FC2ブログ

めきめき 怜-Toki- 4巻 感想




前巻のあらすじ!

やっぱり凶星の片割れはセーラだったじゃないか…

という訳で凶星編の続き。セーラ編とでもいいましょうか。


面子はセーラ竜華除ケ口部長

もう一卓は、葉子しんちゃん倉智姉妹

姉妹は二人で交互に打つ感じみたいです。

部長の様子やの姉妹に対する様子から

段々と麻雀部の裏側が見えてきそうな様子です。

部長のとんでもない緊張の様子…

どうやら、竜華を出汁にして自分をクラブチームの入団に推薦してもらう腹積もりだったようです。

これで、裏で凶星とつながっていた理由がわかりました。

含みがある悪役っぽかったのもすべて竜華を出汁にしていたからこそってことですね。

セーラもその明るさの下になにやら破滅願望が…?


竜華除く、ここにいる誰ものことをただの面子としてしか見ていない中、

普段通りに打てない部長へ向けて、が楽しまなければと助言をします。

そんなを見てセーラを気に入った様子。

まるで、部長がピエロみたいだぁ…

でこの対局を楽しんでいる中、

自分が予知夢を見るタイミングというのを自覚してきているようです。

今までは、対局とは関係ない事象の予知夢でしたが、今回は試合結果の予知夢…?

ん、いやでも今までのもよく考えてみれば対戦した結果で起きた事象なので、

あながち全く対局と関係ないわけではない…?

セーラは対局から竜華がなにやら手を隠しているのを察知している様子。

今のところ、の作中では全力竜華はその片鱗しか見せてないので、

見てる側としてもモヤモヤですよね。



そんな三人の世界を構築する中部長はドツボにはまってしまいます。

部長倉智姉妹の回想へと突入するわけですが、

倉智姉妹サイン無し通しとか強すぎる…

当時、陰を落としていた倉智姉妹に対して部長はありのままを受け止め、

尚且つ二人を見分けることができたわけですから、姉妹にとっては特別な存在になるのも頷けます。

そんな姉妹の激励を受け部長の精神状態は持ち直します。


ただ、それを黙って観ているセーラでもなかったようで、徐々にエンジンがかかり始めます。

困難を糧とするセーラは、破滅願望というよりも困難を超えることこそに意義を感じているようです。

ドMやん。ごほん。

だからこそ麻雀が好きだと。

の物怖じしない姿勢は悪い意味では怖いもの知らず、いい意味では向上心の塊といったところでしょうか。

竜華を絡める事でこれがあの高校生のを形作るのですから、いやはや。

セーラ親三倍満の直撃を喰らってがトンで試合終了。

にいいところはなかったようですが、卓についていた全員がの精神性に感化をされています。

この破滅的思想から、今の高校のセーラを形作る一端になったんでしょうね。

試合後、部長から真相が告げられます。

まぁ普通は憤るんですが、は満更ではない様子。

あの卓で感化されたのはセーラ部長だけでなく、もだったようです。


そして、さらっと明らかになるもう一人の凶星

愛宕ネキやん!

いや、そうかもとは思ってましたが、敢えて捻ってくるのかと。

セーラ愛宕ネキって因縁的なのあったし、チームは組まないかと思ってたので…。

プロの娘として強くて当たり前だと扱われる愛宕ネキ。それに憤るセーラ

セーラはまっすぐですね。だからこそ、なんでそんな破滅願望を持つようになったのかは気になります。

プロとしてではなく、個人として見てもらうための凶星というチーム。この二人が組むのも納得です。

そして、これがフードで顔をなるべく隠していた理由の一端ですね。

ま、二人のことなんでその方がかっこいいからとか演出的な意味でしょうけど。

ていうか雅枝さんも出てくるんか…名前だけですけど絹ちゃんも出てきたし。

愛宕一家が一気に登場です。ちなみに、この頃だと絹ちゃんはサッカーやってるんですかね?

しかし、車内の会話にて如何にセーラを認めているのかもわかります。

知名度を上げた凶星という名前すらにも臆さないんですから、それは愛宕の名を知っても臆さないでしょう。

まぁそもそもプロとか知らなそうですけどね。


日常が戻ってきて、の体調にも陰りが…?

ポニテ葉子かわいい。

なんやかんやあって竜華の家に泊まることに。

竜華は風呂あがって早々まずペンダントつけるんかい…

夜会話にてついに竜華の過去の核心(ペンダント)に触れられることに…


ということで次巻。



核心に触れて、もしかしたらそろそろ小学生編も終わりかもしれませんね。

これでようやく大阪勢の本編主要メンバーはそろいましたかね?

後は船Q末原さん漫ちゃんのよーあたりでしょうけど、

出るとしたら、船Q末原さんくらいでしょかね?あとは、荒川さんがちょろっと出てくるかってとこでしょうか。



さて、今回はのカバー裏にも触れねばならんでしょう!

雅枝さんが松実母、露子さんのお墓を訪れています。

二人に接点があったこと、そして、露子さんが優秀な指導者であったことがわかります。

シノハユにてレジェンドに麻雀の基礎を教えた人としても登場していましたが、

目頭が熱くなりますね…

しかし、彼女が存命で監督であった場合どれほどのチームができて、

松実姉妹がどのように育っていたのか想像せずにはいられません。






というわけでこのへんで(:3ノシ )ヘ





スポンサーサイト

五十嵐あぐり シノハユ 10巻 感想



引き続き島根大会決勝。大将戦。

湯町は雫部長

菰沢はあの椋千尋

湯町の勝利条件は菰沢に12400点以上の差をつけて終了すること。


初っ端から飛ばしていく千尋

とはいえ和了りは普通…かと思いきや

怒涛の連続和了。を彷彿とさせる連荘です。

とはいえ、点数は最初の和了と大差ありません。

未来予知の如く和了る牌が分かっているかのような打ち方に控室も戦々恐々とした様子。

これでもまだ温存しているとか…能力なのか、愛宕ネキのような勘なのかはたまた…


相手にポンを鳴かせて各人のテンパイを阻止したりと、

まるで山が見えているかの所作。

30符1翻縛りでないといけない理由がありそうですね…

怒涛の11本場で終了…!


このとき――試合を見たすべての人が思っていた

県下最強はもしかしたらこの椋千尋ではないかと―――

ただ一人をのぞいて


主人公!

なんかようやく本編が始まるような感じで胸熱!

中学編プロローグ終了ですかね。


大差で負けたとはいえ悔しい気持ちはぬぐえない雫部長

こういうときに一緒に寄り添ってくれる仲間というのはいいですね。

ここでの先生は流石に融通を効かせてくれて根のやさしさがよくわかります。

昔友達に言われたことですが、

「悔しいということは、それほど真剣に取り組んでいたということ」

慰めにもならないかもしれないですが、自分がいかに真剣だったかを自覚させられたのでよく覚えています。

雫部長もきっとそんな感じなのかなと思います。



そんな怒涛の一日を過ごしてシノが帰宅してみれば、当たりまえのように質屋がいる…

彼にはリチャ以外友達とかいないんでしょうか…

思わぬところで母の写真を見て気持ちも新たに個人戦へ向けて努力です。


練習風景では、他のメンバーのモチベーションも上がっています。

杏果刻子から新たに対子という可能性を見出しています。

それもこれも決勝での菰沢楫野さんを意識したおかげ。

ある一幕ではまた閑無の耳の良さが浮き彫りになります。

いや絶対伏線ですねこれ…



と、いろいろ伏線を挟みつつも個人戦開幕!

なんやかんやとシノは無難に4戦全勝。

個人戦は何回か打つことが前提なので、すべてトップである必要はないのですが、

まぁ全勝するぐらいの気概でいかないと勝てないってやつですね。

続くシノの5戦目。

相手は、菰沢行長さん曖奈さん、そして、椋千尋

早くも対決の実現。しかも面子はシノにとって強敵の人ばかり。

行長さんとは先の団体決勝で苦戦。

曖奈さんに至っては未だ勝てたことがない。

そして、格の差を見せつけた千尋

もはや決勝としてもおかしくない面子で以下次巻!


まーた面白くなってきたよシノハユ。なんというか安心して追っていられます。

まだまだ、高校編が控えているのだからすごいですよね。



さて、今回は最後になんとなく気になった表紙について。

今巻の表紙は雫部長です。

しかし、気になったのは人ではなく服。

制服です。つまるところ所属高校です。

言わずもがな表紙のキャラは作中の年代ではなく、高校時の姿です。

雫部長も制服が湯町のではないっぽいのでたぶん高校での姿です。

で、一巻からずらっと並べてみたところ…

シノ閑無はやりユエ、巻は飛んで杏果は同じ高校。

レジェンドはそもそも遠方の地なので各々高校は当たり前のように違う。

で、現在の対戦相手の千尋行長さんは同じ高校。

現在の作中の様子でも仲良さげですので、順当なところでしょうか。

そして最後に雫部長。どうにもシノ達とは違うようです。



で、ついでで今度こそ最後なんですが、中学編、6巻からだったんですよね。

今10巻なので…あれ!?もう小学生編と同等やってる!

中学編プロローグとか言っちゃいましたが、ずいぶん長かったですね…

しかも、これでまだ一年生なんですから、

単純に計算すると三年生の終わりまで後10巻。20巻に到達しますね…

まぁ逆に言えばまだまだそんなに楽しめるということです。

うむ



というわけで今回はここまで。


ではでは(:3ノシ )ヘ








小林立 咲-Saki- 18巻 感想



18巻ではようやく五決も終了し、決勝へ。

ど初っ端のカラーからやらかしてくれます。

肌色が多いです…

ここまでそのままだとサービスがサービスになってない気がするのですが、まぁいつものことですね(´・ω・‘)

意気揚々としたリザベーションを発動した哩さんでしたが、船Qに止められてしまいます。

絹ちゃん船Qのことをロコちゃんって呼ぶんですね。浩子のろこか…

哩さん以外はリザベーション封じのために速攻和了り。

そのまま一進一退の攻防が進み南3。ユキ左手が発動します。

なんというかもう手の内がばれているので、

如何に相手の能力の全力を出させないかの足の引っ張り合いになるのは、まぁ仕方ないですかね…

しかし、この左手リザベーション並みの強さなんですね。

一日一回という制約のためなんでしょうけど、役満クラスの和了じゃないとちょっと割りに合わないですよね…


そんな中、絹ちゃんにも異変が。

あらたそとの対戦がきっかけとなったのか、丸いもの(サッカーボール)=筒子が集まってきます。

これが絹ちゃんの能力の片鱗なんでしょうか。


そして、またもリザベーション

二度目のカラーはまたしても姫子。うーん…

も維持を見せて、見事に6翻を達成。

最後は船Qが決めて副将戦終了。

順位は、姫松、千里山、新道寺、有珠山の順。






すぐに大将戦。

東一局からリザベーションです。

他の面子もかき回すことで、なんとか逃れられないかを模索しますが、どうしようもなく…

やっぱりリザベは無敵なんすかね…

これにて新道寺はトップに立ちますが、

次のリザベまで守りに入るという読みを九種九牌という間隙を用いて上で、次本場で和了ります。

は前回の闘いにて能力を使い果たしており、有珠山は流石に勝ち目が薄そうです…

とはいえ、相手の能力のすべての制約までは理解できていない他家達ですので、

下手な警戒が裏目に出る事に。

末原さんは相変わらず、鳴きを利用した早和了りが冴えます。

アコチャーと違うのは相手の能力を踏まえた上でのその臨機応変さでしょうか。

鳴きに頼るだけではなく、あくまで手段の一つとして用いている感じですね。

戦略と戦術に長けるといったところでしょうか。

こういうのもある意味能力ですよね。

そうこうしているうちにインハイで早期に使ったというの能力、黄色雲のリキャストタイムが終了したようです。

親番でしかけると警戒しているが、実際に能力を使っているかわからない末原さん

前回は咲さん頼りだったのがよくわかります。

さて、黄色雲の能力はどうやら1~4という低めの数字の牌が集まる

いわゆる漫ちゃんの逆バージョンの能力のようです。

その異様さに漫ちゃんを重ねた末原さんはなんと一度和了られただけで、看破し対応します。

運の要素もあるとはいえ、いやほんとすごい。

そんな二人の攻防にあてられてか、

竜華無極天を披露です。

ちなみにアニメではそれっぽい演出ありましたが、原作では初お披露目。

無極天ゾーンってことらしいです。

末原さん曰く、ゾーンに入った竜華を止めることができたことはないとか。

異能の常識の埒外というやつですかね…

相手を鳴かして引く牌をずらしつつ、尚且つ他家の当たり牌を取り込んで和了る…

まるで全てを見透かしているかのようで、そのポーズも相まって正に釈迦の掌で踊らされているような感じです。

無極天こわい。

そんあ竜華に対して、一歩も引かないのが我らが末原さん

相手を読むことに長けている状態の竜華

並みの打ち方では裏をかけないということが身に染みているからこその試行錯誤。

そして、近くで見てきた強者を思い描くことでその一つの答えへ。

愛宕ネキの打ち筋を真似ることで見事に裏をかくことを成しえます。

こうやって見ると末原さん成長していくからかなり強いですよね。3年なのに。

咲さんとの初対戦は本当になんだったのか…

ついにオーラス。

新道寺にはまだリザベが残ってますが、一本場。

ところが、まさかの四風連打により一本場。

ここでの四風連打の際の葛藤がいいです。

末原さんがまず北を出し、おそらく不要牌である北を何の疑問も持たず出す

ここでは出してから四風連打の可能性に気付きます。

あるあるですよね。出してからマズってやつ…

そして、姫子。手牌はよくないものの北はある。

だが、ここで北を出したとしても竜華が出さない可能性の方が高い。

とはいえ、可能性に賭けて全力を出すしかないという現状。

最後に竜華リザベは認識していたので、和了られれば逆転される可能性も見えていたはずです。

普通であれば、可能性としてある時点で北は出しません。

ところが、竜華が選んだのは四風連打

それを決定付けたのは船Qの言葉。7翻ではなく6翻での縛り。

外から見ていたらが何翻縛りかは知りようもないのですが、

船Qの分析では、確定7翻にしなかったという理由故の6翻。

これが命運を分けました。

一本場は描写すらなく、当たり前のように姫子の三倍満。

これにより親被りで姫松は一位転落。千里山が一位となりました。

姫子は三倍満では届かないことを知りながら、なぜリザベを使ったのか?

その答えは控室で明かされます。

今まではリザベでもらったキー以上の和了を超えることができなかったそうで、

故に最後はキーを使った上で超えたかったとのこと。

超えられなかったことを悔やんでいた姫子でしたが、その実竜華が和了る直前に鳴かなければ達成していた…

あと一歩までいっていたということですね。

それを受けてのの最後の一言、


「またいつか 同じチームで打ちましょう」


ぐっときますね。


しかし、ここで改めて思うのは竜華のやばさですね…

おそらくは最後三倍満を超えると感じたからこその鳴きだったのでしょうから。

無極天は解除されていてもその読みは冴え渡っています。

なんか咲さんに通じるものがありますね…

竜華って個人戦出るんでしたっけ?

なんか作中で出そうなことをつぶやいてましたが、出るとしたら恐ろしい…


と、そんな感じで五決の余韻と思いきや間髪いれずに決勝です。

最初に整列。咲さんを見るが、は視線を逸らす。二人の関係性がわかり、印象的です。

残りページも少ないし、先鋒戦配牌で終わりか、一局目の照魔鏡で終わりやろな…

優希起家ダブリー自摸。いきなりトップギア。一本場。


智葉「まさか―」


「今のの顔一瞬曇ったぞ」


優希「捨てる牌がない」



天和だぁーーーーーーー!



あああああああああああああああああああ

あああああああああああああああああああ




うえぇえここでー!?

なんか優希がどんどんカッコよくなっていく…

まさか準決よりもさらに活躍するとは…

の慧眼による調整も恐ろしいけど。

いきなりナンバーワンを曇らすなんざ考えつかんよ…


というトップギアでいざ次巻。


えええええええ

これはなんだろう展開が読めなくなってきましたね。

予想では東場でイーブンに優希が渡り合って、南塲あたりでクロチャーの逆襲して、

それでも智葉が持っていくんだろうなと思ったのでもうあれですね。

大番狂わせです。

次はやく…




本編に衝撃を受けつつも、今回はカバー裏にも触れねば。

立せんせ画の閑無杏果。美人さん過ぎる…


戒能「あの石飛さんにそんな頃が…」


今の閑無はどんなんなんですかねぇ…


というわけで今回はここまで(:3_ヽ)_






咲-Saki- 18巻 シノハユ 10巻 怜-toki- 4巻 あんど 特典

saki_main99.png 


というわけでお久々。最新刊。


本編は5決のクライマックス。

過去キャラの掘り下げと関係性もこれにていったん終了となります。

とはいえ、メインキャラとのつながりがある故に際立つものでもあります。

まぁ、早く本戦を見たいとという気持ちも大きいですが…

溜めた分だけ期待も増すということで。



シノハユは遂に二桁巻です。

阿知賀のときに比べて長いの理解してましたけど、

こう考えると逆に阿知賀はよくあれだけの巻でキャラ性を掘り下げられたなと感服いたします。

シノハユもそろそろ溜まってきたのでアニメが期待できるですかね?

アニメ化したら無理に話進めずのんびりとやってほしいです。

駆け足は見苦しいですからね…。



怜は4巻。セーラとの対局です。

この出会いが後の千里山の主力になるんですから、胸熱ですよね。

もいるけど。

いよいよもって、他の関西組も絡んで来ます。

主題である竜華についても徐々に進展があります。



特典の方は画像のとおり。ででんとさん。

このアコチャーも新鮮でいいですね。

そしてかわいい。

思ってましたけど、ちっちゃいときのはカワイイ路線なのに、

高校生になると儚げアンドちょいおっさんキャラが見えてくるんで不思議です。

あ、どっちのも好きですよ。



感想は後日!んでは。


木吉紗 咲日和 7巻 感想




というわけで咲日和最終巻です…

saki_main98.png 

最後の本下に印刷されているのはです。

ちょっと見切れて特徴の角とツインテが外れてるのでぱっと見わかんないですね。




- 清澄 -

非日常系妄想。

学生のときの中二的妄想ですね。

最後の割にパンチが少ないかなと思ったけど最後のでやられました。



- 池田 -

池田ァ

トップ絵池田かわいいじゃねぇか…

大きくなったら。

子供特有のスケールのでかさ。そして意味不さ…パンって…

池田の自分のためじゃなくて妹のために調べるっていうのがお姉ちゃんしてますよね。



- 龍門渕 -

こよみ。もとい、透華カレンダー。

透華がはしゃいでおります。

すごいのが撮れた

純くんはぶれぶれなのが逆にぶれないですねw



- 鶴賀 -

気分転換。

煮詰まった時の顔がアンニュイだかれですかね…かっこいい理論…

妹尾さんは相変わらずモモが見えないんですね…

むっきーですらもう割とまともに取り合ってる気がするのに…



- 白糸台 -

ドレスコードパーティ。

なんかまじめそうだと思ってた白糸台ですが、

けっこう仲よさげにやってますね。

これが回想でもあったテルーの方針か…

いや、お菓子食べたいだけだったわ…



- 風越 -

大人。

ぶちぬきキャプテン

何気に日和初のぶち抜きコマ。しかもキャプテン

さすキャプ。

久保コーチ「(早く気づけよ)」

いや、こえーよ…



- 姫松 -

スエハラー再び。

あれ。ありますよね。

あれっていうから何って聞くと、

「あれがあーしてこうしてあれだったんだよ。」

あれ過ぎてわからん。

なぜだかラジオに。

でも、ヒロエ放送部聞いてみたいかも。



- 永水 -

アロハ。

姫様の発言に振り回される六女仙。

まぁ麻雀やってるのも姫様影響なので、いつも通りですかね…



- 宮守 -

部屋プラン。

部屋間取りを妄想するのってなんか楽しいですよね。

ちょっと不毛な気持ちになるけど…



- 千里山 -

セーラ飯。

なんでカフェ系って机が低いところあるんでしょうね…

食べ物食いづらい…気持ちがよくわかる。

これ木吉せんせの体験談だよね絶対。

飯の説明とか、エビフライ(神)てw

ちゃんと落ちてるし、千里山はセーラだと面白いですね。



- 阿知賀 -

ボランティア。

ペアが珍しい感じに。

まぁ、こうやって見てると本編であまり絡みない同士でも

やっぱ仲いいんですね。さすが総合力のチーム。



- 有珠山 -

プレゼント交換会。

ユキ「何を言ってるのかわかりません」

有珠山の良識。

「恥っず」

そんな有珠山のでも人並みに恥ずかしがるようで…



- 臨海 -

音楽。

ハオ「今 思い出した顔だ…」

ネリー迫真顔。

本編ではまだ闘牌しか出てないですけど、

日和ではかなり表情豊かです。

臨海は日和での補間がほとんどだったので終わるのがほんと残念ですね…



- 新道寺 -

満を持しての新道寺での最終話。

すばら先輩姫子の組み合わせ。

同級生で実は仲いいという登場時は思っても見なかったですけど、

いいコンビですよね。

煮干し。白水ぶちょー普通に間違える。恥ずかし顔。



- -

新道寺が連載最後でしたが、単行本ではこのおまけが最後。

というわけでおまけはです。

葉子が日和でもかわいい。勝ったな…

ちょっと短かったですね。もうちょっとの日和も見たかった…



というわけで、あっという間に終わってしまいました。

正直なところ今までに比べてパンチは効いてない感じで

確かに、ネタ切れ感が否めませんでしたね。

このままぐだぐだ続くよりかはスパっと終わってくれてある意味よかったかもしれません。

でも、またネタが溜まったときに不定期に連載とかしてくれると嬉しいですね。

あと、木吉せんせの絵も所々本気が見えてましたね。

どうしても4コマなんでデフォルメ調が多かったんですが、

今巻で要所要所で出てくる顔芸(?)的な絵のところがすごくよかったです。

次の作品は、もうちょっとデフォルメを抑えた感じの絵柄を期待してみたいですね。


ちなみに、木吉せんせの次回作の構想はいくつかすでにあるそうで、

その中には咲スピンオフもあったそうです。

立せんせは、木吉せんせのオリジナルを見たいので

そっちを押したようです。

確かに、咲関係にまた関わってほしいというのはありますけど、

ぜひとも構想があるならオリジナルを見てみたいというわけで、

私も立せんせに賛同いたします。


ほんと次回作が楽しみです。頑張ってください!



さて、最後に咲日和という作品自体の感想ですが、この巻の清澄のお話を抜粋。



「私は今の日々をこの先後悔する気はしないけどねぇ

ここに集まってみんなで部活できて楽しいわ」




これです。しかも最後一コマ使っての満面の笑顔の

まさしくこんな気持ち、こんな感想の作品でした。


木吉せんせお疲れ様でした!楽しい作品をありがとうございました!





↑