FC2ブログ

五十嵐あぐり シノハユ 9巻 感想



シノハユ9巻です。

島根大会決勝行きを決めた湯町中。

いざ決勝へ。

先鋒はシノ。件の菰沢中からは柚葉

頭にゴーグルを巻いてる子。今回の表紙の子です。

千尋となにやら仲よさげな感じ。

他の面子は比礼振中、姫原中。

見た目的には完全にモブな感じ…


試合が始まって順調に局を進めていきますが、

どこかが突出して活躍するという感じではなく、

各々が和了っていく感じです。

なんだか普通の麻雀ですね。

完全に感覚が麻痺してますね…

シノはいつもなら前半はギア上がらずですが、

今回は前半から羽根が生えてます。

とはいえ、さすが菰沢の柚葉がトップをキープ。

今回のシノは勝ちにこだわっているものの、

一歩引いてみれるほど落ち着いています。


「鳥瞰」


柚葉がトップを維持しつつ差を広げていく中、

後半戦。

シノが一索を絡めて和了っていきます。

鳥を絡めた古役。果てはローカル役。

終わってみればシノの勝利。

鷹乃学習。この話のタイトルも素晴らしい。

今までは片鱗しか見えなかったシノの才能が開花する対局でした。


次鋒は閑無。あっという間に終盤。

次鋒は飛ばされる…げふんげふん…

閑無が突き放し名誉挽回となるかと思いきや、ポーカーフェイスの菰沢永見に直撃。

リー棒分まくられてしまうという結果に。

閑無にいいところは来るんでしょうか…


中堅は杏果。周りは3年ばかり。

刻子で伸びる杏果と、対するは対子で伸びる菰沢楫野

応用で劣る分劣勢を強いられる。

杏果「今はかなわないや………」

この一言、まだ心が折れていないことがわかるのがいいですよね。


副将はやりん

現在の状態で、菰沢がリーチ。この副将で菰沢に一位をとられるとその時点で試合は終了。

序盤ははやりがリードするも、まさかの比礼振中の自摸四暗刻。

そして、振り込み、最下位に転落。

しかし、さすが未来のプロ。これでも心折れず。

湯町のために、自分は3位に甘んじても菰沢の一位は阻止する。

菰沢以外の面子も同様であるため、実質1対3の構図へと。

さすがに直撃は望めない状況で、自摸和了りでの撃ち落としを狙う。

さすが未来のプロ、持ってるものがあるんですかね、自摸によって一位を阻止することに成功。


とはいえ、残るは大将戦。椋千尋…!


というところで次巻。




あれ?シノハユですよね…?

感想ならぬ箇条書きで書く意味あったのかっていうのもあったんですが、

ぜひ読んでみてとしてか。へたくそか。

今巻は闘牌が全部でしたね。

今までのシノハユなら必ず日常が入ってたんですが、意外です。

モラトリアムは終わりということでしょうか。

といっても、大会だからだとは思うのでまた大会終わったらいつものが見れそうですね。


この巻で未来のシノはやりがの姿が見えてきましたね。

どんどん話がつながっていて次巻も楽しみですね。


ではでは(:3ノシ )ヘ





スポンサーサイト

五十嵐あぐり シノハユ 8巻 感想





シノハユ8巻です。

今までなんだかんだで二人でいるのが当たり前だった、閑無杏果のお話からです。

閑無に振り回されてばかりの杏果でしたが、

それでも反省することはしてちゃんと誠意で見せる閑無を好ましく思っていて、

そしてそれゆえに信じることができるという要因になっているようです。

絆を感じられますね。


前回の戦いではそれぞれまだ伸びしろが感じられる上、

さらに強者がいるということを再確認できました。

だからこそ一年生組は次の試合に向けての意気込みが違うようです。

とにかく牌をさわる時間を増やして、実力向上を狙っています。

上級生組もそれに触発されるという、部活としてはいいサイクルができてきていますね。

そんな中、山本先輩シノに自分の部活に対する姿勢について話します。

こういうのがモブなのに親近感がわいてしまう咲らしいですよね。



そんな中、顧問の千沙はなぜか意図的に練習をさせないような指示をだしてきます。

もちろん反発する部員たちですが、

その真意がわからないながらも従うしかない状況。

現実でもありますね。そんな状況。

モチベーションに反発するかのように状況がそれを許してくれないという…

まぁでもシノ達の方は明らかに何かしらのポジティブな理由があるので

安心してみてられますけどね。


まぁそんなもやもやを抱えつつ市大会個人戦に突入します。

なんとかシノ閑無はやりんユエ曖奈さんは突破します。

しかし、突破はしたものの、シノ閑無はしこりを残しているようです。

中でもシノは珍しいですよね。

今までは一位にはなれなくても楽しかったという雰囲気でしたが、

曖奈さんに負けて悔しいという気持ちの方が勝っています。

リチャが言うように、今までは麻雀ができればよかったのが、

競技者として勝ち負けが気になるようになってきた、つまり、

麻雀に対して真剣になってきた証拠なんでしょうね。


個人戦が終わっても顧問の千沙の対応は変わらずで、

いよいよもって顧問の素行を調べようという話になります。

といっても思い付きの閑無のことですから最後まで続かずぐだぐだで終了します。

閑無らしいですね。

しかし、その中で突き止めた喫茶店に何げなくシノリチャが訪れることで

千沙の対応の原因がわかります。

まぁ要は過去に頑張りすぎてダメになった人がいた経験があったから、

部員に対してブレーキをかけていたということです。


というわけで、そのことを改めて顧問と話し合い

お互いはお互いの言い分を尊重するということで決着。

なんというか大人な対応ですね。中学生なのに。

いや、それは偏見かな?




そんなこんなあり、県大会。

一回戦先鋒は多久和先輩

なにやら午前中は戦績が良いということから。

なんだか優希みたいですね。

そうこうしているうちに一回戦を突破。

しかし、一回戦の中でも飛び切り早く決勝行きを決めた菰沢中。

それもそのはず、去年の優勝校。

そして、その中でも特に強そうなのは小学生ながらにしてプロ二人に勝った

椋千尋

この娘が中学生編の一番のライバルになりそうですね。

先鋒はシノ。かつて戦った娘たちから激励をもらい改めて、勝ちたいと思ったシノ

ついに決戦が始まる…!というとこで次巻。



かつて戦った娘たちといえば、シノと電話したが、


「白築おねーさんが与那嶺殺すって」


割としゃれにならない発言でしたねw

そして与那嶺さんも心当たりがあるのでなんともw

みんなも牌は投げないようにしよう!



今巻では久々の日常話。シノチャーの正妻(?)の余裕で

周藤さんをいなしながらも結婚アピール。

その癖、二人で喫茶店にいったときはリチャにデートアピールされて

照れるというウブな感じ。はいはい、ごちそうさまです。

ほんと最初のころのシノチャーと比べると

ほんわかゆるゆるしているのを実感して感慨深いですね。




ちなみに今回の話の中で閑無の耳がいいということがわかります。

これが閑無の能力の片鱗なのか、はたまた、ただの日常の一コマなのか…

まぁなにかしら絡んで来そうな含みがあったのは確かですね。




ではではこのへんで(:3ノシ )ヘ



 

五十嵐あぐり シノハユ 7巻 感想




シノハユももう7巻です。

7巻なのに、まだ中学生なりたてです。

表紙は高校生の姿なんですけどね。

というわけで、今回の表紙は、杏果ちゃんです。

今更もしくは、やっとかという気もするんですが、それもそのはず、

今回は杏果ちゃんが大活躍です。



中学市大会の次鋒戦からスタートです。

前回は、まさかの閑無敗退から始まった市大会ですが、

次鋒ははやりん

なんかはやりんが出てくると安心感がありますね。

なんか負けるビジョンが見えません。

はやりんの中でも、中学になって心情の変化が顕著に出てきたようですね。

今までは個人戦主体の話だったわけですが、

はやりんも個人では活躍していたから今まで実感できなかった団体というものを

より深く考えるようになったようですね。

はやりん湯町中に来た理由―シノ達と一緒に麻雀を打つため―ということを考えれば、

団体戦への思いが強くなっているのがよくわかります。

そして、やっぱり安定のはやりん


中堅はシノです。

対するは、曖奈ちゃん

曖奈ちゃんといえば、シノ達とユエが打っていた時に出てきた中学生ですね。

重要なのは誰も曖奈ちゃんに勝ち越したことがないということ。

つまり、湯町中はレギュラーのほとんど誰も

勝てなかった(勝ち越しできなかった)ということなんですよね。

湯町中最強クラスのシノを持ってしても、勝てない可能性が高いということです。

とはいえここで怯む訳にはいきません。

はやりんは団体戦による心の強みを得ていましたが、

今度は逆にシノが団体戦による心の弱みを感じています。

それは、点数の重みです。

個人で打っている分では自分だけの点数だったんですが、

団体では自分の点数が次の人にプレッシャーになることも考えると

失っても取り返せばいいという考えが易々とできないんですよね。

ちなみに、もう一人の相手は、二年前の小学生の大会に対戦した河杉さん

咲らしい因縁を感じます。


さて、話は戻って中堅戦。

曖奈ちゃんは相変わらずのぶれない強さを見せますが、

シノも、あれだけ団体のプレッシャーを感じつつも相変わらず楽しそうに打って食い下がります。

二人の一騎打ちに思われところにまさかの河杉さんの役満。もってますね。

しかし、最後は曖奈ちゃんにしてやられてしまいます。

なんか主人公一強というより、やっぱ無名ながらも

勝てない人がいると主人公として引き立つ気がしますね。


ところで、なんかシノ鳥使い呼ばわりされてましたが、

もうみんなそういう認識なんですね(笑



シノは今まで試合で負けても泣いたことがなかったんですが、

団体戦の重みからかついに涙してしまいます。

そんなときはリチャードですよ。シノ頭突きが炸裂します。

何言ってるかわかんないと思いますが、気になったら読んでみてくださいw



そして、副将戦。湯町は、シノ世代以外では唯一の野津部長です。

こうしてみると、やっぱりシノ達はすごいですね。副将以外一年なんですからね。

現状までは、湯町中は一勝のみ。ユエ率いる万原中は二勝。

けっこうやばいです。

と、思ってたらツキがあったのか、2年ブースト(?)なのか勝利をおさめます。

なんかあっさりしてますが、仕方ないですね…


これで、二勝同士最後の大将戦になります。

大将は杏果ちゃん

なんかこの記事冒頭の文章で、ネタバレ感はありますが目をつむりましょう。


今まで小学生のときから閑無達の傍にいたので、

存在感はありましたけれど、麻雀での存在感というのは乏しかったように思えます。

杏果ちゃんのモチベーション的にも今までは個人戦だったから、

自分は一番でなくてもいいやという思いがあったのでしょうが

団体戦だからこそみんなのために一番になりたいと思うようになります。

ここで、杏果ちゃん能力(?)の片鱗が見えてきます。

手が縦に伸びる。

縦ということは対子暗刻ができやすいということです。

しかも、縦に伸びる割にはテンパイ速度が遅くもないという驚異。

簡単に言い換えれば待ちがわかりにくい手を普通の速さでテンパイできるということです。

これはかなりの有利です。

今までも縦には伸びてたんでしょうけど、ここまで貪欲に和了りにいってなかったので

速度がそこまでなかったんでしょうね。

つまり、とにかく和了に向かう杏果ちゃんはかなりの強者になるということですね。


今まではどうしても自分よりも他人(閑無)に対することを考えていたので、

自分自身を顧みるということが疎かになっていたようですね。

自分が一番になることでみんなを一番にできるという状況が

つまり、大将というポジションが彼女を開花させたようですね。


とはいえ、しっかりとオリ時も見極めてオリ切っていますね。

ノリにノッていても閑無のように流れに乗り切るのではなく、

落ち着いて状況を見れるのが強みのようですね。



彼女の開花もあり、勝利数、得点数ともに万原中を破ることができました。

杏果ちゃんが開花することで、閑無自身の心情に活が入ったようで、

閑無のさらなる成長がみえそうですね。

それにしても閑無は成長キャラですね。

最初から強いみたいなかませ感が出ていたんですが、

それ故の精神的な弱さというものが彼女を成長キャラに仕立て上げているんでしょうね。



さて、さらりと流してしまいましたが、

湯町がその後も勝って市大会を優勝で終えます。

勝ったといってもまだ市大会。県大会ではまだ見ぬ強豪が…

もっと強くならくちゃ…

という、往年のスポ根の展開で今巻はおしまいかと思いきや、

最後の最後は杏果ちゃん閑無の因縁が紐解かれそうな布石で終わりです。


実は杏果ちゃんは試合中

杏果「こんなに真剣になったこと―…

あの夏以来かもしれないな…」


というモノローグをしています。

最後に杏果ちゃん閑無を見つけた場所も「あの夏の場所」…

次巻に二人の過去が描かれることを期待しましょう。



今巻は今までの個人戦主体(咲では珍しいというかこれ以外にない)の話だったんですが、

ここから団体戦の重みというのが描かれています。

逆に言えば、団体戦の重みを引き立たせるための

個人戦主体という訳でもあったんではないでしょうか。

個人戦主体を描くことの強みというのは個人の思いや背景を描けるということにあると思います。

団体戦だとどうしても他の人との絆的なことになりますので、

個人の背景の描写というのはなかなか描かれませんからね。

その下地があれば絆的なものもそれぞれの観点から違った見方をすることもできますし、

絆の重みというのも観れるのではないでしょうか。






さて、皆さん気づきましたでしょうか。

この巻、今までシノハユお約束だった日常会というものが存在しません。

なんということでしょう。

リチャードシノの戦い前後で出てくるぐらいです。

これが、本来の咲らしい描写ではあるんですが、

今までのシノハユらしさはかなり好きだったので寂しい思いもします…

まぁでも展開的には仕方ないんですけどね…




あ、あとどうでもいいけど大将戦の小草愛梨ちゃんの目がやばい。




というわけで、今回はシノハユの感想にして珍しい、箇条書き感想になってしまいました。

ではではこのへんで(:3ノシ )ヘ



次は、怜かな?






五十嵐あぐり シノハユ 6巻 感想




さて6巻です。

前回で一区切りした感じですが、

今巻からついに中学編が始まります。

なんだかやっと感じもします。

とはいえ、今巻の前半は小学生編最後のお話になります。


特にこれといった感じのお話ではなく、

皆さんも経験したことがあるような

残り最後のモラトリアムといいますかなんといいますか、

当たり前に過ぎていくもののそれがふと終わってしまう

そんな印象を受けます。

今巻の半分はそれなんですが、

なんというか密度的にはあっという間に

中学編にいってしまった気さえしますね。


ちなみに、最後の小学生編でのお話は、

大会が終わっての残りの夏休み、

修学旅行、その後は走るように冬、卒業式と続いていきます。


前回、ナナさんとすれ違いの結果になったシノですが、

ナナさん側のお話もちらっと出てきます。

ニーマン魔法?とやらでどうやら記憶を操作されているような感じです。

てか、何でもありですね…最近の咲の能力はほんとに…



そして、ちょっと以外だったのが、

はやりんが中学からシノたちと一緒の学校になったところでしょうか。

てっきり高校にて合流する感じかと思ってたんですが、

思いのほか早かったですね、

逆に以外だったのは、ユエとは中学で一緒かなと思ったんですが、

そうでもないようですね。


試合後の夏休み中にシノ会話があるんですが、

あの大会後もしっかりと交流があることがよくわかります。

そして、相変わらずのニワチョコだったりと、

ここで高校生につながる人間関係の礎がほとんどできているように思えますね。

阿知賀のときもそうでしたけど、

新しいところで新たに、というよりは

昔のつながりを大事にして、

重要部分の高校を描くという感じですね。


本編は家族に焦点を当てて、阿知賀は友達に焦点を当てて、

片やシノハユは家族と友達両方に焦点を当てるという感じですね。


すいません、ちょっと脱線しましたね。



修学旅行の談では、シノが髪を伸ばすきっかけについても

ちらっとふれられます。

日常のお話をやっててその中に今後に関わる理由とか

そういうのがちりばめられているのが、

リアルという言い方はおかしいかもしれませんが、

共感が得やすいですよね。

どうしても漫画的には一気に伏線をちりばめて、

後で要所要所で一気につんでいくというのが

多いのですが、こういう漫画展開はいいですね。

もちろんシノハユだからというところもあるでしょうし、

漫画的にこんなにゆったり描けることってそうそうないでしょうからね。

いやほんと、シノハユはそのときの情景と流れが楽しめる漫画ですよね。






さて、再び脱線してしまい申し訳ありませんが、ここからようやく中学編です。

中学編は部活に改めて入るところ、そして、

今までは先輩という存在がなかったのですが、

初めて先輩という存在が出てきます。

今までのシノハユでみればけっこう重要なファクターかもしれません。

さらには、顧問の先生というところまで出てきて、

今まで、自分の思うとおりにだけやってきただけとは違う、

上の関係をもった生活がスタートするという導入になっています。

小学生のときにも経験はあったでしょうが、

それは先生というある種特殊な存在と、

先輩といっても小学校低学年のときにみた先輩というだけで、

中学の少し前まで、つまり小学校高学年の経験として

ほとんどないんですよね。

そんな中とまどいも覚えつつ、

いろんな考え方の年上がいるということが見て取れます。

先生についてもそれはそうで、

今までは無条件に勉強以外でも助けてくれる存在だったわけですが、

中学の先生というのはある程度の部分までしかみてくれない、

いわばちょっとドライな立ち位置になっています。

私にしてみれば、けっこうそんな印象を受けていたので、

この雰囲気感というのは非常に読んでいて共感を得た部分でもあります。

他の方はどうなんでしょうか?


まぁそんなこんなあり、

シノも中学の部活に順調に馴染んでいるようで

ここの部独特のポプ麻にもすぐ慣れたようです。

てか、ポプ麻ってなんでしょうね…

私の覚え違いでなければ、ここで初めてシノが両利きという情報が出てきます。

なんというかシノは素でIQが高そうですよね…

そして、もうちょっとお話が挟まるのかおもいきや

いきなりの市大会です。


ここで今の本編とのルールの違いが出てきます。

本編でのルールは、「今年のルールは特殊な子たちを探すようなルール」

と触れられていたように、前年は違ったルールだったことがわかります。

つまり、もしかしたらですが、前年までのルールというのが

このシノハユで説明されたルールなのかもしれませんね。

いろんな人が言ってましたけど、オーダー固定はやっぱりちょっとしんどいですよね。

シノハユルールみたいに交代できる要素があると

けっこう想像の予知がもっと広がったかもしれませんね。


そしてページ跨いだらもう大会。

さらにページ跨いだら、先鋒終了。

異例の早さです。



しかも、ユエカンナを飛ばして終了です。

一体ユエになにが…ってところで次巻に続きます…


この引きは卑怯ですねw

すごく気なる。

前振りの段階ではいきなりユエのいる万原中かーと思って、

しばらく面白い駆け引きあるのかなと思ったら即落ちでした…


確かに、全小のときにユエは悔しそうにしてたので、

成長フラグだなと思ってたんですが、

なんというか絵だけでみるとダークサイドに落ちた感じになってて

中学編も一波乱どころではないというのが予想できます。


てか、またカンナ噛ませになるのか…




いろいろありましたが、そんな感じです。

いつもは最後にまとめの感想みたいな構成で感想書いてるんですが、

今回は途中途中でまとめの感想っぽいこと書いちゃったのでこれにて終わりです。




それにしても、新しくできた中学の制服を見せるシノかわいい!






それでは今回はこのへんで(:3ノシ )ヘ



五十嵐あぐり シノハユ 5巻 感想

saki_main80.png


前回のコメントありがとうございました。

中でも個人的にツボだったのは

>サテライト級

いや確かに全然ありえますね…姉帯さん恐ろしい…

ちゃんと個人戦出るのかわかんないですが、描写があると嬉しいですね…。






さて、大分時間が空いてしまいましたがシノハユ5巻です。

忘れてたわけじゃないですよ…わすれ…

はい


今巻から全国小学生麻雀大会になります。

シノハユには珍しく麻雀を打っている描写が多い巻です。

そして全国大会なので当然のように新キャララッシュです。

ポイントはここで終わりではなくこの巻の後にも登場できるような

濃いキャラってとこですよね。

本番は高校でのインハイなわけですから、

ここで会った人たちがインハイでまた出てくるんだと

思うと因縁の深さも分かりますしね。


で、ちなみに今巻で登場するのはちょこさんです。

前巻名古屋大会で土下座を強要(?)してた丹羽さんとまさかこんなことになるなんて…


あ、全然関係ないですが、丹羽さん好きですよ。私。


あと、二回戦でシノと対戦した宗像さんも二回戦後もひとコマ出てきたりしたので

さらっとインハイで再会しそうですね。



さて、ともあれ本筋です。

一回戦は無難に終わるかとおもいきや、

いきなりるいちゃんが負けちゃいます。

因縁があったと思いきやいきなり切られてくのか…

本編とは大違いな感じですが、

小学生なのを考えれば今後この因縁も回収できそうですし、当たり前なのかも。

しかし、ただ因縁を終わらせずに新たな因縁を作っていくとこが咲です。

るいちゃんを負かした沖縄代表の若菜は見事にシノの標的となります。

ご愁傷様です。

しかも、運良く(悪く)二回戦であたるという始末。

素行があれなので、遅れてきた宗像さんに牌を投げつけるわけですが

これを見事にインターセプトするシノ


このコマだけみるとほんと衝撃的ですよね。

いろんな意味で。


で、案の定シノに蹂躙されるわけですが、助けてもらった宗像さん

その後も応援してくれるわけです。


なんだかんだあり、三回戦は丹羽ちょことの対戦となります。

三回戦の癖に面子がけっこう主要っぽいです。

最初に書きましたが、丹羽ちょこはここでなぜか仲良くなりますし、

後々絶対絡んでくるでしょって感じです。


ちなみに私は丹羽さんが好きです。二回目です。


準決勝では、ついに我らがレジェンド赤土が出てきます。

一人はキャラ立ちしないモブっぽい子という…

準決勝なのに珍しく三人しか主要っぽくありません。

この準決勝で分かるのはレジェンドが昔からデータ型で

なおかつ強いというところです。

小学生からこんなんだったらそりゃ高校でも活躍しますよね。

しかし、このときはあんなことになるなんて思いもしないのですよね…


で、主人公特有の謎行動により本来勝利しているはずのレジェンドもここで落とされてしまいます。

こうやって見るとシノってほんと怖いですね。

咲さんに通ずるものがありますね…



決勝では、善野さん咏さんシノというメンバー。

いきなり驚いたのは善野さんが現れたとき、

咏さんですら寒気を感じたというところ。

善野さんどんだけバケモノ染みてるんだ…

しかし、改めてみると5年、6年がほとんどなのに、

一人だけ3年という異常性…


実はこの決勝、今までの咲と違います。

の振込みで飛び終了で、再び咏さんが優勝かと思われたところを

善野さんの頭ハネで試合続行となります。

実は咲だと頭ハネの描写が初めてですし、

なによりも劇的なシーンで使われるというのも印象を上げています。

結果的には、とても教えを請うような印象でなかったのに、

準決勝のときにしっかりと頭を下げてまでレジェンドに助言を聞いたというのが

決め手になって咏さんの連勝を阻止しました。

シノは残念ながら勝てませんでしたが、

それでも次につながるものだった印象を受けます。



そして、最後に衝撃的なのが、

ついに母親の足跡を見つけたというところ。

最後の2ページのシノが非常に印象的です。

一言でいい表せない感じで非常に切ないです。




この巻では、世界王者のニーマンシノの母親のつながりがあったかもしれないなど

非常に濃い内容でした。

今までは一人一人の背景に焦点を当てていたのですが、

それもひと段落して、物語が進みだしています。


はぁ次の巻が待ち遠しいですね…





それでは今回はこのへんで(:3ノシ )ヘ




↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。