FC2ブログ

木吉紗 咲日和 7巻 感想




というわけで咲日和最終巻です…

saki_main98.png 

最後の本下に印刷されているのはです。

ちょっと見切れて特徴の角とツインテが外れてるのでぱっと見わかんないですね。




- 清澄 -

非日常系妄想。

学生のときの中二的妄想ですね。

最後の割にパンチが少ないかなと思ったけど最後のでやられました。



- 池田 -

池田ァ

トップ絵池田かわいいじゃねぇか…

大きくなったら。

子供特有のスケールのでかさ。そして意味不さ…パンって…

池田の自分のためじゃなくて妹のために調べるっていうのがお姉ちゃんしてますよね。



- 龍門渕 -

こよみ。もとい、透華カレンダー。

透華がはしゃいでおります。

すごいのが撮れた

純くんはぶれぶれなのが逆にぶれないですねw



- 鶴賀 -

気分転換。

煮詰まった時の顔がアンニュイだかれですかね…かっこいい理論…

妹尾さんは相変わらずモモが見えないんですね…

むっきーですらもう割とまともに取り合ってる気がするのに…



- 白糸台 -

ドレスコードパーティ。

なんかまじめそうだと思ってた白糸台ですが、

けっこう仲よさげにやってますね。

これが回想でもあったテルーの方針か…

いや、お菓子食べたいだけだったわ…



- 風越 -

大人。

ぶちぬきキャプテン

何気に日和初のぶち抜きコマ。しかもキャプテン

さすキャプ。

久保コーチ「(早く気づけよ)」

いや、こえーよ…



- 姫松 -

スエハラー再び。

あれ。ありますよね。

あれっていうから何って聞くと、

「あれがあーしてこうしてあれだったんだよ。」

あれ過ぎてわからん。

なぜだかラジオに。

でも、ヒロエ放送部聞いてみたいかも。



- 永水 -

アロハ。

姫様の発言に振り回される六女仙。

まぁ麻雀やってるのも姫様影響なので、いつも通りですかね…



- 宮守 -

部屋プラン。

部屋間取りを妄想するのってなんか楽しいですよね。

ちょっと不毛な気持ちになるけど…



- 千里山 -

セーラ飯。

なんでカフェ系って机が低いところあるんでしょうね…

食べ物食いづらい…気持ちがよくわかる。

これ木吉せんせの体験談だよね絶対。

飯の説明とか、エビフライ(神)てw

ちゃんと落ちてるし、千里山はセーラだと面白いですね。



- 阿知賀 -

ボランティア。

ペアが珍しい感じに。

まぁ、こうやって見てると本編であまり絡みない同士でも

やっぱ仲いいんですね。さすが総合力のチーム。



- 有珠山 -

プレゼント交換会。

ユキ「何を言ってるのかわかりません」

有珠山の良識。

「恥っず」

そんな有珠山のでも人並みに恥ずかしがるようで…



- 臨海 -

音楽。

ハオ「今 思い出した顔だ…」

ネリー迫真顔。

本編ではまだ闘牌しか出てないですけど、

日和ではかなり表情豊かです。

臨海は日和での補間がほとんどだったので終わるのがほんと残念ですね…



- 新道寺 -

満を持しての新道寺での最終話。

すばら先輩姫子の組み合わせ。

同級生で実は仲いいという登場時は思っても見なかったですけど、

いいコンビですよね。

煮干し。白水ぶちょー普通に間違える。恥ずかし顔。



- -

新道寺が連載最後でしたが、単行本ではこのおまけが最後。

というわけでおまけはです。

葉子が日和でもかわいい。勝ったな…

ちょっと短かったですね。もうちょっとの日和も見たかった…



というわけで、あっという間に終わってしまいました。

正直なところ今までに比べてパンチは効いてない感じで

確かに、ネタ切れ感が否めませんでしたね。

このままぐだぐだ続くよりかはスパっと終わってくれてある意味よかったかもしれません。

でも、またネタが溜まったときに不定期に連載とかしてくれると嬉しいですね。

あと、木吉せんせの絵も所々本気が見えてましたね。

どうしても4コマなんでデフォルメ調が多かったんですが、

今巻で要所要所で出てくる顔芸(?)的な絵のところがすごくよかったです。

次の作品は、もうちょっとデフォルメを抑えた感じの絵柄を期待してみたいですね。


ちなみに、木吉せんせの次回作の構想はいくつかすでにあるそうで、

その中には咲スピンオフもあったそうです。

立せんせは、木吉せんせのオリジナルを見たいので

そっちを押したようです。

確かに、咲関係にまた関わってほしいというのはありますけど、

ぜひとも構想があるならオリジナルを見てみたいというわけで、

私も立せんせに賛同いたします。


ほんと次回作が楽しみです。頑張ってください!



さて、最後に咲日和という作品自体の感想ですが、この巻の清澄のお話を抜粋。



「私は今の日々をこの先後悔する気はしないけどねぇ

ここに集まってみんなで部活できて楽しいわ」




これです。しかも最後一コマ使っての満面の笑顔の

まさしくこんな気持ち、こんな感想の作品でした。


木吉せんせお疲れ様でした!楽しい作品をありがとうございました!





スポンサーサイト

木吉紗 咲日和 6巻 感想





咲日和です。

今回、本下に印刷されているのははるるです。

saki_main86.png


正直ポリポリの文字がないと誰だかわかんないことに…




- 清澄 -

勉強のお話。

優希の辛抱のなさが見えます。

ここはあんま特筆するとこはないですね。

いつも通りほんわかです。



- 風越 -

貯菓子。

文堂さんのカード収集の苦労。

何事にもお金は必要ですよね…

キャプテンの機械音痴感。

これまたいつも通りの風越です。



- 龍門渕 -

池田姉妹

どっちが姉かわかりませんね(絵的に

ハギヨシGPS説。

しかし、妙にかみ合いますね。池田姉妹

大人げない純君。いや同い年ですけども。

人の眼鏡を拭く透華w

まぁそんだけ動揺したんでしょう…



- 鶴賀 -

ワハハもとうとう朝シャン派。

うるさくて眠れないことってありますよね。

こうやって、眠るまで付き合ってくれる友達っていいですよね。



- 千里山 -

今回咲、怜とフィーチャーされることの多い千里山。

しかし、今回はどちらかというと、監督と部員との関係ですね。

意外と咲って監督と部員との絡みって多くは描かれないんですよね。

もちろん関係性とかとかは描かれたりしますが、量としてはあんま多くないですね。

阿知賀は別ですけども。

何気に雅枝さんフナQの関係が描かれてるのもいいですね。



- 姫松 -

ワサンボン条約。

前にあった、愛宕姉妹ペット話の続き。

千里山で雅枝さんがなやんでいたとこにもつながります。

床の硬さを確かめる愛宕ネキ

ここらへんの流れは木吉せんせ流石ですね。

ひ ろ え さん

姫松ってボケどころとツッコミどころを抑えてるのが、

一見冷たいようであったかいとこですよね。



- 永水 -

永水のツッコミがあるのかないのかのこの、姫様中心な感じ

なんという優しい世界。

姫様の突発的な思い付つきにも対応可能な霞さん。



- 宮守 -

アイスクルミ。

姉帯さんは容姿次第で自分が怖いことを自覚している節がありますね。

シロが疲れるとはよほど。

いやいつもだるいって言ってますけど、

ある意味ポーズなところがありますからね。



- 阿知賀 -

初瀬

本編でもあんま描かれてないのでいいですよね。

ポニテ阿知賀。

離れていた時間があったとはいえこの仲の良さがいいですよね。



- 湯町 -

今回も出てきました。湯町小。

今回はシノが転校してくる前。

言い出しっぺ退場。

カンナは律儀ですねw

というか、カンナが使いやすすぎて、

物語の起転結で使われまくりですね。

というか、オチはカンナしかいない…

おいしい存在だ…



- 白糸台 -

テルーのマイペースっぷり…

現在絶賛やってる本編の過去編と見比べると、

そのギャップにびっくりします。

というか、白糸台ではが起点ですね。

カンナとはベクトルが違いますが、扱いやすさは同じですね。

いやほんと本編登場時と比べると微笑ましいですね。



- 大人 -

久保コーチってなんだかんだで優しいですからね。

あんま表には出せない感じですが。

藤田プロとか自分よりも目上の人にはちゃんとしてますし。

なんか池田には素直になれないんですね。久保コーチ

小学生か。



- その他 -

おまけは鶴賀。

鬼畜かおりんワハハには容赦ないですよね。かおりん





というわけで日和でした。

今回はなんかあっさりでしたね。

いつも一巻には最低一つこれはと来るものがあったんですが、

今回はなかったですね。

いやもちろんいつもの感じではあったので良かったのですが、

なんでしょうね。あ、新道寺がなかったのか…

新道寺があるとほぼ間違いなく当たりですからね。




というわけで次巻に期待しましょう。



ではでは。(:3ノシ )ヘ





木吉紗 咲日和 5巻 感想





咲日和です。

今回、本下に印刷されているのは優希です。

saki_main84.png


なんか既視感があるように思ったんですが、

なんと優希は初登場。

あれ?そうだっけと思い起こしてみると、

ワハハ池田すばら先輩漫ちゃんと確かに今まで出てきてない…

なんか意外です…





- 清澄 -

ちゃんと京ちゃんを絡めてくれるスタイル。

今や本編じゃ画面に映りこむのも珍しいですからね…

いや、むしろ最初だけしかちゃんと写ってなかったからもはや当たり前なのか…

なんかいつものやりとりでほっとしますね。

日和という名前を冠するにふさわしい…



- 龍門渕 -

ともきー不憫…

日和のともきーは頼りになりすぎて、

なんか貧乏くじ引いてる感じがしますね。

あれ、本編でも…



- 鶴賀 -

モモ「正直飽きたっす」

なんでしょうね。モモのこの達観したというか、はっきりとものを言う感じ。

育ちのせいかとかと思ってしまうとなんか日和読んでる気分じゃなくなってくる…



- 永水 -

霞さんはなんか姫様に対して、従順ですよね。

おかしいとこ思ったこともいわないし、

最後まで実行しようとする…

姫様に対する信頼でしょうか?



- 阿知賀 -

「…灼ちゃん対決する…?」

宥姉はゆったりしてるようでなにげにもつものもってますよねw

そこもいい。

もなんだかんだでみんなに親しまれていますよね。

どうしても幼馴染の集まりの中で、だけ浮いちゃうんですけど、

集合写真のエピソードをみると仲間なんだなって思います。



- 有珠山 -

なんかほんと親しみやすくなりますね有珠山w

本編はどうしてもあんな描き方になっちゃいますけど、

こういう4コマ系だとそれぞれのキャラのバランスがよく際立ちますね。

そしてこうやって改めて並んでいるのをみると、

すごい背の差がありますねw

というか、ユキがちっさすぎる…



- 臨海 -

缶ケリ。

明華「ぺふ」

かわいすぎる

ネリー「やーらーせーてー」

かわいすぎる

ネリー「ネリーネリー 意味わかんない」

意味わかんない

本編のラスボスのような立ち位置の高校とは思えないですね。

どんな高校も親しみが沸いてしまう、咲日和恐ろしい…



- 湯町 -

ついに来ました。シノハユから湯町小の参戦。

今後は中学になるのでここで見納めかも?

シノハユでのやりとりも和みますがここでも和む…



- その他 -

恒例の池田もありましたけど、

今回は短かったですね。

あとは新道寺も半分恒例なんですが、

今回は佐賀の巻ということで、

姫子の里帰りのお話。

姫子「ずみ゛ま゛せ゛ん゛」

姫子「お客様の中にお医者様はいらっしゃいませんか…(小声)」

ここの姫子の顔がwwずるいw

そして何気に姫子と、すばら先輩が仲いい感じのようですね。

と美子は…


部長会議のかわいい…

池田「ばかにしないでください キャプテンの機械オンチは教えたくらいでは治りません」

辛 辣


映画の巻。

咲日和の次回の巻を当てるみたいなスレがみかけたんですが、

この回のときは阿鼻叫喚でしたねw

なんかこの巻あたりから佐賀の巻とか変化球入れてきますよね。

面白いからいいんですけどw


日和のふくすこは相変わらずで見ていて飽きないですね。





それにしても、有珠山のときと湯町のときで

ひたすら欄外で「アイドル(28)」と押されるはやりんたるや…

扱いにかわいそうになってくる…





とまぁ、こんな感じでしたー。

いつも思うけど、4コマの特性故というか

自分の筆力のなさで日和の感想は箇条書きになりますね。

なんともなんとも。






木吉紗 咲日和 4巻 感想





咲日和です。

今回、本下に印刷されているのは漫ちゃんです。

ちょっと意外ですね。


今回は有珠山、臨海とついに準決勝メンバーも出てきました。

そのうちシノハユメンバーも出てきそうですね。



- 清澄 -

今回の清澄は部長とまこの二人のときの過去のお話でした。

というか、部長は咲日和だとポンコツになりますね…

そこがいいですけど。



- 龍門渕 -

いつものどおりの平常運転で安心します。

のんやり。



- 鶴賀 -

モモワハハが空回るお話。

あれ、いつもどおりですね。

それにしてもモモって積極的になりましたよね。

自分から声かけたりとか。

存在感薄いことももはや個性としか思っていないというか、

まわりがやさしいですね。



- 姫松 -

食堂のおばちゃんと末原さんのハートフル(?)なお話。

いくのんのあふれでる無自覚鬼畜臭…

てか、出先でカレーの弁当は普通ないでそ…

前仕事場でやられたことありますけど…

末原焼き。

というか、末原さんけっこう卑屈ですね…

愛宕ネキ曰くだからこそ強いんでしょうか。


一方愛宕家は愛宕家系勢ぞろいです。

雅枝さんと愛宕姉妹の絡みとか公式ではこれが始めてですね。

そして、相変わらずの絹ちゃんの愛宕ネキに対する盲目っぷりよ。

果たして、フナQは何しに来たのか…



- 宮守 -

夢…もうできてる!

姉帯さんかわいい。

シロがメインだったはずなのに、

ところどころの姉帯さんのリアクションがかわいいという、

なんという姉帯さん



- 阿知賀 -

阿知賀もが来る前の4人だったころの過去のお話。

吉川さん。果たして今後出てくるのか…

こないですね。はい。でもビジュアルが気になる。

宥姉も存外ポンコツですね。



- 有珠山 -

今回初登場組みその1。

ユキけっこう辛辣。

というか有珠山は、ボケ役というかノリのいいのが多いんで、

話がまわしやすそうですね。

読んででもシュールな感じじゃなく普通に楽しめる。



- 臨海 -

今回初登場組みその2。

臨海は本編ではお互い手の内見せてないようなこと言ってましたが、

存外仲がいいですね。

そして、ガイトさんがけっこうかわいい。

でも、きなこでむせるのとかけっこうあるからわかる。

辻垣内「なんだこれ」

の表情とかもまじかわいい。



- 白糸台 -

いつものポンコツ白糸台です。

本編ではあれだからなおのこと身にしみるポンコツ感。

ヘアピンあわあわも中々にいいでわないですか。

テルーのポンコツっぷりも板についてきましたね。

というか、こんなんでなんで咲さんと喧嘩したんだ…

菫さんの正面画素材が増えましたね。



- 千里山 -

今回は竜華の表情が多彩でしたね。

じゃんけんで負けたときのリアクションとか、

めっちゃびびってたりとか、

竜華「あっ!!!!、怖い!!!!」

とか。

最後はそわそわフナQ。まさるさんを彷彿とさせる…



- 新道寺 -

いまのところ外れなしの新道寺。

し ん ど う く ん

「別んマンガば連載しろてか」

ポンコツ部長。

姫子「死にました おしまい」

新道寺のときだけずば抜けて面白いんですがw

きれっきれっです。

すごいですね



- 高遠原 -

ここも優希がいた過去のお話。

加藤ミカという実は本編でも登場しているお方も登場。

善野さんみたい。

「すばらくない」

持ちネタずるい。







今回は巻内のおまけページが中々に効果的でしたね。

一話分の落ちが全てそこに集約してる感じです。

というか、ようやくそこで落ちるのかという。

本誌で読んでいた人には味わえない感じですね。



そしてまたも、はやりんの柱での紹介ひどす。

のラクガキで紹介されるなんて…

一体なにをしたというのか。てか、登場してないんだから紹介する必要なかったんじゃ…





木吉紗 咲日和 3巻 感想





今週はアニメがお休みなので、

ちゃらーっと咲日和を見ていきますよ。




今回の巻で大体の高校はカバーできたことになるはずです。

前回出てこれなかった高校は

姫松、永水、白糸台と、ちゃんと今回は出ています。




- 清澄 -

咲日和はよく生徒会メンバーが出てきますね。

副会長がいじられるのももはやご愛嬌。

シズ、かけっこ全国優勝待ったなし。



- 風越 -

いささか先生。

原作でのない絡みも見れるのが咲日和のいいとこです。

池田咲さんの普段の絡みとかないですからね。

というか、この先もなさそうなので…


何気に咲日和は文堂池田姉妹の絡みも多いという。

文堂さんは優しいからね仕方ないね。



- 龍門渕 -

ハラムラー

今回は珍しく、メインではなく透華メインでした。

まぁそれでもが絡んでくるのは、はずせないってことですよね。



- 鶴賀 -

妹尾さんのラックはおかしい…

もうビギナーズラックじゃなくって

ラック自体が能力ですよね…もう…



- 姫松 -

末原さんの罰ゲームが原作より鬼畜になってるw

そして、愛宕ネキひでぇな…

絹ちゃんもノリがいいよね。

メガネの話とか完全にノリツッコミ。

大阪的には当然なのか。



- 永水 -

はるるは頭の中もはるる。

姫様相変わらずマイペース。

そしてやはりというかなんというか、

主役ははっちゃんになってましたね。

動かしやすいんでしょうねやっぱり。



- 宮守 -

相変わらず癒される宮守陣。

なんともまぁ日常向きですよね。

それにしても、姉帯さんのいきつけの店ってすげぇな。

うーんもっと宮守枠を拡大してほしいなぁ…



- 阿知賀 -

何気に阿知賀陣のときの回も面白い。

氷の雀卓での宥姉の絶望感…

シズもほんといいキャラしてるよね。



- 白糸台 -

最初の黒幕、ラスボス感はどこへやら。

のバカっぽさはいじりやすいですよねw

菫さんはぶれないですよね。

最初出てきてからそんなにイメージ崩れてないですね。

一番イメージ崩れたのはテルテル

やっぱりテルテルは悪くないんじゃないかな…



- 千里山 -

いただきます。がっ(握手)

がボケ役、セーラがツッコミという

ちょっと予想外な感じ。



- 新道寺 -

ぬっ。


これが全て。

すばら先輩持ちネタずるい。

哩さんのなんとボケキャラなことか…

楽しいよ おいで



- その他 -

大人は咏えりコンビ。

この二人いいですよね。

けっこう好きです。

原作でももっと掘り下げて欲しかったですよね。

そして鉄板のふくすこコンビ。





そういえば、はやりんの柱での紹介ひどかったですね。

なんと28歳☆ って…










↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。