姫子「いかる!」

姫子の声この回からなんかかっこよくなったよね

そして姫子の能力発動!

満貫キー!!



ウヒョー

ここの一連の演出カッコイイ!

たまらんね。








「二向聴!?」テル「やっぱりやぶられている」

の支配の上をいった姫子

でもさすがテルーその可能性にいち早く気づいていた模様。

というのもさっきの控え室の会話で

テル「でも、2回戦で新道寺が何回かやぶってた。」

さすがや。







そして姫子の手がを直撃。

能力名「絶対安全圏」

、やぶられて落ち込むかと思いきや

「イケてんじゃん!新道寺!!」

逆に嬉しがるという。

戦闘民族かなにか?


を持っていない次の局

が当然のように和了る。

そして問題の東三局。

またしても姫子。今度は倍満!







そしてすげぇたのしそうな

なんかこの回でがすごく好きになりそうな予感ヾ(´ω`)ノ

姫子「こん積み重ねがお前の中にあっか?」

ツモ4000・8000!

それをものともしない姫子

こ、これがiPS…ゲフン…絆の力!







iPS…絆で負けてないのはこちらの竜華も。

- 回想 -

「これにはガチでマジな理由がな、あんねん」

あーこれはときちゃんガチですね…

流石に軽く引いてしまったw

竜華「ここにトキを感じる…!」

お、おう…

竜華「こっちかてひとりじゃない!」

そして目覚める竜華

の能力の片鱗がつかえるように!?

王道なんだけどなんだろうこのいいしれない感じは…w








そして次の局、デジタル打ちの竜華にセオリー外の打ち方。

これにはアコもとまどう。

そして未来視した竜華より和了!

これにより、

ついに白糸台が最下位に

テルは今どんな気持ちなんやろな…

トキ「みえたんなら必ず上がれる。それが枕神ときちゃんのお告げや」

枕 神 と き ち ゃ ん

じ、自分から名乗っていくのか…








次の局もトキの幻影(w)をみる竜華

今回は枕神にも打つ手ないようで

とき「ほななー」

なにしにあらわれたのか


それもそのはず。姫子の支配がかかった局。

枕神でもさすがにむりだったもよう。






再び枕神

とき「せやな」

なぜかデフォルメ化している。

枕神がだんだんかわいっくなってきた…これがさいこ(う)状態か…

今回の局は安手だがそれが一番の手だったみたいですね。

枕神の力はその局で自分が上がれる

最高点の状態の手が見えるというものみたいですね。

またまたまたときちゃん

どうやら枕神の力にも制限があるようで

残り2回。

竜華「ほな、少し太れば(ときちゃんパワー増えるの?)」

とき「それはあかん」


ときちゃん即答である。これには枕神に同意せざるを得ない。

そして去り際の忠告「用法用量を良く守って大事にときちゃん使ってな~」

おクスリかなにかかね。

しかし、この枕神の力も大したもので、

本当に見えたら必ず上がれる。

うーん相手が能力者じゃなければ無敵?

でも運要素が多そうなので無敵でもないか









「ドンドコズンドコあがられましてからに」

「やっちゃてもいいよね?」


いやっほーうちゃん本気モード!

「「「ダブリー!?」」」

牌回転しすぎw

しかも、「絶対安全圏」は相変わらず働いているという鬼畜仕様。


公式戦初の発動だとか思いきや、

地区大会でも発動していた模様。

理由がたかみーに総合獲得点で負けたくなかった。

テルはいいけど」

ちゃんやっぱテルーを認めているのね。




故に誰も気づいてないかと思いきや、

またしてもレジェンド

レジェンドの眼はごまかせない!





- 回想 -

白糸台はどうやら学内でチームを作って

その対抗試合で選出されているらしい。

ということはチーム虎姫は白糸台トップ5というわけではないみたい。

やったね亦野さん

でも、テルが一番というのは間違いなさそう。

ちなみにコンセプトは攻撃特化。

そこから導き出せる答えはつまり、


「絶対安全圏」だけのやつじゃないってことだ


Ω ΩΩ<ナ、ナンダッテー


ダブリーがやばいという根拠もまたすごい。

他の面子の表情を見て、

ダブリーの前だけ明らかに恐怖になった顔が根拠という。

シズ「なにやだこわい…」

これにはシズさんも恐怖。

レジェンドは有能というよりもはやエスパーですわ…

いやまぁ恐怖の顔がこわいっていっただけなんですけどね…










ダブリーきたら気をつけるポイント

カン

姫子「ここはテンパイばとっとく」

「ロン」

「「逆回転!?」」


は?ww

だめだこれ映像で見せられると面白すぎるww






ダブリーのみかとおもいきや、

カン裏がのるというまさかの出来事。

これがの能力…







すかさずレジェンド

「確定か…」

これで確信するのもさすが








次局再びダブリー!

おや、シズの様子が…?

阿知賀控え室でサイコロの目のお話

サイコロはピンゾロ

うむぅこれはシズの力にサイコロの目が関係しているのか

レジェンド曰くと戦えるかどうかこの局できまるらしい。


「カン」






千里山控え室でもフナQの洞察が光る!

この能力にフナQも気づいたもよう。

さすがやフナQ

が、まさかの読み違い!?

フナQ「あっれー?」









「おかしい…これ…」

シズ「ロン」

「…え?」


ここでシズのロン!

これにて前半戦終わり。











サイド。曰く

海底を5回上がるつもりだったが3回しか上がれなかった。

2日目には一度も上がれなかった…。

これが意味するところとは…?











今回はが多く描かれたおかげで

のことがよくわかりましたね~

一段と好きになりましたよ~。


「あっれ?」の声と

シズに和了られた時のの驚き顔たまらん。


そういえば、すばら先輩今回「すばらです!」しか言ってなかったけど

このために新井さん呼んだのか…すごいな…


こーこ「CM明けたぞおまえらー!」

こーこちゃん全開である。

こーこ「首になったらすこやんが責任とって養ってね」

すこやん「あ、うん」


ご結婚おめでとうございます。




とりあえずいえるのはやっぱ能力発動はiPS力がものをいうのね…





↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。