fc2ブログ

めきめき 染谷まこの雀荘メシ 2巻 感想



まこメシ2巻です。

第11話は餃子。

餃子やばい。今巻一話目からすでに食べに走りたい衝動が。

今回はゲストらしいゲストいませんが、強いて上げるなら藤田プロ

まこ久コンビの慣れたやりとりが見れます。


第12話は池田ァみはるん

題材は石焼というかスキレットビビンバ。

池田キャップに対する部長へのやきもちが炸裂しているお話です。

何気にみはるん池田もよい関係ですよね。

みはるんがフォローをうまいことしているとか。

池田もちゃんとするんだぞ。

それはそれとして、さりげに池田に耳が頻繁に生えてたりするのは細かい。


第13話はたこ焼き。

ゲストはの回想での阿知賀かな?

半夏生とか聞いたことないですね。

阿知賀では地方柄みんな知ってるんですかね?

というか地方によっては当たり前の感じなんですかね?

少なくとも私の地元ではありませんでした。


第14話はそばです。

しかも、料理するのは咲さんです。

そういえばちょこちょこ出てきてましたが、

咲さんて家庭的なんですよね。何気に。

サバ缶のぶっかけそば手軽でよさそうですね。

サバ缶というのがなんともいいアクセントですね。

といことで、咲さんまこに振る舞うお話でした。


第15話は、なんと深堀さん

風越主体のお話です。題材はおはぎ。

後顧の憂いを断つとは言うけれど、たくさん食べたら逆に未練が募らないのだろうかしら…

それにしても、めきめきせんせ作画だと深堀さんやっぱ画風が浮いてる気がするのがなんともw


第16話は京和

あぁ、初期の頃のラブコメ感がありますね~。

え?初期でもそんなラブコメ要素なかった?

京太郎が出てるだけでも、作品がちょっと引き締まる感じがするのは私だけ?

京太郎もなんだかんだ好きですよね。長い付き合いだけではない何かを感じさせます。

本編だとほんと京太郎の胸中が描かれないですからね。

この話のはなんかめちゃかわいいですね。

昨今一部から叩かれちゃう言い方をすると、女の子女の子してますね。いい意味で。

ちなみに、題材はコロッケ。まこからのお土産として渡されたもの。


第17話。肉じゃが弁当。

前話を受けての咲さん肉じゃがです。

一応まこの肉じゃがも登場しますが、こっちがメインですね。

正確には咲さんの肉じゃが弁当。

この会話劇だけでも。京太郎という好意の矢印が見えますね。

めっちゃラブコメしてる!

それはそうとまこ母めっちゃ美人さんですね。

っていうかあの店員さん母だったんですね。若過ぎ!


第18・19話は、長野決勝次鋒組。

まこ中心の話なのでどこかで来るとは思ってました。

しかも、2話連続!とっておきっぽいですね。

題材はご飯!米です。

正確には米に合うお友。メンバーが各自おかずを持ち合って薦める会、その名も「グ・ライス秘密クラブ」。

ともきーが持ち寄ったのはバター。そうバター醤油飯。

カロリーやヴぁい。

まこが持ち寄ったのは、青唐辛子明太子。炙り明太も行い隙のなさ。お茶漬けへの変身も残しています。

みはるんは鰹節。香りの暴力。

妹尾さんはレンチンウィンナー。肉汁との絡みが絶妙。

といった感じで、終始ご飯です。

ちなみに、私もいいお米が手に入ったので友達やその知り合いとおかずを持ち寄るってことをやったことがあるんですが、

意外にも鉄板のものだけにならずに、その組み合わせか!みたいなのが出てくるので案外面白いです。

例え鉄板になってかぶってしまっても、おいしくいただけるのでなんの問題もないのがいいところです。

そんなこんなでこの4人は交友を深めているようです。


第20話はかじゅももとみせかけた、かじゅワハハ

題材は東坡肉。

とろとろになった豚肉はもはや暴力。

しかも、パンや肉まんの皮で挟めば軽食に早変わり。

昼飯食べる時間ないときは、私もサンドイッチとか片手でつまみながら食べられるやつにしますねー。

昼ご飯は何が何でも抜かない主義です。閑話休題。


今回はここまで。

今巻はゲストキャラ+メシというよりも、

とにかく"メシ"って感じでしたね。

ちょっとお話に詰まってきたんですかね?でも、料理漫画なので全然問題ないですね。

めきめきせんせも忙しいだろうし、3,4巻あたりで終わりそうですね。




ということでお腹減ってこれからメシなのでここまで。じゃ(:3ノシ )ヘ





スポンサーサイト



めきめき 怜-Toki- 8巻 感想


怜でございます。8巻です。

前巻でいろいろ驚愕の事実と現在の取り巻く環境があらわになりました。

目下の問題は、藤白さんを発端とする、セーラ愛宕ネキの不和。

これを解決するための手段のひとつとして打倒藤白さんとなっております。

そして、今巻。フナQ除く後の千里山メンバーでBBQです。同伴に竜華の母親。

も現状は嘆いているものの、落ち込んではいません。むしろやる気に満ちあふれています。


そんな談笑の中登場するのは、フナQ!ついにメンバー勢ぞろいです。

なぜ現れたかという疑問を置いて、フナQ竜華に対して冷たく当たります。

話の内容だけみれば、セーラを引き戻したいようです。

愛宕ネキを捨てて、こちらに来たと思っているのがその原因。

そんな煽りもしつつ本題。

藤白七実のデータを売りに来たとのこと。

ずばっと確信にきました。

セーラ「これが俺の…今の全財産!!」

しめて300円なり。

本編では愛宕ネキに金を貸して返せてもらえずせびってました。閑話休題。

ところが、金ではなくセーラ自身のデータを要求してきました。

要は「打とうぜ」ということですね。知ってた。

どうやらフナQセーラ自身の実力はかなり買っているようで、

だからこそ今の逃げたような立ち位置にイラ立っているみたいです。


ということで翌日対局。

一応建前はセーラの打ち方の情報を取るといっていますが、

その実竜華も見極めようとしているようです。

実のところ、本来フナQ愛宕ネキからセーラにデータを託すようにお願いされたようです。

つまり、こんなことせずに渡せば終わりのものを、気に入らんから回りくどいことやってるんですね。

対局から外れたはこっそりと来ていた絹ちゃんと隣室で観戦。

揃い踏みです。

そんな気持ちを知らずにセーラは調子こいて、トップを取らないと受け取らないと勝手に厳しい条件を盛り込みます。

ほんと周りの人間の苦労がしのばれる…

竜華も全力で打つことを誓い、いきなりの竜華無極点モード。

割とスイッチのオンオフって自由にコントロールできるんですね…

フナQも得たいの知れない状態の竜華に恐れ戦いて、萎縮しています。

まぁ隣でなんかポーズ決めだしたら、なんやこいつってなりますけどね。

そして、ツモでなんで裸になる必要があるんですか…?あるんでしょうね…n


そして、セーラの回想。

どうやら竜華は、が同卓ないしは同席していないと実力が出せないようです。

そう考えると無極点を使えるのは、が居て全力を出せるときというところでしょうか。

本編では太ももにちゃんパワーを貯めていましたが、

あれは貯めることでの能力の片鱗が使えるようにするためではなく、

あのおかげでを身近に感じ、全力を出すための工夫ということなんでしょうね。

のエトペンみたいなものですかね。


フナQの回想では、いかに自身がデータを基にしているかというところが見えてきます。

才能を言い訳にしないためにデータや分析で努力して、憧れに近づこうとしているのです。

何気にこの回想で絹ちゃんへの問題提起もしています。

才能を言い訳に諦めてしまっている絹ちゃん


フナQは、もし努力をしなかったらこうなっていたかもしれないという反面教師という目線で、
そして、フナQとは違い、環境に恵まれているというところに反発するものがあるようです。

もしかしたら、藤白さん編が終わったら絹ちゃんに焦点が当たるかもしれません。

とはいえ、そこの掘り下げは本編での絹ちゃんの対局のときにやっているのでやらない可能性もありますけど。


さて対局に戻ります。

フナQが警戒しているのは、無極点というよりも、無極点の所作。

目線が一定、ポーカーフェイス。なのに、他の面子の状態は見透かされている。

同じ生物とは思えない相手です。

一応フナQなりに、相手の体温を感知するということが不可能ではないという結論を導き出しています。

この辺は能力があるこの世界の麻雀に順応しているような節がありますね。


そんな怖い存在の竜華を褒めると途端に集中が切れて無極点解除。

ちょろいですね…

何よりもここはセーラの影響を受けて一喜一憂するのではなく、

対局を楽しむということに重きを置いているところにあります。

によって変えられた存在というのを印象づける場面です。

竜華もそうでしたが、セーラも最初はとげとげしい感じがしていたのに、

によってそれがほぐされていく。

キャラクターを立てつつも、まさにを中心として千里山が回っているというのがより強調されるものになっています。

本編だけではの病弱部分にしか目がいかなかったからですからね。

それに至る人柄をうまく掘り下げています。

いい外伝だ…


竜華無極点を切れたところをセーラも反撃。

フナQも黙って見てはいません。

きっちりかっちり打ち回していきます。

「化け物と一緒に楽しんで遊べるなら あんたはもう同じ化け物…やないですか――」

結果、竜華セーラフナQという順位で終了。

フナQが警戒していた、今回は全く振るわず。

フナQ「弱いんかーーい!」

いろいろ悶着があって結局データはどうなるんだということで、

フナQがデータを自分に預けて欲しいと提案。

竜華を見たことで、無名でも面白い存在がいることがわかったため、藤白さんにも興味が沸いたようです。


そして、データの中身にはメイド給仕姿の藤白さんが。

やっぱりあの食堂のは藤白さん自身だったんですね。確定。

ということで以下次巻。



つくづく、怜は掘り下げがうまいって思います。

先の感想中にも書いてますが、広げ方が本編につながる感じで後付けだと思われるのに後付けに思えない程しっかりとしています。

うーん感嘆。ストーリーも未来が決まっているものの、

間に描かれていないことをキャラクターを絡めることでうまく料理して次の展開が気になる仕上がり。

ある意味先が読めないので、今は本編よりも気になっちゃうのは自明の理。


とにかくも、今回はここまで。(:3ノシ )ヘ




五十嵐あぐり シノハユ 14巻 感想


シノハユ14巻でございます。

全小準々決勝組が再び集まったところです。

このメンバーの中で断トツでチョコ背高いですね…の叔母さんより高いです。

しかも、チョコの家には全自動卓が…

なに?咲に出る人はみんな金持ちなの?

やけに広くて全自動卓持ってる人ばっかな気がする…気のせいだろうか…

そして、この面子でやることといったら麻雀です。


シノ「一刻でも惜しいね もっとやろ もっとやろ」

「戦闘狂だよ…」

然り。


そんなこんなあり、開催前の各校も思い思いの時間を過ごしているようです。

シノはどうやら裏でニーマンと連絡を取るために行動を起こしていたようです。

それに閑無の的確な助言によりドイツ語も勉強し始めています。

当の閑無シノニーマンを麻雀選手として意識していると勘違いしていますが、

結果的に閑無も触発されるということになっています。


さらにシノはかつて住んでいた部屋にも顔を出します。

リチャ的にはシノにとってつらいと思って避けていたようですが、

シノも数年である程度乗り越えられるようになったようです。

リチャもかなりシノのことを考えての引っ越しだったというのがわかります。

麻雀牌を捨てようとしたのも、偏にシノを考えてのこと。

シノ「ありがとうおじさん 私の心を助けてくれて」

なんてこと言われようものなら、泣いちゃうでしょ…

泣かないリチャはどうなってんの。



そのひと時の後、ようやく湯町メンバーと合流します。

合流後はやっぱり麻雀。

「戦闘狂だよ…」

リフレインされる…

今回はの全小の対局を観戦していて触発されてやることに。

対局中もの対局を見ながらというものです。

そして、閑無を愕然とさせる、シノはやりの実力の違い…

の対局の全員の面子の手牌を覚えた上で、さらに自分たちの対局もこなすという離れ業…

将棋や囲碁の棋士なんかは頭にいくつも盤面を持っていて、

それを同時に俯瞰しながら次の一手を考えていると言われています。

麻雀でも同様のことが言えるということでしょうか。

少なくとも私は目の前の局面しか見れないです…全然気持ちがわかりません…

そんな閑無杏果も助け船…同じ協議の人が住んでる次元が違うのを自覚するとつらいですよね…

まぁかくいうはやり本人は人間はマルチタスクに向いてないって言ってたりするので、もうよくわかんないですよね。


全小決勝戦は、レジェンド宗像さんのよりんという面子。

宗像さんは以前にもちらっと出ていましたが、他の面子に比べると印象はかなり弱いですね。

レジェンドだけ5年生で、本編プロ組の中でも若い部類というのがわかります。

まぁ一番若いのは咏さんなんですけどね。今回は病欠とのこと。

そんな中、優勝をかっさらったのは

今回はレジェンドの強さを理解して、レジェンド対策をばっちりとしたことで勝利。

レジェンドが目線などで読み切ったと思ったころを、見事裏をかいて和了りました。

それもこれもその一局のために目線など細かい罠を仕掛けておいての和了りですから、

さしものレジェンド「まいりました」

これで、は二年連続優勝となります。ただ、6年なので来年からは全中です。


一方で、全中団体準決勝が始まります。

準決勝で当たるのは菰沢と丹羽チョコ所属の尼ケ坂女子。

シノにとっては小学時代の強敵と中学時代の強敵がぶつかることになります。

そして、ついに明かされる丹羽チョコの馴れ初め…

いつの間にか仲良くなってた二人ですが、ここで初めてその裏側が明かされます。

語られないと思ってたのでまさかな感じです。

濃密な丹羽チョコを見せつけつつ、いざ対局…!というところで次巻。


今巻は主人公組の対局らしい対局もありませんでしたが、

シノハユで出てきたキャラクターが関係性を持って描かれるちょっとした日常回となりました。

ただ、これも今までの対局でのつながりがあったから見られるわけですからね。

けっこう長いことシノハユも続いてきたなという実感もします。


さて、湯町メンバがすき焼きする場面があるのですが、

閑無があわや具材を床にぶちまけるというところで

シノが迫真の空中キャッチをかまします。

杏果「ここぞというときの反射神経ヤバいね」

いや、反射神経どころの話ではないんですけど…軽く人間離れしてない…?

果たしてこれは、対局に見せる何かしらの伏線なのか…!?

まぁ、そんなわけないと思うんですけどね。

というフラグを残しつつここまで。ではでは(:3ノシ )ヘ






五十嵐あぐり 咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A 8巻 感想



決勝戦先鋒戦続きから。

今回も闘牌の流れは一緒なので端折りつつ。要所要所見ていきます。


先鋒戦は阿知賀の回想というかの回想が足されているのが主な違いになります。

ただ、語るべきことはけっこう語られたと思うので内容はかくや。

今回の回想ではが写真を撮ることについて掘り下げがされています。

正直闘牌には影響しないことですが、今巻の最後で回収される伏線になります。

闘牌はテルギギギ九蓮宝燈が決まるところです。

このギギギの描写ですが、本編よりも描写が少し細かくなっています。

テル以外の面子が開いた扉から伸びた黒い手に引きずり込むような描写があります。

わかりやすく言うと心理の扉ですね。

本編では気づいたら灯籠のある空間にいた感じなので、過程が少し追加で描写された感じですね。

といってもだからなんだという話なんですが…(本編と同じ過ぎて書くことが…


前半戦も終わり休憩へ。

休憩では、本編よりもの心情をちょっと掘り下げています。

自分がここで打っていていいのかという気持ちの揺れ動きですね。

無駄なことはないと叱咤され、再び戦場へと赴きます。


後半戦。

後半戦はガイトさんが活躍する場面が多々あるのですが、

こちらでは闘牌のみでその心情は書かれていません。

ただ、淡々と間合いを見切られ和了られるのは恐怖があります。

この辺はガイトさん心情を描かないおかげで視点での気持ちがよくわかります。

そして、場面はドラ送り

ドラ送りについては本編の回想で行われているので、その根源の回想、露子さんについてです。

どうやら露子さんが当たり牌を相手に送るということが出来たようで、

それをも引き継いだというか、開花した感じです。

似たようなという意味合いで言えば、宥姉も同じように相手に送ることができるようになるのかもしれません。

とはいえ、宥姉の場合よりも送るのがメリットになる条件が厳しそうなのでできてもやらないだけかもですが。

これによりテルに役満直撃!

本編で、また一矢どころか二矢も報いるのかと驚いたところですね。

しかも、前回よりも明らか高い、というか最大の直撃ですからね。

テルもここまで化けるのは予期していなかったようですしね。

そして、幼き日のの回想にさらっと出てくる宮永家らしき親子。

ちょっとしたファンサービスでしょうか?

そして、のターンとなり、先鋒終了!

おやー?こんな勝った状態で終わりましたっけー?

本編と違う展開?

と思いきや、よくよく見ると、が「その後たくさん削られた」とモノローグで一言で言っています。

最後の方の、優希の奮起やガイトさんの活躍がガッツリ飛ばされています。

ここら辺は編集上の都合でしょうか?

流れ的に端折られ過ぎて勘違いしちゃいますね。
 
ともかくも、先鋒戦終了。

の記念撮影の提案で終わります。

ここは本編になかったですね。



阿知賀編は本編に比べ、基本的には回想が足されているのですが、阿知賀以外の回想はかなり控え目です。

控室などおける解説も、本編がいろんな高校の人物にさせていますが、

ほとんど阿知賀控室か阿知賀編関係者になっています。

ちなみに、実況も恒子の毒っぷりが本編よりも端折られてます。



さてさて、次は次鋒戦。宥姉の回想楽しみですね!

といったところでこのへんで(:3ノシ )ヘ


小林立 咲-Saki- 22巻 感想



22巻です。表紙はミョンハ

次鋒戦の序盤から。

東二局二本場菫さんシャープシュートハオにささります。

菫さんシャープシュートがちゃんと機能してますね…よかった。

やっぱり宥姉が異常だっただけですね。

次の狙いはまこ

さすがに当たってしまうか…と思いきや。

見事に躱し切っての和了を決めます。

菫さんの狙いを完全に読み切っているような感じです。

この場合、まこは場の“顔”を見て危険と判断したからではないかなと。

つまり、確実に避けたというよりは結果的に避けたという感じでしょうか。

とはいえ、まこのモノローグにもあるようにまことはかなり相性の悪い面子ばかりのようです。

実質ハオのみがシャープシュートに無防備ということですが、

それも力でねじ伏せて狙われる前に和了っていきます。

ハオ「それでも 感じたままに打つ― それだけだ」

ハオは独特の打ち方のせいか他者にテンパイを悟らせないままに和了できるようです。

これは能力というより打ち筋というやつでしょう。さすがの実力を見せつけています。

これで、三者一進一退かと思いきや、宥姉がさらっと持っていきます。

完全に蚊帳の外かと思いきやあったかい牌が来るのは他を寄せ付けない強味がありますね。

しかも、レジェンド曰く、感覚的な押し引きの感覚も鋭い。

つまり能力を前提としながらも、勝負勘があるってことですね。

能力を過信せず勝負所を見極められるのが実は宥姉の一番の強味ってことですね。

まぁ能力の有り無しに関わらず、ここぞというとこで攻めて、危ないと思ったら即引くのは、

勝負の世界では重要な要素の一つですからね。

ここまで、プラスで来たのも納得の安定感ですね。

そんな宥姉を再びに狙うのは菫さん

今回は癖を直してきているようです。しかも、ハオを打ち取ったときはわざと癖を残すという策士ぶり。

しかし、これでも避けるのが宥姉

いやこの場合、レジェンドの名采配か…

癖を治してくることも見越して、癖ばかりに気をとられないようなアドバイスをしています。

そして、その判断を助けるのが宥姉の勝負勘。

レジェンドの頭脳と宥姉の勘が合わさり無双状態です。

宥姉が終始強くて個人的にはうれしい。宥姉かこいい。

でも、菫さんから視点だとまじで自信なくしちゃうのがかわいそうな…

そんな折宥姉を打ち取るのはハオ

リーチの強さを認めつつも、独自に培った感覚を大事にして打つことで、

勝負勘の強い宥姉からでさえも和了ってみせます。

宥姉菫さんが奮闘するも、紙一重でハオがかっさらっていきます。

そんな三者の攻防を一歩引いて凌ぐしかないまこ

前半戦最後に和了したのは菫さん。途中からシンプルなリーチスタイルに変更して最後は堅実に和了する。

シャープシュートに頼らない地力があるのがよくわかります。

むしろ、いままではシャープシュートが決まり過ぎていたせいで頼ってしまったところがあったのでしょう。

まぁそもそも相手の待ちに合わせてこちらの待ちを絞るなんて、能力というより地力があってのなんぼの力でしょう…




休憩中、今までの局を見てきても、まこは決定的な決め手がないのを本人も自覚しているようです。

そんなまこに見透かしたような部長の進言。

部長「そのままでいいわよ 特別な卓上の顔だけじゃなくて もう少し自分の思考も信じてみて」

部長「もっと思考してそれを掛け合わせるの」

この言葉でまこ自身も“顔”に頼り過ぎていたことに気づきます。




後半戦第一局はなんとかまこが和了るものの、次は続かず…

気持ち一つで乗り越えられる面子ではないということですね。

そして、東4局まこの親番。

状況は最悪、まこ以外がテンパイ。まこがツモった牌でテンパイを取るために、三牌どれを捨てても和了られるという状況。

今までのまこであればこの時点でオリの選択だったでしょう。

しかし、部長への思いがここでよみがえる…!

まこ「記憶や学習と照らし合わせて 思考で考える……‼」

ついにはまわして討ち取る…!

これがまこの真骨頂なのでしょう。

危険だと思って思考停止してしまうのではなく、その情報を基にわずかな道を手繰る。

いわば麻雀の醍醐味でしょう。

このまま勢いづくかと思いきや、菫さんに狙い打ちされます…あれー?

菫さん宥姉も打ち取り、感覚を取り戻しているようです。やっと活躍できるんやなって…

そして、来る南二局。

手牌をみて表情が変わるまこ

染谷まこに染め手が少し多いのはわかってた」

おや…?まさか…

執念の振聴ヅモ―‼緑一色炸裂―‼

いやー出ましたね。出るんじゃないかとにわかに言われていましたが出ました。

なんかすっきりしましたね。ちゃんとまこにも活躍の場があって。

残りの二局誰が和了ったのかはわからない描写でしたが、これにて次鋒戦終了。

部長のキメ顔で以下次巻―




最後にまこ部長の会話で、久々にまこ緑一色を見たという発言がありますので、

部長もちょっと予期していた節がありますね。

また最後のハイタッチ…位置的にタッチし辛い左手で行ったことがまこに疑念を抱かせている表情です…


ちなみに、休憩中まこ部長の回想が入るのですが、なんか昔の部長って優希みたいな大雑把な感じの印象…

なんか今の落ち着いた感じと大分違うのでちょっと戸惑います。

ここの二人の制服が違うところから、出会いは中学生の頃ということがわかります。

清澄に入ってからじゃなかったんですね。となると、結構長い付き合いなんですかね?

中学三年の頃だとすると、3年、中学一年の頃だとすると6年ぐらいの付き合いですかね。

部長の過去も中堅戦でわかるんでしょうか?




ともかくも、能力ばんばんじゃない次鋒戦なんだかんだけっこう楽しめました。

というわけでここまで。ではでは(:3_ヽ)_




↑