木吉紗 咲日和 6巻 感想





咲日和です。

今回、本下に印刷されているのははるるです。

saki_main86.png


正直ポリポリの文字がないと誰だかわかんないことに…




- 清澄 -

勉強のお話。

優希の辛抱のなさが見えます。

ここはあんま特筆するとこはないですね。

いつも通りほんわかです。



- 風越 -

貯菓子。

文堂さんのカード収集の苦労。

何事にもお金は必要ですよね…

キャプテンの機械音痴感。

これまたいつも通りの風越です。



- 龍門渕 -

池田姉妹

どっちが姉かわかりませんね(絵的に

ハギヨシGPS説。

しかし、妙にかみ合いますね。池田姉妹

大人げない純君。いや同い年ですけども。

人の眼鏡を拭く透華w

まぁそんだけ動揺したんでしょう…



- 鶴賀 -

ワハハもとうとう朝シャン派。

うるさくて眠れないことってありますよね。

こうやって、眠るまで付き合ってくれる友達っていいですよね。



- 千里山 -

今回咲、怜とフィーチャーされることの多い千里山。

しかし、今回はどちらかというと、監督と部員との関係ですね。

意外と咲って監督と部員との絡みって多くは描かれないんですよね。

もちろん関係性とかとかは描かれたりしますが、量としてはあんま多くないですね。

阿知賀は別ですけども。

何気に雅枝さんフナQの関係が描かれてるのもいいですね。



- 姫松 -

ワサンボン条約。

前にあった、愛宕姉妹ペット話の続き。

千里山で雅枝さんがなやんでいたとこにもつながります。

床の硬さを確かめる愛宕ネキ

ここらへんの流れは木吉せんせ流石ですね。

ひ ろ え さん

姫松ってボケどころとツッコミどころを抑えてるのが、

一見冷たいようであったかいとこですよね。



- 永水 -

永水のツッコミがあるのかないのかのこの、姫様中心な感じ

なんという優しい世界。

姫様の突発的な思い付つきにも対応可能な霞さん。



- 宮守 -

アイスクルミ。

姉帯さんは容姿次第で自分が怖いことを自覚している節がありますね。

シロが疲れるとはよほど。

いやいつもだるいって言ってますけど、

ある意味ポーズなところがありますからね。



- 阿知賀 -

初瀬

本編でもあんま描かれてないのでいいですよね。

ポニテ阿知賀。

離れていた時間があったとはいえこの仲の良さがいいですよね。



- 湯町 -

今回も出てきました。湯町小。

今回はシノが転校してくる前。

言い出しっぺ退場。

カンナは律儀ですねw

というか、カンナが使いやすすぎて、

物語の起転結で使われまくりですね。

というか、オチはカンナしかいない…

おいしい存在だ…



- 白糸台 -

テルーのマイペースっぷり…

現在絶賛やってる本編の過去編と見比べると、

そのギャップにびっくりします。

というか、白糸台ではが起点ですね。

カンナとはベクトルが違いますが、扱いやすさは同じですね。

いやほんと本編登場時と比べると微笑ましいですね。



- 大人 -

久保コーチってなんだかんだで優しいですからね。

あんま表には出せない感じですが。

藤田プロとか自分よりも目上の人にはちゃんとしてますし。

なんか池田には素直になれないんですね。久保コーチ

小学生か。



- その他 -

おまけは鶴賀。

鬼畜かおりんワハハには容赦ないですよね。かおりん





というわけで日和でした。

今回はなんかあっさりでしたね。

いつも一巻には最低一つこれはと来るものがあったんですが、

今回はなかったですね。

いやもちろんいつもの感じではあったので良かったのですが、

なんでしょうね。あ、新道寺がなかったのか…

新道寺があるとほぼ間違いなく当たりですからね。




というわけで次巻に期待しましょう。



ではでは。(:3ノシ )ヘ





スポンサーサイト

めきめき 怜-Toki- 1巻 感想





というわけで怜です。

まさかのスピンオフという形ですが、どんなものなのか。


作者のめきめきさんは、コミカライズやアンソロジーを主に執筆している方です。

聞き及んだことがない人が多いでしょうが、私も多分に漏れず知りませんでした。

そして、これまた最近知ったのですが、めきめきさんは二人組であるらしいですね。



さて、本題。

大筋としては、が小学生の頃のお話、竜華が出会うときのお話のようです。

いかにして、高校時代のように仲良くなっていったのかが描かれるというのが推測できますね。



話が始まるのがが小学5年生になったところ。

つまり、これまでは竜華とは出会っていなかったということですね。

正確には出会っていたかもしれないけど、面識がなかったということです。


小学生によくある派閥とかそこらのお話です。

あまりこの言い方は好まないんですが、

竜華はスクールカーストでいえば上位、は底辺とまでは言わないまでも、

ごくごく一般的な位といったところでしょうか。


そんなにいきなり竜華がなれなれしく話しかけてくるので困惑します。

それはいきなり過ぎですからね。誰だって困惑します。

まぁ話しかけられるのは普通にある可能性だとしても、

その後も付きまとわれるとか恐怖しかないですよね。

「新手のイジメかな?」

うん。多くの人がそう思いますよね。

ましてや、まいたと思ったら自分の後ろにいるとか…

「ホ…ホラーや!」

この時の竜華の表情も相まってホラー感増してます。

もうすでに、高校時代のへの執着の面影が…

さらに、「おままごとの『お友達』」とかいう訳のわからない提案。

闇が深そうですね…



ちなみに、が好きな遊びは積み木だそうで、

そこから竜華と麻雀で遊ぶことで、麻雀につながっていくようですね。

リー棒立てるのとかここらから来てるのかなとか考えさせられます。

ここまで設定で元から考えてたんでしょうかね?立せんせは…


まぁなんだかんだでスタートした竜華の関係ですが、

ちょっと周りにも波風立てているようで…

伏線がちらちらと見えてきます。

案の定、自称竜華の一番のお友達さん方からいびられます。

野上葉子・進士あゆみ

まぁなんだかんだでこの4人でつるむことになりそうですね。

シノハユのパターンと割と一緒の感がありますね。


ともあれ、竜華を賭けて麻雀をすることに。王道ですね。

の無駄な自信は竜華に担ぎ上げれた結果であるものの、

本人は無自覚ですね。

まぁ、自分なんか何もできないと卑下していたのに、

ちょっといい感じに活躍できると小学生なら調子に乗ってしまうものですしね。


こういった関係からも竜華の闇というか、に対するはれ物を扱うかのような関係が目立ってきていますね。

優しくしているつもりでも、優しくするだけではその実本人のためにならないというのはよくあることですね。

そんな関係の中勝負前日、竜華への初膝枕が発動します。

ここらへんはなんでそうなったのかよくわかんないですが、雰囲気ですねたぶん。



というわけで、勝負当日。

は、咲にはあるまじき(?)、がすべてという論理にたどりつきます。

というのも、いきなりダブリー決められて、縮み上がってしまったからですね。

まぁ、現実だと「結局運だよね。」に簡単にいきつきますが、

そこはファンタジー漫画なので、も味方につけてほしいところですね。

と、私が言っても勝負運がないことへの卑屈にしかならないところはご愛敬です。

葉子はいじわるお嬢様キャラですが、妙にかっこいいところがあるのは

好感が持てますよね。なんか小市民っぽくてかわいいですよね。


はふてくされて、さらには顔には出やすいものの、

そのままでは終わらずに諦めないという精神がありますよね。

阿知賀のときもそうでしたが、に心折られかけながらも、

最後まで最善を尽くし続けました。

小学生のころからその精神はもっていたようで、

点数的に現在突き放された上、ツキも回ってこないながらも気持ちだけでは負けてはいません。

葉子悪いと思いながらも、全力でとぶつかろうとしています。

そういう意味では、はれ物として扱う竜華よりも葉子のように全力でぶつかっていく関係は、

葉子の方がより友達らしいですよね。

竜華よりもこの二人の関係性をもっとみてみたいですね。

一方今まで話からはぶられていたしんちゃんですが、

葉子には並々ならぬ感情があるようで、が「葉子」と呼び捨てすると闇をのぞかせます。

竜華も泣くとか多感ですね…もはや大人になるとその気持ちが共感できない…

が垣間見た夢(未来)というのは、一巡先をみるという能力の片鱗なんでしょうか。



そんな二人の関係を見ていられなくなったのか、落ち込む竜華ですが、

それを見かねたが語り掛けます。

自分のためにやるという当たり前でいて忘れやすいこと。

これは大人になっても共感できます。

人のためといっても、帰結するのは自己満足自分のためです。

それは決して悪いことではなく、むしろ人のためという理由を盾に行動する方が質が悪いですね。

いわば責任逃れに見えてしまうというか、負に落ちない感情が残ってしまいます。


の語り掛けで自分を見つめなおしたのか、

のためではなく自分のために麻雀を打ってみることにした竜華

いわばここが竜華の麻雀の原点かもしれませんね。

その強さを数局とはいえ発揮して、結果試合をものにします。

それを見ていた、麻雀部部長もお墨付きの強さです。


結果竜華が勝ったものの、二人との関係も良好になり、めでたしめでたし…

と思いきや、からの友達解消宣言で、

以下次巻となります。


まぁ、高校時代の二人を見てるので、

あんまりハラハラはしないですね。

やんわり見守っていきたい感じです。



それはそうと竜華は小学生らしからぬ容姿をしてますね…

いろいろときけんがあぶない。

葉子のポニテもいいですね。

なんか葉子好きになりそうです。



シノハユほど、ノスタルジーという感じの漫画ではないですが、

見てて可愛いという感じの漫画ですね。

めきめきさんの画力すごい。



というわけで、今回はここまで。


次回もゆるゆるいきましょう。


(:3ノシ )ヘ








五十嵐あぐり シノハユ 7巻 感想




シノハユももう7巻です。

7巻なのに、まだ中学生なりたてです。

表紙は高校生の姿なんですけどね。

というわけで、今回の表紙は、杏果ちゃんです。

今更もしくは、やっとかという気もするんですが、それもそのはず、

今回は杏果ちゃんが大活躍です。



中学市大会の次鋒戦からスタートです。

前回は、まさかの閑無敗退から始まった市大会ですが、

次鋒ははやりん

なんかはやりんが出てくると安心感がありますね。

なんか負けるビジョンが見えません。

はやりんの中でも、中学になって心情の変化が顕著に出てきたようですね。

今までは個人戦主体の話だったわけですが、

はやりんも個人では活躍していたから今まで実感できなかった団体というものを

より深く考えるようになったようですね。

はやりん湯町中に来た理由―シノ達と一緒に麻雀を打つため―ということを考えれば、

団体戦への思いが強くなっているのがよくわかります。

そして、やっぱり安定のはやりん


中堅はシノです。

対するは、曖奈ちゃん

曖奈ちゃんといえば、シノ達とユエが打っていた時に出てきた中学生ですね。

重要なのは誰も曖奈ちゃんに勝ち越したことがないということ。

つまり、湯町中はレギュラーのほとんど誰も

勝てなかった(勝ち越しできなかった)ということなんですよね。

湯町中最強クラスのシノを持ってしても、勝てない可能性が高いということです。

とはいえここで怯む訳にはいきません。

はやりんは団体戦による心の強みを得ていましたが、

今度は逆にシノが団体戦による心の弱みを感じています。

それは、点数の重みです。

個人で打っている分では自分だけの点数だったんですが、

団体では自分の点数が次の人にプレッシャーになることも考えると

失っても取り返せばいいという考えが易々とできないんですよね。

ちなみに、もう一人の相手は、二年前の小学生の大会に対戦した河杉さん

咲らしい因縁を感じます。


さて、話は戻って中堅戦。

曖奈ちゃんは相変わらずのぶれない強さを見せますが、

シノも、あれだけ団体のプレッシャーを感じつつも相変わらず楽しそうに打って食い下がります。

二人の一騎打ちに思われところにまさかの河杉さんの役満。もってますね。

しかし、最後は曖奈ちゃんにしてやられてしまいます。

なんか主人公一強というより、やっぱ無名ながらも

勝てない人がいると主人公として引き立つ気がしますね。


ところで、なんかシノ鳥使い呼ばわりされてましたが、

もうみんなそういう認識なんですね(笑



シノは今まで試合で負けても泣いたことがなかったんですが、

団体戦の重みからかついに涙してしまいます。

そんなときはリチャードですよ。シノ頭突きが炸裂します。

何言ってるかわかんないと思いますが、気になったら読んでみてくださいw



そして、副将戦。湯町は、シノ世代以外では唯一の野津部長です。

こうしてみると、やっぱりシノ達はすごいですね。副将以外一年なんですからね。

現状までは、湯町中は一勝のみ。ユエ率いる万原中は二勝。

けっこうやばいです。

と、思ってたらツキがあったのか、2年ブースト(?)なのか勝利をおさめます。

なんかあっさりしてますが、仕方ないですね…


これで、二勝同士最後の大将戦になります。

大将は杏果ちゃん

なんかこの記事冒頭の文章で、ネタバレ感はありますが目をつむりましょう。


今まで小学生のときから閑無達の傍にいたので、

存在感はありましたけれど、麻雀での存在感というのは乏しかったように思えます。

杏果ちゃんのモチベーション的にも今までは個人戦だったから、

自分は一番でなくてもいいやという思いがあったのでしょうが

団体戦だからこそみんなのために一番になりたいと思うようになります。

ここで、杏果ちゃん能力(?)の片鱗が見えてきます。

手が縦に伸びる。

縦ということは対子暗刻ができやすいということです。

しかも、縦に伸びる割にはテンパイ速度が遅くもないという驚異。

簡単に言い換えれば待ちがわかりにくい手を普通の速さでテンパイできるということです。

これはかなりの有利です。

今までも縦には伸びてたんでしょうけど、ここまで貪欲に和了りにいってなかったので

速度がそこまでなかったんでしょうね。

つまり、とにかく和了に向かう杏果ちゃんはかなりの強者になるということですね。


今まではどうしても自分よりも他人(閑無)に対することを考えていたので、

自分自身を顧みるということが疎かになっていたようですね。

自分が一番になることでみんなを一番にできるという状況が

つまり、大将というポジションが彼女を開花させたようですね。


とはいえ、しっかりとオリ時も見極めてオリ切っていますね。

ノリにノッていても閑無のように流れに乗り切るのではなく、

落ち着いて状況を見れるのが強みのようですね。



彼女の開花もあり、勝利数、得点数ともに万原中を破ることができました。

杏果ちゃんが開花することで、閑無自身の心情に活が入ったようで、

閑無のさらなる成長がみえそうですね。

それにしても閑無は成長キャラですね。

最初から強いみたいなかませ感が出ていたんですが、

それ故の精神的な弱さというものが彼女を成長キャラに仕立て上げているんでしょうね。



さて、さらりと流してしまいましたが、

湯町がその後も勝って市大会を優勝で終えます。

勝ったといってもまだ市大会。県大会ではまだ見ぬ強豪が…

もっと強くならくちゃ…

という、往年のスポ根の展開で今巻はおしまいかと思いきや、

最後の最後は杏果ちゃん閑無の因縁が紐解かれそうな布石で終わりです。


実は杏果ちゃんは試合中

杏果「こんなに真剣になったこと―…

あの夏以来かもしれないな…」


というモノローグをしています。

最後に杏果ちゃん閑無を見つけた場所も「あの夏の場所」…

次巻に二人の過去が描かれることを期待しましょう。



今巻は今までの個人戦主体(咲では珍しいというかこれ以外にない)の話だったんですが、

ここから団体戦の重みというのが描かれています。

逆に言えば、団体戦の重みを引き立たせるための

個人戦主体という訳でもあったんではないでしょうか。

個人戦主体を描くことの強みというのは個人の思いや背景を描けるということにあると思います。

団体戦だとどうしても他の人との絆的なことになりますので、

個人の背景の描写というのはなかなか描かれませんからね。

その下地があれば絆的なものもそれぞれの観点から違った見方をすることもできますし、

絆の重みというのも観れるのではないでしょうか。






さて、皆さん気づきましたでしょうか。

この巻、今までシノハユお約束だった日常会というものが存在しません。

なんということでしょう。

リチャードシノの戦い前後で出てくるぐらいです。

これが、本来の咲らしい描写ではあるんですが、

今までのシノハユらしさはかなり好きだったので寂しい思いもします…

まぁでも展開的には仕方ないんですけどね…




あ、あとどうでもいいけど大将戦の小草愛梨ちゃんの目がやばい。




というわけで、今回はシノハユの感想にして珍しい、箇条書き感想になってしまいました。

ではではこのへんで(:3ノシ )ヘ



次は、怜かな?






小林立 咲-Saki- 16巻 感想





年も明けまして、16巻でっす。

表紙は竜華

なぜかというと、それもそのはず、5位決定戦が今巻の主題のひとつなのです。

ちなみに、復習がてらおさらいしておきますと、

5位決定戦に臨むのは、

千里山女子、姫松高校、新道寺女子、有珠山高校

の四校です。


といっても、今巻は5位決定戦の戦いという側面よりも、

決勝に向けての準備段階と、箸休め的なお話となっています。

冒頭では、清澄が戦いを振り返ってとか、今後の戦い方を考えたりとか、

阿知賀の情報を得たりとか、読者は知っていることも、

作中のキャラクターに情報を共有していくということで見える機微が描かれています。

一見退屈にも思えますが、キャラクターの掘り下げ、

重要な局面への布石という意味ではかなり意味のある話になっていると思います。

特に、咲のような群像劇の中にもそれぞれを立てていくという世界観では

あたりまえでいて、非常に重要なお話です。


まぁそんな重要といいつつも、間に、プロ勢(はやりん戒能プロ)が裸で逢瀬を重ねてたり

初手テスカトリポカ」とかいうパワーワードが出てきたりと、

あいかわらず楽しませてくれます。

咲らしいですね。(にっこり

まぁでも、戒能さんを敗ってたんですね。

地味ですが欲しかった情報です。


そして、意外と気になってたの家族のお話もまさかの東京で少し進展します。

初登場の和母こと嘉帆さんでかい。

嘉帆さんの転校にたいしては反対なようで、割と自由もとい柔軟な性格なようです。

善野監督末原さん会話も描かれて、今まであるんだろうなという妄想でしかなかったものが、

ようやく本編でてきてくれたことに少し感慨を覚えます。


それ以外にも、宮森女子と永水女子の交流がまたもでてきたりとか、

大阪の強豪二校の対話や関係が見られたりとか、

新道寺の監督や、ついに友清さんが描かれたりとか、今まで立せんせが溜めてた描写が

一気になされたような気がします。


すばら先輩が後輩にも敬語な理由と、そのことに対する答えというか解決というか、

なんか今巻でもここが印象に残ってますね。

精神的なタフさがここまで描かれていたのに、その後ろに見え隠れする闇というかなんというか。

いわばギャップなんでしょうね。姫子と気のおけない仲でよかったですね。


そんな、溜めに溜めてた描写が吐き出されて、間にいくつも裸が挟まりつつも

ついに、5位決定戦が始まります。

というか、君らみんなほんと裸で寝てるな…裸族か…

最近は寒いので絶対裸とか無理ですね。あ、現実に頭が戻ってますねダメですね。


先鋒戦いきなり、の進化が発揮されます。

今までは、鳴かれると未来が変わっていたんですが、

鳴きも込みの未来つまり、複数の分岐する未来が見えるようになっているようです。

やばいです。死にそうになって強くなるとか完全に主人公ですね。

それに加え漫ちゃんも準決勝での戦いからかかなりの成長が見込めますね。

は事象の可能性をみることができますが、運そのものはどうしようもないようなので、

自分の選択肢を上回るツキや流れを持った相手には弱いようですね。

しかし、なんなんでしょうかね、すばら先輩の意思の疎通具合は。

試合中しか絡みがないのに往年の友達のようなそんな安心感さえあります。

いいからすばら先輩の日常を描くんだ!立せんせ

成香ちゃんまた泣いてる…かわいそうだけどかわいいですね…

先鋒戦も終わり、次なるは次鋒戦。

本筋ではないにしろ気になるなぁ…


と、思いきや、清澄陣も出陣!いざ!

というので今巻も終わりかと思いきや、






ついに宮永姉妹の母が明らかになる!

愛・アークタンダー

西田さんすごい。登場のころから想像もできなかったキーパーソンと化しました。

宮永姉妹はクォーターというけっこう意外な事実。

かつ、火事が家族の断絶の原因になっているだろうこと、

そして、その火事に愛・アークタンダーが関わっているだろうことが浮き彫りになりました。

面白くなってきましたー!


という、ところで終わりかとまたも思いきや、

の邂逅

会場でまさかの鉢合わせ。

これには読者(私)も困惑。

いやだって、こういうのってあと少しあとであるんだろうなと思ってたので、

いきなり遭遇イベントがあるとは思わないじゃないですか。

ラスダン入ったらいきなりボスと遭遇みたいな気分です。




というところで以下次巻。



いや、ダメでしょ。駄目でしょ。

ここで終わったらダメでしょ。気になり過ぎてたまりません。

はよ…次巻はよ…



いつもは、最後に総括みたいなことを書いてますが、

今巻に限っては最後に全部持ってかれてなんも書けませんね…

いつも感想書くにあたって読み返しながらやってるんですが、

読み返してもやっぱ書けませんでした…

気になる!



というわけで今回はここまで


ではでは_:(´ཀ`」 ∠):











咲-Saki- 16巻 シノハユ 7巻 咲日和 6巻 怜-toki- あんど 特典

saki_main85.png

お久しぶりです。毎度いまさらながら記事です。

毎度の事ながらメイト購入でございます。


なんかの放送があったような気もしますが、

まぁあれですね。



咲も16巻。今回は小休止で他校がメインですね。

とはいえ、宮永家の核心にせまったりしております。



シノハユは7巻です。いつの間にやら阿知賀を超えましたね。

でもまだまだお話はこれからです。



咲日和もなんだかんだで結構きましたね。

というか、今巻はなんと今号の最新話が本誌と発売同時に載っているという奇跡…奇跡?



そして、まさかの怜スピンオフ。

もう単行本になりました。

やばいです。いろんな意味で。




同時購入特典は照菫イラストカードです。


毎回こうやって同時発売のもの並べてますが、

いつもうまく一枚に収めるのに苦労します。





そういえば、咲vitaが再販されましたね。

新衣装も追加されましたね。うーんでも買いなおすのはなぁ…





各巻の感想はまた今度!んではでは






↑