fc2ブログ

五十嵐あぐり シノハユ 16巻 感想


16巻。全中個人決勝が決着します。

戒能(姉)の能力が少し判明します。

他家の欲しい牌を二つずつ抱え込めるというもの。

シノの鳥さんですら抱え込まれてるので、現時点で能力的にはこっちのが上なんでしょうね。

一方シノは二つ取られてもいいような打ち回しで反撃。

しかも、最初から暗刻で手に持っていた場合は発動しないというのを逆手に取った、

嶺上開花からの金鶏独立

さらっと、能力に対応してしまうのがシノの怖さですね。

シノは、観客の多さと、ラス前・オーラスの局でバフがかかるのもあって、

かなり有利に立ち回っています。

オーラス、実際シノは先制テンパイしますが、峠岡さんもテンパイ。

星野さんは大三元の一向聴。さらには戒能(姉)もテンパイ。

そしてシノの手番で、戒能(姉)峠岡さんの当たり牌をつかんでしまう絶対絶命の状況。

ここで、シノのもう一つの能力。鳥瞰の発動。

鳥瞰はかなりの精度で危険牌を見抜けるようですね。愛宕ネキクラスですかね…

三連続で当たり牌を引くもテンパイを拒否してでも振り込まないシノ

ただ、オリたわけではなくまだ前に進んでいる様子。

シノが再びテンパイに戻し、全員がテンパイ状態のめくり合い状態に。

シノ「ツモ」

当たり牌や残り牌の数的に圧倒的不利だったにもかかわらずもそれを跳ね除けツモるシノ

シノが見事に全中王者に輝きました。

シノが能力をフル活用していたことからも全力を出し切ったのがよくわかる試合でした。

そして、何よりシノが自分の能力をほぼほぼ使い来なせるようになっているのがわかります。

これが大人シノのすべての能力かどうかはわかりませんが、

シノが咲時代でも最強格というのは納得ですね。

鳥瞰に自在に状況を確認でき、鳥さんによりツモも良し。そして、何より能力に対する冷静な判断と臨機応変さ。

とびぬけて強い能力があるわけではないですが、すべてが合わさると強いというなんとも麻雀らしい感じですよね。

この年は団体・個人ともに島根が勝つという異例の事態。

しかも、一年で全中制覇は当時初という。

本編では長野は魔境みたいな感じですが、この当時だと島根が魔境って感じですね…

全国に知れ渡ったシノですが、母に会う目的は達せず…

ただ、周囲は我が事のように盛り上がっています。

カンナカンナで変なプライドが邪魔して、日本代表陣がシノに会いたがっていたことを言い出せずにいましたが、

翌日になってようやく伝えられました。複雑なんやろね…

まぁそんなこんなで島根に帰ってきたと思ったら、今度は日本代表陣が島根に。

そんなことも露知らず、シノはやりんにマネージャーから話があるとのことで呼び出されていました。

驚きの声を上げるその内容とは…!?


ということで次巻。

そういえば、修行中のカンナについに地獄耳の伏線回収が!

現日本最強の神之浦さんの師匠が地獄耳を活かした打ち方をしているそうな。

カンナが次のステップに行く足がかりになりそうな感じです。

中一でトップになったシノですが、残りの二年はどんな話を展開するんでしょうか?

シノはいったん区切りにして、カンナはやりんなど周りの成長の掘り下げでしょうかね?

マネージャーの提案は何だったのか気になりつつ次巻を待ちたい思います。



ではでは。(:3ノシ )ヘ




スポンサーサイト



五十嵐あぐり シノハユ 15巻 感想

 
シノハユ15巻です。

全中準決勝、始まる!

千尋「点棒なーなった?」

一瞬!チョコの絶望。

件の椋木に少しでも食いつけると思ったらこの圧倒的な差ですからね…引退も考えますよ…

その姿を見た丹羽は、全小で負けたときですら笑っていたのを知っていたからこそ奮起します。

全小で負けたときに落ち込んでいたのをチョコに救われたからですね。

想いが届いたのか菰沢に一矢報いることもできました。

想像以上に丹羽チョコがお互いに感謝をして、大切にしているのがわかります。

この二人はいつの間にか仲良くというか親密になっていたので、

この辺がその回答になってそうですね。

結果としては菰沢の勝利で、そのままの勢いで優勝をかっさらっていきます。

丹羽チョコにとっては一歩前進する出来事になったようです。


そしてついに始まる個人戦。シノ出陣です。

ドラミングで調子いいのかサクッと決勝ステージ進出。

実際緊張したときは、体を動かしたり刺激を与えることである程度は緩和できますよね。

それがドラミングってだけで。寒いときに動きたくなるのと一緒です。一緒かな…?

自分で書いててもよくわからんですねw


さて、決勝ステージ前にシノの前に現れたのは、戒能優子

戒能…さらに妹がいる…良子…なるほど戒能プロの姉だと思われます。

まさかの姉。本編の関係で本人がちらっと出演することはありましたが、

まさか本編でも情報がなかった親族が出てくるとは…

そして決勝は、全小準決で当たった星野さん、初登場峠岡さん、そして先ほどの戒能姉

星野さんまさか再登場するとは…

流石の決勝はお互い引けを取らない戦いが始まります。


シノが戦う最中、カンナは修行。

覚悟が決まったおかげか、かなりの荒療治。

なんと、日本代表キャンプに殴り込み。

普通なら相手してくれないだろうに、相手してもらえる強運は流石カンナといったところでしょうか。

そして何気なく出る当時の日本最強(1位ってことかな?)・日本4位。

咲の時代では彼女らはどうなってるんでしょうか?

流石に引退ないしは、前線を退いていますかね?

そんなわけでカンナは彼女らに揉まれるわけですが、

当然手も足もでません。

同じころチョコはこれ以上進むことの意味に疑問を感じています。

まぁレジェンドでもトラウマになるような負け方をしているので、

自分より上が常にいる競技を続ける意味があるのかってことですね。

どんな競技にも通じることですが、上には上がいて果てがないですからね…

ただ、丹羽が示したくれた闘牌がその答えの一端にはなったようです。

濃密な丹羽チョコ

「退かない……!!」

「進む!一歩でも前へ!!」

ここで、シノカンナチョコと状況は違えども想いがシンクロ!

熱いですね!というところで次巻。


いやぁこの巻は最後につなげるためのきれいな流れになってますよね。

チョコの挫折と再起。カンナはすでに挫折を味わってるので再起。

シノは戦闘狂……もとい戦闘民族としての矜持。あれ?

なんかシノだけ特殊だな…

まぁともかくきれいにまとめられた巻でした。


今回出てきた日本代表ですが、きっとシノが日本代表になるときにまた関わってくるんではないでしょうか?

果たしてそこにたどり着くのはいつのなのか…

そもそもまだ高校編までもいってないですからね。

一巻表紙のシノを早くみたいものです。


というわけでこのへんで(:3ノシ )ヘ




五十嵐あぐり シノハユ 14巻 感想


シノハユ14巻でございます。

全小準々決勝組が再び集まったところです。

このメンバーの中で断トツでチョコ背高いですね…の叔母さんより高いです。

しかも、チョコの家には全自動卓が…

なに?咲に出る人はみんな金持ちなの?

やけに広くて全自動卓持ってる人ばっかな気がする…気のせいだろうか…

そして、この面子でやることといったら麻雀です。


シノ「一刻でも惜しいね もっとやろ もっとやろ」

「戦闘狂だよ…」

然り。


そんなこんなあり、開催前の各校も思い思いの時間を過ごしているようです。

シノはどうやら裏でニーマンと連絡を取るために行動を起こしていたようです。

それに閑無の的確な助言によりドイツ語も勉強し始めています。

当の閑無シノニーマンを麻雀選手として意識していると勘違いしていますが、

結果的に閑無も触発されるということになっています。


さらにシノはかつて住んでいた部屋にも顔を出します。

リチャ的にはシノにとってつらいと思って避けていたようですが、

シノも数年である程度乗り越えられるようになったようです。

リチャもかなりシノのことを考えての引っ越しだったというのがわかります。

麻雀牌を捨てようとしたのも、偏にシノを考えてのこと。

シノ「ありがとうおじさん 私の心を助けてくれて」

なんてこと言われようものなら、泣いちゃうでしょ…

泣かないリチャはどうなってんの。



そのひと時の後、ようやく湯町メンバーと合流します。

合流後はやっぱり麻雀。

「戦闘狂だよ…」

リフレインされる…

今回はの全小の対局を観戦していて触発されてやることに。

対局中もの対局を見ながらというものです。

そして、閑無を愕然とさせる、シノはやりの実力の違い…

の対局の全員の面子の手牌を覚えた上で、さらに自分たちの対局もこなすという離れ業…

将棋や囲碁の棋士なんかは頭にいくつも盤面を持っていて、

それを同時に俯瞰しながら次の一手を考えていると言われています。

麻雀でも同様のことが言えるということでしょうか。

少なくとも私は目の前の局面しか見れないです…全然気持ちがわかりません…

そんな閑無杏果も助け船…同じ協議の人が住んでる次元が違うのを自覚するとつらいですよね…

まぁかくいうはやり本人は人間はマルチタスクに向いてないって言ってたりするので、もうよくわかんないですよね。


全小決勝戦は、レジェンド宗像さんのよりんという面子。

宗像さんは以前にもちらっと出ていましたが、他の面子に比べると印象はかなり弱いですね。

レジェンドだけ5年生で、本編プロ組の中でも若い部類というのがわかります。

まぁ一番若いのは咏さんなんですけどね。今回は病欠とのこと。

そんな中、優勝をかっさらったのは

今回はレジェンドの強さを理解して、レジェンド対策をばっちりとしたことで勝利。

レジェンドが目線などで読み切ったと思ったころを、見事裏をかいて和了りました。

それもこれもその一局のために目線など細かい罠を仕掛けておいての和了りですから、

さしものレジェンド「まいりました」

これで、は二年連続優勝となります。ただ、6年なので来年からは全中です。


一方で、全中団体準決勝が始まります。

準決勝で当たるのは菰沢と丹羽チョコ所属の尼ケ坂女子。

シノにとっては小学時代の強敵と中学時代の強敵がぶつかることになります。

そして、ついに明かされる丹羽チョコの馴れ初め…

いつの間にか仲良くなってた二人ですが、ここで初めてその裏側が明かされます。

語られないと思ってたのでまさかな感じです。

濃密な丹羽チョコを見せつけつつ、いざ対局…!というところで次巻。


今巻は主人公組の対局らしい対局もありませんでしたが、

シノハユで出てきたキャラクターが関係性を持って描かれるちょっとした日常回となりました。

ただ、これも今までの対局でのつながりがあったから見られるわけですからね。

けっこう長いことシノハユも続いてきたなという実感もします。


さて、湯町メンバがすき焼きする場面があるのですが、

閑無があわや具材を床にぶちまけるというところで

シノが迫真の空中キャッチをかまします。

杏果「ここぞというときの反射神経ヤバいね」

いや、反射神経どころの話ではないんですけど…軽く人間離れしてない…?

果たしてこれは、対局に見せる何かしらの伏線なのか…!?

まぁ、そんなわけないと思うんですけどね。

というフラグを残しつつここまで。ではでは(:3ノシ )ヘ






五十嵐あぐり シノハユ 13巻 感想



13巻です。合宿編です。修行編です。

ここからはキャラの掘り下げと、強くなるための伏線を張るのが伝統。

菰沢はまだしも比礼振とかはちょっとイメージ薄かったですからね。

というか、割とメインになるとは思ってもなかったですね。

今巻表紙は吾郷さんですし。



そんな中続々と、合宿地に各校集まってきます。

菰沢はユズ千尋推しできてますね。というか、この二人以外印象が…

さて、万原中は、悠彗曖奈さんのみのようです。

一日目は湯町、菰沢、万原の面子のみのようです。

比礼振中、姫原中も参加予定なのがちょろっと語られています。


そして、一日目も無事終わったようですが、

なにやらシノの調子がおかしい様子?

危機せまるものがないと本調子が出ない感じでしょうか?

菰沢側は何やらその弱点について何かつかんだ様子。

通常ならそこで以降の対局で活かされてしまうものですが、

まさかの全日本を背負って立つ可能性を考慮した結果共有されるとか。

実際、咲の時代ではワールドレコードホルダーなんて呼ばれているわけですが、

この時点で目をつけられるというのは相当なんじゃないでしょうか。

まぁでも、これがなぜ全日本を背負って立つと言われたのかはすぐにネタばらしがあります。


シノは、ギャラリーが多いほど強くなるという傾向があるようです。

一日目では監督二人が見ていた局が良かった。

ここからは推測の域が出ないようですが、

小学から高校に行く毎にギャラリーが増える、つまり、

高校からプロ、世界となればさらにギャラリーが増えるということで、

上に行けば行くほど強くなるってことです。

現状でこの実力であれば、将来は向かうところ敵無しと希望的観測をしてしまうのも無理からぬことでしょう。


閑無シノに対してはどんどん強く、遠くにいってしまうことを感じているようですが、


閑無「たとえば慕が世界のどこかでひとりきりでいたとしても

必ず

捜し出してぶちのめすから待ってろ。」



これもう完全に主人公ですやん。

ライバルの孤高をぶちのめす、主人公というのが幻視できますね…

一度精神的にシノに折られたからこそかなり強くなった感じがします。

この時期会って一度折られたからこそですよね。

例えば、高校とかで折られてしまうとそこで立ち直れないくらいのダメージになってしまいますからね…

すこやんレジェンドの関係然り。こうなってしまうとライバルという立ち位置にはならないですからね。

そういう意味ではほんとシノは周りの人間に恵まれています。


二日目はダイジェストでしたが、一コマ一コマ各校との関係とストーリーが見て取れます。

夜会話という寝付けない者同士のなんとなく落ち着く雰囲気というのはよくわかります。

多分、仲間がいてなんか安心しちゃうんでしょうね。

それにしても菰沢の結衣さん相当杏果ちゃん気に入ってますね。固執といってもいいぐらい…


そして、三日目なんと水着回!

まぁシノハユに水着がどうこうは期待してないんですが、息抜きですかね。

と、思ったら、熱中症で倒れるシノ

そして、それに真っ先に駆け付ける閑無

一日目の夜の宣言が伏線になっていて、一番に駆け付けるのがいいですよね。

今後も、シノのピンチやここぞというときに駆け付けてくれそうな安心感があります。

シノはこれにて合宿終了になってしまったようですが、

他の面子は引き続き合宿のようでした。

ここの差が後々伏線として何かしら出てくるんでしょうか?


そして、全国大会前。シノルイの家に泊まることに。

(久々のサナエまた見れて嬉しい)

シノの引っ越し前の面子との再会もありますが、この旧知の仲の間の関係性は変わらないみたいですね。

てかあっちの子らは普通にタワマンとかなんとか話題が金持ち(?)っぽい感じでな、なんかね…

その間、リチャ編集長と会合。何やらナナさん周りで新情報?

そして、ニワチョコ

この二人は見てて安心感があります。

全小準々決勝、シノニワチョコ、戯敵との邂逅。

(戯敵て…)

そして、全中がついに開幕。


といったところで次巻。

正直なところ、中学編の登場人物は多い割に、本編に出てない人ばっかなので覚えにくいんですよね。

新刊出る度、誰だったっけと読み返す羽目になります。

全小のときはニワチョコとか心ちゃんとかけっこう覚えやすかったんですけどね。

あ、千尋ユズは印象に残ってますよ。

シノの強さの秘密が少しづつ解明され、また、ナナさんの伏線も張っていて、

次巻から急に動いてくるような気もしますが、闘牌で埋まっちゃうような気もして複雑です。

とりあえずは次巻も楽しみにしてますではでは(:3ノシ )ヘ








五十嵐あぐり シノハユ 12巻 感想


前回に引き続き島根大会個人戦。強敵に囲まれた卓でついに崖っぷちのシノ

思い出すのは、母がいなくなった日。

ナナさんがいなくなった経緯が語られるのは初めてですね。

ナナさんが最後に会っていた人物が防犯カメラから割り出されます。ニーマン

そして、ここですでにシノニーマンの存在に気付いていたことがわかります。

つまり、ナナさんがいなくなった原因が麻雀にあるというのもここでほとんど確信しているというのがわかります。


シノの麻雀の根本への渇望は、麻雀で強くなってニーマンに会うこと。

当時は、麻雀で有名になって向こうから見つけてもらうと言っていましたが、

実のところその目標は決まっていたんですね。


自分の本来の目的を思い出すことで、闘争心を再び取り戻すシノ

シノの能力は、相手に使用しない風牌を送り付けることもできるようです。

相手に手を進めさせず、自分の手だけを進めるシノが窮地を乗り越えます。

シノの親番になったとはいえ、千尋の親番になってしまえば今度こそやり過ごせないと見切り、

この親番で決着をつけることを決意。

いや、そんなんできるんですか…

しかし、蓋を開けてみれば、無双。その一言につきます。

相手に風牌を送り付け、相手が逆手に取ろうとすれば風牌送りをコントロールして、意表をつく。

この能力を意識すればするほど沼に嵌るという落とし穴。

唯一千尋が覆せそうな雰囲気を醸し出していましたが、行長さんが勝ちにこだわったことにより、その機会を逃します。

そこからは、怒涛の連続和了により、行長さんがトび終了。

シノのバケモノっぷりが開花します。

おそろしい…

ちなみに、曖奈さんには初勝利。

今までてんで勝てなかったのに…逆境による成長はおそろしいものです。

もはやサイヤ人ばりです。

そして、次局も因縁。

閑無ユエ、菰沢の楫野(杏果を負かした人)

今回も何かしらドラマがあって、次巻に続くかな…

と、思ったら、覚醒したシノの強いこと強いこと…

正に、無双状態。あっという間に閑無をトばして終了です…


これにて、シノの優勝が確定。


島根個人戦代表はシノに決まりました。


杏果は負けた閑無がまた落ち込んで立ち直れないんじゃないかと心配していましたが、

閑無も成長しているようです。

もちろん悔しさを露にしていましたが、

閑無「私は慕に言わせたいんだよ「手強い」「参りました」と――」

閑無まだ、いいとこなしですからね。ぜひとも活躍して欲しいです。

でも、この感じだと高校編で覚醒という感じですかね?

はやりは、シノがどこか遠くに行ってしまうことを危惧していましたが、

これはどういった伏線なのか?単純に力量さ的な意味なのか、はたまた、物理的な意味なのか…

状況的にはナナさんを彷彿とさせます。


一方シノシノで悩みを抱えているようで。

勝つことにこだわった麻雀は、本来の楽しみたいという思いと違っているというジレンマ。

リチャードは、勝負事なんだから当たり前と諭しますけど、強者には強者の悩みがあるってことですね…


いつもの、練習風景に戻るわけですが、メンバーがシノ古役技を面白く表現してます。

即死コンボ

金鶏独立花鳥風月からの紅孔雀

シノ曰く、鳥さんラッシュ


また、ここで閑無がここでシノの悩みをスパっと一蹴。

結果がどうあれ、勝ちにいっても楽しもうとしてる、それがシノ

打倒を目指す閑無が一番シノを理解してくれているというのがわかる言葉です。

ライバルが一番の理解者というなんともスポ根な展開です。いいですね。


そして、お次は何のお話かと思えば、菰沢との合宿!

咲といえば恒例の大会前合宿!

なかなか楽しい組み合わせが見れそうです。


ということで今回はここまで。


なんというか、ようやくシノの闘う相手、シノの本領が明らかになった巻でしたね。

それに加え、おそらく高校編で強敵になるであろう相手の伏線も貼れてますし、

閑無の強化フラグも立ってますし、早く高校編がみたいですね。

といっても、まだ中一なので先は長そうですけど、まだまだ楽しめるシノハユです。


ということでこのへんで(:3ノシ )ヘ








↑