fc2ブログ

めきめき 怜-Toki- 10巻 感想



府大会の続きの10巻。

前巻で藤白さんの過去も見えて、いよいよセーラ達へとつながっていきます。

そう、二回戦で千里山と当たるのは藤白さん率いる北野中。

昨年準優勝の桜花女子中はカバー裏でも出てた城阪さん

流石の実力を示していきます。その様子をちくちくと小言で見定めるのは藤白さん

いつものパターンといった感じ。しかも、その城阪さん当たり牌見逃しで和了る、いわゆる能力持ち。

自分と結ばれる縁(牌)を見定める能力。ちょっと婉曲で分かりにくいですね…

そして、それをすでに調べ上げている藤白さん

どうやら、藤白さんはその見た目にそぐわず事前の情報を事細かに調べる打ち手です。

しかも、盤外戦術で揺らすためなのか、性格を見極めるためなのか、

麻雀以外の周辺情報まで調査するという徹底ぶり。

しかも、それを手伝っているのが部員達でその様子からもかなり慕われている存在なのがわかります。


藤白さん「理解した」


様子見からしばらく藤白さんの能力というか領域が発動。

イメージの表現的に照魔鏡のような全体プレイヤー効果系の感じなんですかね?

しかも、城阪さんのカウンターを取った直撃。

狙ってやったというのはわかるんですが、相手の打ち方を把握して誘導して振り込ませるって能力なんですかね?

今のところ相手の心理的に崩れやすいところをついてからの挙動は把握してるんですが、

その崩す仕掛けがなんともわかりにくいですね。

城阪さんは見逃したら和了れるという心理的安心から実行してきましたが、

それが一度でも崩されると疑心暗鬼になってしまいます。

もはや術中にはまったという感じで、この後の泥沼が予想できます。

更に、城阪さんを直接せめて行くのではなく満遍なく他家をはじきながら心理的に追い詰めていくのはエグいの一言。

そしてそれに目をつける雅枝さん。中学の時に既に目をつけていたんですね。

この先鋒のきっかけとなったのが、藤白さんが屋上で出会った眼帯の娘。

名前すら出ていませんが、この娘も何かしら麻雀に関連してるんでしょうかね?

プロの娘とか親戚とか。

そんな中淡々と局は進み、オーラス。最後まで室戸先輩は果敢に挑むも無情にも藤白さんの圧勝。

そして、ついにセーラ藤白さんを捕捉!

そのままの勢いで府大会は北野中の優勝で幕を閉じます。

セーラは再戦を誓い、竜華も協力を惜しみません。

ただ、セーラ竜華藤白さんと卓を囲むのに反対のようです。

竜華はさらに無極点なのかなんなのか藤白さんの本性を見抜いているような感じです。

ついに、セーラ藤白さんが再び対峙し、いざ次巻!


藤白さん編も次巻で終わりそうな感じですね。意外と長かった。

高校の主要人物も出そろったので、この後は中学の後半で阿知賀のときの回想につながってく感じですかね。

それはそうと室戸先輩の、ユーフォの黄前ちゃんみたいな髪モフモフ癖かわいい。

あれはなんていうんでしょうかね?髪をクルクルする癖の一種ですかね。

ということでここまで。では(:3_ヽ)_




スポンサーサイト



めきめき 怜-Toki- 9巻 感想


9巻です。

今巻から藤白さんに焦点が当たっていきます。


竜華がようやく麻雀部に入ることになります。

藤白さん周りを進めていくのかと思いきや並行して、部活の話も進めていきそうですね。

ということで、そうこうしているうちに新キャララッシュ。

曽根崎部長も中々にキャラが立っていますね。

そして、除ケ口部長もとい先輩。

除ケ口先輩もかなりこじらせてますね…小学生のときに解決した感じに見えましたが、

思ったよりもトラウマが強いんですね。

入部早々もてはやされる竜華。まぁここもの相変わらずのコンプレックスを刺激されていますね。


しかし、その後の対局では強さを示します。

あ、ほんとに強くなってたんですね!

竜華セーラが強すぎて、自分の思い通りの打ち方ができないのがあんまり強く見えなかった要因なんすね。

リー棒立てが板についてきたり、和了率及び振り込み率も良くなっているので高校時の状態に近づいているのを感じますね。


さて、入部で力試しも済んでというところでいきなり府大会!展開早!

しかも、そこには藤白さんの姿が。

さすがに入部早々、竜華の出場はありません。セーラは、藤白さん絡みで船Qと打合せ。

千里山は無難に一回戦を突破。

は道標とか怜ちゃんの伏線だったり、藤白さんの所属が北野中と発覚したり、

桜花女子という強敵が登場だったりと今後のあれやこれや詰め込まれています。


そして、藤白さんの過去が垣間見えます。

眼帯の娘。藤白さんを負かした七五三木なつ

って、藤白さんすでに負けてるんか…

しかも、あの食堂のなっちゃんに…

藤白さんも十分にこの時系列では化け物じみてたのに、その上をいくのか…

今は群馬にいるとのことなので、インターミドルあたりでまた出てきそうですね。


ということで、藤白さんの回想で以下次巻。

なんかこの巻は本編の伏線や今後の展開のための伏線やキャラをばらまいたりと、

伏線だらけでしたね。

伏線を回収したのはの強さあたりだけですかね。

また、テーマとしては各キャラのトラウマとかコンプレックスとか

そんなすぐに払拭できないけど、折り合いをつけていこうってことかなと勝手に感じてます。


ともかくも、相変わらず面白いので目が離せません。

ではでは。(:3ノシ )ヘ




めきめき 怜-Toki- 8巻 感想


怜でございます。8巻です。

前巻でいろいろ驚愕の事実と現在の取り巻く環境があらわになりました。

目下の問題は、藤白さんを発端とする、セーラ愛宕ネキの不和。

これを解決するための手段のひとつとして打倒藤白さんとなっております。

そして、今巻。フナQ除く後の千里山メンバーでBBQです。同伴に竜華の母親。

も現状は嘆いているものの、落ち込んではいません。むしろやる気に満ちあふれています。


そんな談笑の中登場するのは、フナQ!ついにメンバー勢ぞろいです。

なぜ現れたかという疑問を置いて、フナQ竜華に対して冷たく当たります。

話の内容だけみれば、セーラを引き戻したいようです。

愛宕ネキを捨てて、こちらに来たと思っているのがその原因。

そんな煽りもしつつ本題。

藤白七実のデータを売りに来たとのこと。

ずばっと確信にきました。

セーラ「これが俺の…今の全財産!!」

しめて300円なり。

本編では愛宕ネキに金を貸して返せてもらえずせびってました。閑話休題。

ところが、金ではなくセーラ自身のデータを要求してきました。

要は「打とうぜ」ということですね。知ってた。

どうやらフナQセーラ自身の実力はかなり買っているようで、

だからこそ今の逃げたような立ち位置にイラ立っているみたいです。


ということで翌日対局。

一応建前はセーラの打ち方の情報を取るといっていますが、

その実竜華も見極めようとしているようです。

実のところ、本来フナQ愛宕ネキからセーラにデータを託すようにお願いされたようです。

つまり、こんなことせずに渡せば終わりのものを、気に入らんから回りくどいことやってるんですね。

対局から外れたはこっそりと来ていた絹ちゃんと隣室で観戦。

揃い踏みです。

そんな気持ちを知らずにセーラは調子こいて、トップを取らないと受け取らないと勝手に厳しい条件を盛り込みます。

ほんと周りの人間の苦労がしのばれる…

竜華も全力で打つことを誓い、いきなりの竜華無極点モード。

割とスイッチのオンオフって自由にコントロールできるんですね…

フナQも得たいの知れない状態の竜華に恐れ戦いて、萎縮しています。

まぁ隣でなんかポーズ決めだしたら、なんやこいつってなりますけどね。

そして、ツモでなんで裸になる必要があるんですか…?あるんでしょうね…n


そして、セーラの回想。

どうやら竜華は、が同卓ないしは同席していないと実力が出せないようです。

そう考えると無極点を使えるのは、が居て全力を出せるときというところでしょうか。

本編では太ももにちゃんパワーを貯めていましたが、

あれは貯めることでの能力の片鱗が使えるようにするためではなく、

あのおかげでを身近に感じ、全力を出すための工夫ということなんでしょうね。

のエトペンみたいなものですかね。


フナQの回想では、いかに自身がデータを基にしているかというところが見えてきます。

才能を言い訳にしないためにデータや分析で努力して、憧れに近づこうとしているのです。

何気にこの回想で絹ちゃんへの問題提起もしています。

才能を言い訳に諦めてしまっている絹ちゃん


フナQは、もし努力をしなかったらこうなっていたかもしれないという反面教師という目線で、
そして、フナQとは違い、環境に恵まれているというところに反発するものがあるようです。

もしかしたら、藤白さん編が終わったら絹ちゃんに焦点が当たるかもしれません。

とはいえ、そこの掘り下げは本編での絹ちゃんの対局のときにやっているのでやらない可能性もありますけど。


さて対局に戻ります。

フナQが警戒しているのは、無極点というよりも、無極点の所作。

目線が一定、ポーカーフェイス。なのに、他の面子の状態は見透かされている。

同じ生物とは思えない相手です。

一応フナQなりに、相手の体温を感知するということが不可能ではないという結論を導き出しています。

この辺は能力があるこの世界の麻雀に順応しているような節がありますね。


そんな怖い存在の竜華を褒めると途端に集中が切れて無極点解除。

ちょろいですね…

何よりもここはセーラの影響を受けて一喜一憂するのではなく、

対局を楽しむということに重きを置いているところにあります。

によって変えられた存在というのを印象づける場面です。

竜華もそうでしたが、セーラも最初はとげとげしい感じがしていたのに、

によってそれがほぐされていく。

キャラクターを立てつつも、まさにを中心として千里山が回っているというのがより強調されるものになっています。

本編だけではの病弱部分にしか目がいかなかったからですからね。

それに至る人柄をうまく掘り下げています。

いい外伝だ…


竜華無極点を切れたところをセーラも反撃。

フナQも黙って見てはいません。

きっちりかっちり打ち回していきます。

「化け物と一緒に楽しんで遊べるなら あんたはもう同じ化け物…やないですか――」

結果、竜華セーラフナQという順位で終了。

フナQが警戒していた、今回は全く振るわず。

フナQ「弱いんかーーい!」

いろいろ悶着があって結局データはどうなるんだということで、

フナQがデータを自分に預けて欲しいと提案。

竜華を見たことで、無名でも面白い存在がいることがわかったため、藤白さんにも興味が沸いたようです。


そして、データの中身にはメイド給仕姿の藤白さんが。

やっぱりあの食堂のは藤白さん自身だったんですね。確定。

ということで以下次巻。



つくづく、怜は掘り下げがうまいって思います。

先の感想中にも書いてますが、広げ方が本編につながる感じで後付けだと思われるのに後付けに思えない程しっかりとしています。

うーん感嘆。ストーリーも未来が決まっているものの、

間に描かれていないことをキャラクターを絡めることでうまく料理して次の展開が気になる仕上がり。

ある意味先が読めないので、今は本編よりも気になっちゃうのは自明の理。


とにかくも、今回はここまで。(:3ノシ )ヘ




めきめき 怜-Toki- 7巻 感想




というわけで怜7巻です。

ここからは本格的に中学編になります。

高校に直接つながる部分ですから、熱も入ります。

前回セーラに告白まがいのことをされた竜華

あっさりお断り。もう決めた人がおるんで。

まぁ告白じゃないですけど。

なんと、セーラ竜華とクラスが一緒のようです。

セーラは何やら、竜華への頼み事がかなり思い詰めているようです。

なんとしてでも、竜華に付き合ってもらいたいことがある様子。それも麻雀の。

うん。知ってた。


しかし、セーラは昨年の全麻団体戦大阪代表のメンバーとして出ていたようです。

そのときの回想では小学生の、哩さん小走先輩ちゃちゃのんがちらっとお目見え。

(小走先輩阿知賀に続いてまさかの登場!)

セーラをしてこの面子を強かったと言わしむるのであれば、

やっぱり当時でも実力は相当のものだったのでしょう。

愛宕ネキとの関係も微笑ましい関係も垣間見えます。

しかし、一転、現在の愛宕ネキセーラの間に何やら確執が起きている様子…

訥々と語り始めます。


半年前セーラ愛宕ネキは相変わらず、道場破りまがいのことをやっていたようです。

セーラは全国を知って、竜華のような存在と戦う必要を感じていたようです。

愛宕ネキはそんなセーラを諫めながらも、その行動にしぶしぶ付き合っている感じです。

そんな折、の雀荘に明らかに強いプレイヤーがやってきた様子。

(っていうか何気にん家って雀荘やってたんですね…)

その名も、藤白七実

そう、名前だけは千里山で事あるごとに出ていて、謎の存在だったあの藤白七実です。

ついに登場です。

当時から、明らかに竜華セーラよりも強いだろうと目されていましたが、ついに日の目を見ます。

そのお姿は…   ヤンキーやんけ!


そして、勝負の条件は勝者が敗者の大切なものを奪う!

あれ、カイジか何かかな?


対戦中は圧倒的な強さを見せる藤白さんが最初から場を支配しています。

セーラも最初は調子づいていたものの、愛宕ネキのフォローがあったおかげの様子。

セーラ本人は気づいておらず、藤白さんはその威圧で場の空気を支配しています。

さながら獲物を定めた(猛禽類)です。

の説明でも、卓を囲んだ面子は自分の打ち方がわからなくなって自滅するようだったとか。

セーラ達も例に漏れずその餌食になったようです。

トラッシュトークもあったので一概に言えませんが、

これは藤白さんの何かしらの能力?

勝敗は決し、代償を藤白さんが指定していきます。

は、セーラ愛宕ネキにあこがれて伸ばしていた髪

セーラは、愛宕ネキとの絆の証である凶星のパーカー

愛宕ネキは…?描写がぼかされていますが、セーラに関する何かということは間違いなさそうです。

ここで、が高校で髪が短かった理由が判明します。

当時は伸ばしてたけどこれきっかけで短くしたんですね。

さらっと自然に理由触れるあたりちょっと感嘆しましたね。

説明調にならない理由付けはいいですね。

セーラは、愛宕ネキの大切なものも凶星のパーカーだと思っていたようなので、

裏切られた気持ちになったのでしょう。

言い寄るセーラに対して、冷たい言葉を放つ愛宕ネキもちゃんとした理由がありそうです。


そんな過去の話を語るセーラの姿は、セーラと初対局時にが見た予知のままです。

強いってのは竜華のことじゃなかったんですね。藤白さんだったんですね。

さらっと伏線回収してきますよね、この作品は。

ある程度道筋が決まってるので伏線を引きやすいんですかね。非常に好ましいです。

そんなわけで、セーラ竜華を求める理由は、藤白さんへのリベンジ。

というわけで、三人で特訓することに。

しかし、藤白さんの行方は知れず、秋ごろから姿を消しているそうです。

秋ってことはインターミドル後ってことですかね?

でも藤白さん自身は学生麻雀に対しては下に見ているようです。

とすると、藤白さんの知り合いもしくは、尊敬する人がインターミドル(もしくはインターハイ)で何かあって、

凶星がやっていたような道場破りまがいのことをやめた…?、とあくまで推測です。


そんなこんなあって、があるとき事故(?)に合います。

幸い怪我はなかったものの、相手はメイド服を着た謎のお姉さん。

って、藤白さんやんけ!藤白さんやんけ!

あっさり会うんですね…

「そのときがきたら必ず会える」

と言ってましたが、まさにその通りなんですかね。これも縁。

さて、自身はもちろんこの人が藤白さんだとは気づいてないです。

てか、ヤンキーイメージなので、イコールで結びつかないんでしょうね。



なんやかんやでその人がしめき食堂で働いているということから、

そこの孫娘、七五三木なつっぽいことを知ります。

ただ、その情報をもたらした怜母曰く、府外にすでに引っ越しているとか?

じゃ、やっぱ藤白さんだ。(身も蓋も

再度しめき食堂を訪れるですが、そこでも「なっちゃん」の愛称で呼ばれてて、

やっぱり七五三木なつだと確信してしまいます。

絶対藤白さんだ。(身も蓋も

の両親の逸話に涙をするところから、「なっちゃん」は両親に対して何か確執がある…?

だから、グれてヤンキーっぽかった…?

秋頃にその転機が訪れて、ヤンキーを卒業した…?

と、あくまで推測です。


を含めた三人の特訓は続いているようですが、

竜華セーラに追いつけない自分を歯がゆく思っている

それを打ち明けた時、セーラがさらりと言います。

セーラ「人とくらべてどうする がどうなりたいかやろ?

    お前には何があって何がないんや?」


こういった、が本当に必要としている言葉をさらっと言うから、

にとってはありがたいんでしょうね。

一見突き放しているように見えて、一番本質を捉えた言葉をかけてくれるので。

竜華だと寄り添いすぎてこうはならないでしょう。

だからこそ、高校時の付き合いになるんですね。

ここでも明確な関係性の説明ではないですが、納得してしまいます。

いやほんとこういう描写は怜はうまいですね。


しかし、そのことをさらっと「なっちゃん」に報告してしまう

なっちゃん」にも麻雀で認めさせたい相手がいる様子。

なっちゃん」よりも強い相手…本編中に出ている人でしょうか?


そして、最後の引きに登場するのは、フナQ

愛宕ネキに依頼されて、藤白さんの調査に来たっぽいです。


という引きで以下次巻。


いやぁついに千里山メンバーが全員顔出しですね。

藤白さんは予想外でしたが、これで役者がそろった感があります。

もちろん大阪面子はまだ揃いきってないですが、メインはそろいました。

この後絹ちゃんがかかわるお話も出てきそうですが、一旦ですね。


なんか中学編になって怜の面白さが加速してきた感があります。

行間が補完されていくというか、その補完のされ方もストンと落ちてくるというか、

後付け感がなくて読み物としていいですね。

このペースだとシノハユを超えて高校編に行きそうですが、全然それでも満足のペースですね。

むしろシノハユがかなり丁寧なだけですが。



とにかくも、今回はここまで。(:3ノシ )ヘ




めきめき 怜-Toki- 6巻 感想



前回まで。本音闘牌から、竜華無極天

ついに竜華が本気で来ます。

三人リーチからの、竜華テンパイ。

この状態での殴り合いでも竜華相変わらずの無極天

うすら寒さすら感じますね。

当たり牌を引かされるも、取り込んで緑一色

竜華は微塵も楽しくない様子。

竜華「みんなすぐ死んでしまうやんか」

全力を出すと問答無用で勝ってしまう、天才故の苦悩ってやつですね。

きっと自分より強い人間に出会っていれば変わったのでしょうが、

残念ながら竜華は出会えなかったようです。ですがその代わり…

竜華は役満を和了られたのに諦める様子が無い三人に問います。

どうして諦めないのかと。

そして、無常にも竜華
四暗刻ツモ。

進ちゃんのトびで終了。

結局、どれだけ口先で言おうとも未来は変わらない。ただ、嫌われたくなかったと、竜華の本音がこぼれます。



というのが、一巡先

そうです、未来視が発動したようです。

再び問われるのは、どうして諦めないのか。

はこのとき、麻雀で初めて一巡先を視るということを体験したようですね。

自身はずるい能力だと否定していますけど、高校で発現したときもそんなこと言ってましたね。

おや?でも、高校で発現したはずなのに、もう発現を自覚している…?

の鳴きによって未来は書き換えられ、のツモとなります。

竜華自身はツモれることを確信していたようですが、あの一回の鳴きで狂わされたことに戸惑いを隠せない様子。

竜華が思っているよりも、は強くて、はただ庇護される存在ではなく、自分が助けられていたことに気付きます。

竜華がこれに気付くことで、まわりを冷静にみられるようになり、だけでなくまわりの人たちにも助けられていたことを受け入れます。

こういうのって他人に言われてどうこうではなく、自分で気付くしかないですからね。

小学生でそれを知れたというのはとても良いことですね。

きっと、これに気付かないままだとひん曲がった性格になっていたでしょう。

ま、逆にこれがきっかけでに偏執的になってるような気もしないですが…

というわけで、お互いの気持ちをぶつけあうことによりお互いの本音をようやく理解できるようになったわけですね。

これにて、闘牌は終着。決着はついていませんが、本来の目的は果たしましたからね。

(後に最後まで続いていたことがわかります。)




ところが、その後、は病欠をします。

能力の反動ですね。にとっては初反動ではないでしょうか。

毎日欠かさず見舞いに行っているという竜華ですが、進ちゃんとの会話が大分和やかになっています。

進ちゃんは何度も竜華に対して苦手意識を出してましたが(表面には出してませんが)、

この前の本音闘牌で大分竜華と打ち解けたようですね。

はこの反動をずるをした罰のように感じていたようですが、

ある夜不思議な影が

「かわいそうにしんどいなぁ」「まだ早い 必要になるときまで預かっといたるわ」

といって、何やら能力を封印?してくれたようです。

なるほど。ここで一旦能力を封印することで、高校編の時と辻褄が合うようになってるんですね~。

というか、この影明らかに未来の高校生ですが、そんなこともできるようになるんですね…

それはそうと、回想一コマの能力試そうとするかわいい!


まぁそんなこんなありつつ、日常が戻ってきて、林間学校です。

そこで、ついに、竜華が本当の友達となります。

といっても、側はとっくにそのつもりだったようですが。

この林間学校話はわだかまりが解けた後のほんわか余韻話となっています。

ちょっとこの雰囲気が懐かしい気もしますね。




そして、楽しい思い出がダイジェストで流れつつ、時はついに中学入学式!

いろいろとすっとばしてませんか!?

なんか気付いたら卒業してるし…

小学生での主な話は竜華との和解(?)で語り尽くしたってことでしょうか。

ともあれ、ついに中学編!

入学式に会うはセーラ!ついに幼馴染メンツがそろった感ですね。

セーラ「僕と付き合ってくれ!」

まさかの、第一声竜華に告白。以下次巻。




これは恒例の勘違い告白ってやつですね。

まぁ、大体は麻雀ってことだと思います。

まぁでも王道は大事だからね。仕方ないね。引きとしても申し分ないし。


ちなみに、カバー裏で、卒業式がちょびっと書かれています。

何気にこの巻あまり目立たなかった葉子ちゃん竜華のお話です。

けっこう葉子ちゃん好きなんですが、本編で高校生葉子ちゃんでないのかな…


とにかくにも、ようやく中学編です。

中学編は阿知賀のときにもちらちら出てましたね。あの時は3年の話でしたが。

そこにつながる一年生からのお話ということで、ある意味ようやく本題のような気もします。

もちろん竜華との話も本題でしょうけどね。


というわけでここまで。(:3ノシ )ヘ







↑