fc2ブログ

めきめき 染谷まこの雀荘メシ 2巻 感想



まこメシ2巻です。

第11話は餃子。

餃子やばい。今巻一話目からすでに食べに走りたい衝動が。

今回はゲストらしいゲストいませんが、強いて上げるなら藤田プロ

まこ久コンビの慣れたやりとりが見れます。


第12話は池田ァみはるん

題材は石焼というかスキレットビビンバ。

池田キャップに対する部長へのやきもちが炸裂しているお話です。

何気にみはるん池田もよい関係ですよね。

みはるんがフォローをうまいことしているとか。

池田もちゃんとするんだぞ。

それはそれとして、さりげに池田に耳が頻繁に生えてたりするのは細かい。


第13話はたこ焼き。

ゲストはの回想での阿知賀かな?

半夏生とか聞いたことないですね。

阿知賀では地方柄みんな知ってるんですかね?

というか地方によっては当たり前の感じなんですかね?

少なくとも私の地元ではありませんでした。


第14話はそばです。

しかも、料理するのは咲さんです。

そういえばちょこちょこ出てきてましたが、

咲さんて家庭的なんですよね。何気に。

サバ缶のぶっかけそば手軽でよさそうですね。

サバ缶というのがなんともいいアクセントですね。

といことで、咲さんまこに振る舞うお話でした。


第15話は、なんと深堀さん

風越主体のお話です。題材はおはぎ。

後顧の憂いを断つとは言うけれど、たくさん食べたら逆に未練が募らないのだろうかしら…

それにしても、めきめきせんせ作画だと深堀さんやっぱ画風が浮いてる気がするのがなんともw


第16話は京和

あぁ、初期の頃のラブコメ感がありますね~。

え?初期でもそんなラブコメ要素なかった?

京太郎が出てるだけでも、作品がちょっと引き締まる感じがするのは私だけ?

京太郎もなんだかんだ好きですよね。長い付き合いだけではない何かを感じさせます。

本編だとほんと京太郎の胸中が描かれないですからね。

この話のはなんかめちゃかわいいですね。

昨今一部から叩かれちゃう言い方をすると、女の子女の子してますね。いい意味で。

ちなみに、題材はコロッケ。まこからのお土産として渡されたもの。


第17話。肉じゃが弁当。

前話を受けての咲さん肉じゃがです。

一応まこの肉じゃがも登場しますが、こっちがメインですね。

正確には咲さんの肉じゃが弁当。

この会話劇だけでも。京太郎という好意の矢印が見えますね。

めっちゃラブコメしてる!

それはそうとまこ母めっちゃ美人さんですね。

っていうかあの店員さん母だったんですね。若過ぎ!


第18・19話は、長野決勝次鋒組。

まこ中心の話なのでどこかで来るとは思ってました。

しかも、2話連続!とっておきっぽいですね。

題材はご飯!米です。

正確には米に合うお友。メンバーが各自おかずを持ち合って薦める会、その名も「グ・ライス秘密クラブ」。

ともきーが持ち寄ったのはバター。そうバター醤油飯。

カロリーやヴぁい。

まこが持ち寄ったのは、青唐辛子明太子。炙り明太も行い隙のなさ。お茶漬けへの変身も残しています。

みはるんは鰹節。香りの暴力。

妹尾さんはレンチンウィンナー。肉汁との絡みが絶妙。

といった感じで、終始ご飯です。

ちなみに、私もいいお米が手に入ったので友達やその知り合いとおかずを持ち寄るってことをやったことがあるんですが、

意外にも鉄板のものだけにならずに、その組み合わせか!みたいなのが出てくるので案外面白いです。

例え鉄板になってかぶってしまっても、おいしくいただけるのでなんの問題もないのがいいところです。

そんなこんなでこの4人は交友を深めているようです。


第20話はかじゅももとみせかけた、かじゅワハハ

題材は東坡肉。

とろとろになった豚肉はもはや暴力。

しかも、パンや肉まんの皮で挟めば軽食に早変わり。

昼飯食べる時間ないときは、私もサンドイッチとか片手でつまみながら食べられるやつにしますねー。

昼ご飯は何が何でも抜かない主義です。閑話休題。


今回はここまで。

今巻はゲストキャラ+メシというよりも、

とにかく"メシ"って感じでしたね。

ちょっとお話に詰まってきたんですかね?でも、料理漫画なので全然問題ないですね。

めきめきせんせも忙しいだろうし、3,4巻あたりで終わりそうですね。




ということでお腹減ってこれからメシなのでここまで。じゃ(:3ノシ )ヘ





スポンサーサイト



めきめき 染谷まこの雀荘メシ 1巻 感想




まこメシ1巻です。

作画は怜のめきめきせんせ

あぐりせんせめきめきせんせは働きすぎなのでは…?





ざっくりとしたコンセプトは、麻雀ではなく、雀荘で出るメシが主役。

まこは家が雀荘を経営しているのですが、

そういった場での軽食は切っても切れないものです。

そもそもは、出前で頼めるというものだったのですが、

作劇の都合上(身も蓋も)まこが作ることに。

というか、店員はまこ(と数人?)しかいないっぽいのにすっごいオーバーワークな気もしますが、

そこは突っ込むまい…

そんなわけで、雀荘で切り盛りする、まこの料理を見ていく漫画です。


まぁ主役はまこなので、必然清澄メンバーが主に登場します。

また、長野メンバーもちょこちょこ登場します。

時系列的にはいつですかね?

長袖なのと、長野メンバーが出てくるので、長野決勝後、つまり、

インハイ前かインハイ後本編の未来というところでしょうか。


第1話は常連のカツ丼さんこと藤田プロ

素直にカツ丼かとおもいきやちょっと変化して、カツサンドです。

さらっとできてしまうところを見るに、まこは女子力何気に高いですよね。

今日日女子力とはあんま言わないかもしれないですが。


第2話は透華

透華の関係を絡めながらの料理ということで、いちごミルク

こんな感じで、料理とはいいながらも簡単なレシピのものも織り込まれてます。

たぶん、雀荘でのメシということで、つまめながらとか、小休止に的なのを意識してるんではないかと。

しかし、この二人どなたが描いても安心して見れますね。あんまりブレがなく描きやすいんでしょうか。


第3話は妹尾さん

この話は、メインとしては妹尾さんでしたね。

軽食としてフライドポテトが出ましたが、作成過程とかは描かれませんでした。

作るということよりも、キャラ with メシという感が強いですね。

ここらへんから、メシに焦点はあてているもののキャラがメインだというのがよくわかります。

本編は麻雀を通してキャラを描いているわけですが、

それが、メシに変わっただけということですね。

非常にわかりやすいですし、スピンオフとしては申し分ない展開ではないでしょうか。


第四話にしてようやく清澄面子。咲さんです。

なんか本編に比べてスピンオフの咲さんはのんびりほっこりしてますよね。

麻雀が絡まないとこんなものなのか…それとも本編だと怖いシーンが印象に残りすぎてるのか…


第5話は優希です。

本編だとないがしろにされがちな京太郎優希が見られます。

まぁ本筋的には仕方ないと思うんですけど、最初はこの二人のほほえまを見るのも楽しかったですからね。

久々の二人のやりとりを補充できた気がします。


第6話はかじゅもも

まぁこの二人のやりとりには慣れたものですね。

さり気にまこが当たり前なような気遣いをしていますが、

普段から何気に細かい気遣いしてるのがうかがえます。

いいお嫁さんになりそう。

ここぐらいからがっつり雀荘で料理してるので、

話数が進むにつれ軽食メニューが増えていって、

ついには出前で頼んでた料理系も作るようになったのが感じられます。


第7話にしてようやく部長。そして、キャップ

この回はメシとキャラがうまく話しに絡んでますよね。

ナポリタンだけに。


はい。

でも、この話はほんとうまいなぁと思ってまして、

部長キャップに対してまだかっこつけようとしてるとことか、

まことはかっこつけるどころか気の置けない仲だとか、

それを見て嫉妬するキャップとか。

この三人の関係性をうまいこと表した話だなと。

私、ナポリタンあんま好きじゃないんですけど、

この話見てたらものすごく食べたくなりました。

不思議なもんです。


第8話は

、料理上手かったんですね。

どっかで出てたのかもしれないですが、そういう設定は本編に絡んでないと忘れてしまう…

咲さん咲さんしてたじゃない素のが見れる話しでしたね。

それはそうと、この漫画のキメ台詞が「お和了りんさい」です。

一話から使ってます。キメ台詞は料理系漫画の性でしょうか。

そういえば、ここで宮永さんって呼んでるんですよね。

ということは、時系列は、長野決勝後、インハイ前が確実そうです。

そう思うと確かに、まこの他校の人の呼び方もちょっと他人行儀だった気がしたので納得です。



第9話ははじめちゃん

キャラが重複したの初。というかこれからも重複すると思いますが、人数的に。

この話は、ちょっと趣を変えて、新メニュー開発のお話です。

失敗もあったりと成功だけではないところが努力が垣間見えていいですよね。

しかし、はじめちゃんがちゃんと服着てる…

久々すぎる…


第10話、一巻最終話は清澄フル面子(京太郎を除く)。

生姜焼き定食。絶対うまいやつやん。

ここだけは、キャラじゃなくメシをフューチャーせざるを得ない。

生姜焼き+目玉焼きだ…と…!?

食べざるを得ない。


ということでこれから食べるのでここまで。じゃ(:3ノシ )ヘ





↑